サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. わらびさんのレビュー一覧

わらびさんのレビュー一覧

投稿者:わらび

125 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

電子書籍金の国 水の国

2017/02/23 23:10

本屋で衝動買い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

話題になる前に、冒頭だけ読んで購入したのですが、大当たり。
キャラもみんな魅力的で、読み終わったあとに幸せな気分になれました。

知る人ぞ知る名作だ…と思いながら読み返していたら
某ランキング一位になり、一気に話題作に。
若干の寂しさを感じつつも(苦笑)
この作品が多くの人に知られたことが、とてもうれしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビリビリくる!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんでジョージ朝倉の書く「ビリビリ」は、読んでるこっちまでビリビリくるのか!
主人公の「やってる側は楽しそうだけれど、見てるこっちはいたたまれない」というセリフは、そのまま、いろんな漫画を読んでるときにも感じることが多く(ゴメンナサイ…)「主人公が感動してるのはわかる、けど、こっちには伝わってこないよね…」と思うことが多い。
けど、ジョージ作品の「ビリビリ」は、読んでるこっちまでビリビリ、グラグラ、キラキラ!
さわやかスポーツ漫画になるのかとおもいきや、男子中学生のドロドロ感や鬱屈とした感じも生々しくて、こちらも目が離せません。
バカにされるとか笑われるとか、マジメにやることを嘲笑されるとか、そういう「現実」もがっつり表現しながら進んでいきそう。今後も期待大!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引っ越したくなる!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋で、お試し読みを読んで以来、ずっと気になっていた作品。
自分が引っ越すことになり「独身女性はどんな町のどんな部屋に住んでるのかな?」という興味がわき、とうとう購入。
いや、みなさん、お予算結構高いですね…!?
町も部屋も素敵でした。すごい参考になりました。
でも、真似しようとすると「家賃高ぇ…!」ってなってしまう自分がいます…。
お金があったら、それぞれの町に住んでみたいです。お金があったら…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍1122(2)

2018/05/17 16:59

女の性欲

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

思わず「女性向け風俗」で検索してしまったのは私だけでしょうか…。
「割り切った関係の夫婦」であっても、うまくいかない部分が出てくる。
ノリ自体はギャグテイストだけど、男の性欲、女の性欲について、それを取り巻く社会について踏み込んできたな、という印象。
読んでてひやひやハラハラするけれど、続きが非常に気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某おまけ漫画「一分間だけ群馬を語る」を読んで
「むしろこれ連載すればいいのに…」とずっと思っていたので
コミックが出たときは歓喜しました。
これからも隠されたグンマネタをどんどん披露してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本死んで生き返りましたれぽ

2017/02/23 22:38

再読

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりに読み返しました。
脳がおかしくなっているときの、見える世界の描写が、とても興味深かったです。
四角いものが認識できなくなる等…。
人間の脳って不思議だなあと感じながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍うきわ 3

2017/02/18 21:44

意外なラスト

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

てっきり、現状維持か、くっつくかの二択だと思っていたので、
このラストは少しびっくり…。
でも、いちばんいい終わり方だなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍うきわ 1

2017/02/18 21:43

淡々と

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大きな事件があるわけでもなく、淡々と進んでいく物語なのに、不思議と引き込まれてしまいます。
続きがとても気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

えぐられすぎる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最高でした。
思わずググっちゃったんですけども
お店の担当のお姉さんのアイコンが
このマンガになってて爆笑しました。
どんだけオープンなことになってるの…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍深夜のダメ恋図鑑 2

2017/02/16 14:11

最高ww

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

特に最後の話がやばすぎるww
こんなバカな子さすがに…と思いたいけど
ネット見てると、
ガチでこういうコラムあったりするから、ほんと怖い…。
これは続いてるのかな?
どんどん書いてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ペコロスの母の贈り物

2016/02/20 00:12

本人が死んでも続く物語

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第一巻から大好きなシリーズ。
みつえさんがお亡くなりになったので、前巻で終わりかと思っていたので、発売を知ってびっくり。
もともと、みつえさんの記憶を行き来するような話が多かったので、過去話は1、2巻と同じ雰囲気だが、今巻は「みつえさんの死後」に「みつえさんを思い出す人たち」の姿が描かれている。
亡くなってもなお、とどまる記憶、描かれる記憶を見て、人が生きていたということは、こうやって残っていくのだな、と気付かされました。
この先もまだまだ続いて欲しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

豪華な一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

並ぶ名前が超豪華。なるほど、「群像」ってこういうカラーなのか、というのが分かって面白かった。多和田葉子、笙野頼子、大庭みな子さんなどを目当てに借りて、初めてお名前を知った稲葉真弓にドはまりする。複数人の短篇集は、こういう出会いがあってよいですね。全体的に女性の作品が面白かった。苦手意識のあった山田詠美が面白くて自分でびっくり。笙野さんはやはり難解。男性の側は、短篇?エッセイ?日記?なのが多くて、なんとなくもやもや。三浦哲郎、吉村昭、小川国夫は安心の安定感。買って手元に置きたいけれど、値段が…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍ダンス・ダンス・ダンスール 19

2021/03/08 17:43

兵ちゃん復活

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

兵ちゃん!!!あなたが戻ってくるのを!!!待ってた!!!アメリカ社会ぜんぜん知らないけど、漠然と「アメリカっぽい!」雰囲気が素敵。あと知らない単語やわからない英語に戸惑う潤平がよきかな。そして兵ちゃんの「できるマネージャー感」…。大原田さんも素敵なキャラだし、大原田さんと兵ちゃんが真っ先につながるとは思わんかった。ところでジゼルのあらすじ初めて知ったんですが、救いなさすぎて泣いた…。振られ役に共感する潤平に笑った。パーティーはどうなるのかなー。次巻も期待!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発売早々品切れになってるけど…?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋に置いてなくて通販もなくて某大型書店の本店まで行きましたよどういうこと…。いや本当に面白いマンガなのでもっと売れてほしい…( ;∀;) 電子でバカ売れしてるのとかだったらいいんだけれど…。感想はライン漫画の方に書きまくっちゃったから書くことないな…。いつのまにか2年生になってるみんな。中学生流星のノートや楽譜・歌詞が載ってるのに歓喜。ピアノで楽譜再生してみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ぞうのミミカキ

2021/03/08 17:38

「人なんてモノ以下では」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヤバイ。優しい童謡だけの人ではないというのは知識としては知っていたけれど、こんなに易しい言葉で、こんなヤバイものを書く人だったのかと驚いた。私は、動物や物に対して、過度にロマンチックに擬人化するような姿勢は苦手なのだけれど、この詩集にあるのはそういうセンチメンタルな擬人化を超越した何か。擬人化というのは、一様に「もの」を「人」に引きつけて表現するものだけれど、まどさんのそれは、「人」を「もの」に寄せている感じがする。それどころか「人なんてモノ以下でしょう?」と、無邪気にほほえまれているような感覚に襲われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

125 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。