サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コロンボさんのレビュー一覧

コロンボさんのレビュー一覧

投稿者:コロンボ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本稼げる記憶術

2016/01/21 15:22

豊富な事例をヒントに自分だけの記憶法を作ってみたい。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず本書を読んでみて思い知ったのは、
人の記憶の仕方のなんと多様であることか。
自分には思いもよらぬ目的別の記憶法が、
実例をあげて豊富に分類整理されている。
言われてみればなるほどと思うものもあれば自分には絶対不向きなものもある。
しかし、その実例とテクニックが豊富に紹介されているので、
同じ状況で悩んでいる人にとっては実践的なヒントになると思う。

単に「記憶術のテクニック集」という表層的なものではなく、筆者の探求から得られたポイントとなる言葉の数々が、自然に「記憶」に残った。

●記憶力が悪いのではなく、「自分は、ある特定の分野の情報については記憶するのが得意ではない」という認識。

●「興味のあることを覚えてしまう脳の機能」について知っていることが重要。

●「記憶量を減らせる人こそ、記憶の達人」

●「私たちは文字を読みながらその文字の『意味』を記憶している」

●「何を覚えようとしているのかはっきり自覚する。」

●「どの要素とどの要素をつなげようとしているのか意識をもつ。」

等々、再認識した。

自分の場合、人に説明しようと思って学習・記憶していくとその責任感のせいか集中力も上がり、人の話もじっくりと真剣に聞き取るし読解力の質も上がるという実感はある。繰り返し人に説明すればするほど整理されて言葉にも確信が出て説得力も増すようだ。……これは誰しも経験したことのある長期記憶のフローなのかもしれない。しかし、本書に紹介されている「記憶術の基本のキホン」を知った上で様々な事例に対応した記憶法に触れてみると、自分が日常無意識にしていた「記憶のプロセスや癖」のようなものが自覚できて興味深い。豊富な事例から自分だけの記憶法を作り出すヒントが見つかるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示