サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Freiheitさんのレビュー一覧

Freiheitさんのレビュー一覧

投稿者:Freiheit

635 件中 16 件~ 30 件を表示

紙の本

崩壊するアメリカの公教育 日本への警告

教育格差を助長するアメリカ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

市場型教育改革によってアメリカの公教育は崩壊している。公教育による学力向上や階層の向上などは目指せなくなっている。同じことを追随している日本への警鐘である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アウシュヴィッツの図書係

紙の本アウシュヴィッツの図書係

2016/10/01 22:55

絶望の中の希望

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

収容所の中で、たった8冊の図書館が監視をくぐって作られ、貸し出すことで絶望の中で希望をつないだ。ナチスの考えることをやめさせることへの抵抗である。読書の意味を考えさせられる。読みやすく、しかも力作であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「戦後」の墓碑銘

紙の本「戦後」の墓碑銘

2016/06/26 15:07

追い詰められている

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本はどちらの側に立っても追い詰められている。追い詰めている側の人間も実は別の何かに追い詰められている。このような日本が行きつき先は歴史の繰り返しであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神道 日本精神文化の根底にあるもの

深さのある神道研究

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の神道は外国の一神教とも異なり、宗教と割り切れるものではない。鎮魂法、帰神術、氏神様や産土神の問題を究明している。理屈だけでなく、実践者の記載である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

認知症 シュタイナーの精神科学にもとづくアントロポゾフィー医学の治療と介護の現場から

紙の本認知症 シュタイナーの精神科学にもとづくアントロポゾフィー医学の治療と介護の現場から

2016/06/18 15:41

認知症に関する知見

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

認知症患者について事例を挙げて、主要な型、リスク、要因と原因、検査と診断についての医療と潜在的能力の引き出しについて書いている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レンズとマイク

紙の本レンズとマイク

2016/06/10 21:21

異なるメディアを持つふたり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

異なるメディアを主体とするふたりの対談。その話は、写真や放送だけに終わらず、民芸や沖縄まで広がる。そして、震災の話も。大石氏が撮影した写真も多数掲載されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ 江戸四大名物食の誕生

外食文化の歴史

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江戸時代からある外食文化について、各種文献から現在に至るまでを明らかにしている。江戸は落語にもあるがそばが有名だが、実はうどん屋が多かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワナにはまらないベクトル行列

紙の本ワナにはまらないベクトル行列

2016/04/07 23:32

分かる数学

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オオカミ先生の語り口で指数、対数、ベクトル、行列への取り組み方が身に着きます。つまづきがちなワナも掲載されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

口先だけの解決約束

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

被害者の怒り。どれだけ政府に伝わっているのだろうか。本書を読んで感じた。2002年、5人の拉致被害者が帰国した際、首相も内閣官房参与も奪還する意志は見えなかった。本書で著者は政治家に利用された反省と拉致問題への解決を具体的に述べている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画の話が多くなって

紙の本映画の話が多くなって

2016/04/03 11:46

日録エッセー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

週刊文春に掲載されているエッセーをまとめた一冊。大衆は権力者につねに騙され、大新聞とテレビが権力に寄り添う。政治とマスコミの愚かさへの怒りと映画や音楽への愛情がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミルク世紀 ミルクによるミルクのためのミルクの本

ミルクは奥が深い!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミルクと何かをブレンドする遊び心はとても面白い。イラストも多く、文のリズムが良いのですぐに読める一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才

紙の本天才

2016/04/03 10:19

読み応えアリ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

田中角栄の生涯を石原慎太郎が「俺」として描いている。根回しのうまさ、数字の強さ、義理人情の強さなど戦後の社会で成り上がる過程を描く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

経営学を考える機会

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

経営学とは何か、ビジネススクール事情を分かりやすく説明している。経営者に学術業績をツール化することのインセンティブが無いため、知がMBAに反映されていないなどの指摘をしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宗教と政治の転轍点 保守合同と政教一致の宗教社会学

宗教と政治

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宗教と政治がいかに結びついて行ったを分析している。宗教は最初は政治志向はないものの拡大化することで政治志向となっているが、それがどのように影響していくかに関心を持っていく必要があるだろうと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フードスタイリストのアイデア満点ほめられ弁当

詰め方がポイント

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美味しいお弁当をつくるお弁当力は、料理のレパートリーではなく、詰め方のスタイリングテクニックである。定番弁当でも豊かに見せる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

635 件中 16 件~ 30 件を表示