サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. AKR1703さんのレビュー一覧

AKR1703さんのレビュー一覧

投稿者:AKR1703

25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ワードローブを彩るannasの刺しゅう教室

おしゃれな刺繍

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までのかわいいイメージとは少し違い、大人っぽいすっきりしたデザインが中心です。色使いも落ち着いています。いい意味で手作りの過剰さや頑張った感がないので、洋服やバッグに刺しても素敵だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

浮遊霊ブラジル

紙の本浮遊霊ブラジル

2016/12/23 15:58

心地よい距離感

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

津村さんの作品で好きなのは、人との触れ合いのさりげなさ、絶妙な距離感です。家族とか恋人とかの時には重い関係ではなく、ただすれ違っていく人に対してだからこそ示せる優しさのようなもの。コルネさんに差し出されたうどんパックのように。厚かましさ、強引さのない関係が心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明るい夜に出かけて

紙の本明るい夜に出かけて

2016/12/04 19:42

ANNが聞きたくなる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公が大学生にしてはやや幼い感じ。抱えている問題やトラブル、深夜放送への入れ込み方も高校時代にありがちなのではないかと思う。(まあ、高校生では深夜バイトはできないけど。)主人公たち4人の結びつきがとても繊細に描かれていて、作品の空気感もよかった。特に鹿沢先輩には、ぜひ“歌い手”としてブレイクしてもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちいさな日本刺繡

紙の本ちいさな日本刺繡

2016/02/15 20:30

かわいい日本刺繍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本刺繍は、絹糸をよるプロセスや枠などの道具のため敷居が高いのか、初心者向けにはあまり本も出ていないように思います。この本はキャンバス木枠を利用して小さな図案を刺すということで、取っ付きやすいです。図案もスタイリッシュな感じ。和小物にワンポイントで刺すと素敵だと思います。(私はお守り袋に刺繍しました。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

濱地健三郎の霊なる事件簿

紙の本濱地健三郎の霊なる事件簿

2017/11/04 12:03

怖くはない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怪異現象を解く本格ミステリ。ただ、作者にしてちょっと軽い。もっとも意外性があったのは、一話目。幽霊も間違えるんだ!「あの日をさかいに」も動機がかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワルツを踊ろう

紙の本ワルツを踊ろう

2017/11/04 11:46

全く驚かない結末

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公がダメすぎて、感情移入できない。何して生活するつもりで帰ってきたの?地区の住人よりよっぽど変。追い詰められても「ああ、そう」という感じ。どんでん返しというが、予想通り。最後の部分も怖がらせるつもりかもしれないが、不要だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風神雷神 雷の章

紙の本風神雷神 雷の章

2017/11/04 11:35

絵が見たい !!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江戸幕府の勢力が確立するなか、京の町にも変化が…。(この辺り作者が顔を出す、解説を加えるのが、気になった。同時代人の視点で描いてほしいと思う。)醍醐寺で始まり、醍醐寺で終わる構成、勢いのある文章で、長い作品も一気に読んだ。現代では美術品として鑑賞する屏風だが、本来の役割から考えると、あり得ない絵柄なのだと初めて知った。やはり図版をのせて欲しかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風神雷神 風の章

紙の本風神雷神 風の章

2017/11/04 11:17

絵が見たい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あくまで京の扇屋(後には絵屋もかねる)であり続けた宗達の生きざまが印象的でした。その製作方法も、扇の絵付けを発展させたもの。日本の美術におけるオリジナリティーって何?と考えさせられました。図版をのせて欲しかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジェリーフィッシュは凍らない

紙の本ジェリーフィッシュは凍らない

2017/01/04 10:18

次作が楽しみ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

捜査のパートが無駄に饒舌なのに対して、飛行船内のパートは極端に描写が簡略、登場人物の描き分けも不十分。だが、これも作者の仕掛けたトリックを成立させるための仕掛け。最初、引っ掛かりを覚えた点も無神経なのかと思ったら、実は重大な手がかりだった!(こういうのが本格ミステリを読む楽しみ)「そして誰も」よりも「十角館」の雰囲気に近いような気がした。次作が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壁の男

紙の本壁の男

2017/01/04 09:46

ミステリ仕立てにする理由?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

引き込まれて一気に読んだ。特に伊狩が家の外壁に絵を描き、それが集落の人々に広がっていく辺りはとてもよかった。疲弊した日本の地方の町や村に起こりうるかもしれない、希望の物語という感じ。ただこの小説の場合、伊狩の過去を時系列を入れ換えてミステリ仕立てで描く必要があったのかなとは思う。確かに笑里の闘病の部分に感じた違和感は最後に解き明かされるのだが…。ラストの一文は、伊狩が絵を描く一番の意味なのだろうが、それなら伊狩の視点で描かれている最初に壁に絵を描こうとした場面に何らかの描写がほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

七緒 着物からはじまる暮らし vol.48 特集「木綿」おしゃれ手帖|誰かに「着せてあげる」入門

寝転がっても平気!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

着物の本の表紙としては異色な寝転がってる写真が、目を引きます。お出掛けではなく本当の普段着としての木綿着物の紹介にはふさわしい表紙かも…。産地や扱っているお店の紹介も詳しいですが、何よりコーディネートがかわいく、着てみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あやしい絵本

紙の本あやしい絵本

2016/12/24 11:25

知らなかった本が多くて…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「怪談えほん」シリーズの東さんの監修ということで購入しました。独自の視点からセレクトされているので、知らなかった本や作家の方が多くて楽しめました。本屋さんにあまり並んでいないような本もあるので、とりあえず図書館で探してみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヨーロピアンスタイルで。シンプルな大人のカルトナージュ 毎日使えるかわいい布箱

おしゃれ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カルトナージュの場合、既製の布を使うわけですから、そのセレクトや組み合わせが好みかどうかで評価は分かれると思います。いわゆる大人かわいいがお好きな方にはおすすめです。作り方もそれほど複雑ではなく、ちょっと作ってみたいなあという作品が見つかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

売りたい気持ちと買いたい気持ちをつなぐ技術 魔法のPOP&ディスプレイ

実物が見たい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

紹介されているPOP、ディスプレイの実物が見たくなる。完成度が高く、一定の期間(フェアとか)だけしか展示しないなんてもったいない。立体的な展示、ぜひチャレンジしてみたいと思いました。作者の経歴から、POPはただの販促手段ではなく、自己表現、人と繋がる手段でもあるのだろうなあと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

分かれ道ノストラダムス

紙の本分かれ道ノストラダムス

2016/12/23 15:24

う~ん、ちょっと残念。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで短編(連作を含む)しか読んだことがなかったのだが、この作家には長編はあっていないのかな。まず幼馴染みの死(病死ですが)の状況についても常識で考えて変なことが多い。彼が死ななかった可能性を探したいという主人公にも共感できない。カルト教団が何をしたいのかもわからない。ホームレスなら目立たずに探索できるとか、最後の腕時計を使った計略とか、納得のいかないことが多すぎです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

25 件中 1 件~ 15 件を表示