サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぎんがむさんのレビュー一覧

ぎんがむさんのレビュー一覧

投稿者:ぎんがむ

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本ぼくたち日本の味方です

2016/05/31 09:15

安心感をくれる対談

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日頃ニュースを見聞きしながら私が感じていることをそのまま言葉にしてもらったようで、とても嬉しくなりました。対談であるせいか、文字を追うだけでは理解するのが少し難しいところがあります。じっくり繰り返し読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本精霊の守り人

2016/05/18 09:38

もう少し早く巡り会いたかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TV化をきっかけに読んでみましたが、登場人物がすっかりTVドラマのキャラクターそのままの姿で思い浮かぶので少し困りました。ファンタジー好きの私としてはもう少し早く巡り会っておいてからTVドラマが見られればよかったかもしれません。これをきっかけにこのシリーズとゆったりつきあっていきたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

久々の・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

島田荘司さんの作品と言うと、最近は何となく「難しい」という印象だったので、この作品も読むのを少しためらったのですが、読んでよかったと心から思いました。次から次へと押し寄せる波のような事件の連続に期待が高まります。色々と想像を巡らせながら、下巻における謎の解明が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘルプマン!! Vol.4

2016/04/23 13:11

人物の魅力がすごい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前から思っていましたが、この作品は登場人物のお年寄りの個性と魅力がすごいです。特に「食育の章」の葉子・花子姉妹のキャラの濃さには参りました。元気なお年寄りが主人公というのはめずらしいために余計そう思うのかもしれません。ぜひまたお目にかかりたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

寄り添って・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書はFacebookで紹介されていて、母がアルツハイマー型認知症なので、今後に備える意味で購入しました。私自身が実にさまざまな失敗をして今日に至っていますが、何に対しても、本書に書かれている「引き算の世界に寄り添う」ということを中心に据えてかからなければいけないことを実感しています。介護を受けていても人生はその人のもの、それを忘れてはいけないことを心に刻み込んでくれた良書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本森に眠る魚

2016/05/06 16:29

圧倒的閉塞感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新聞で紹介されていたので購入しましたが、専業主婦の抱える圧倒的な重苦しい閉塞感に息苦しくなりました。それぞれの登場人物の抱える『闇」の部分が彼女たちを飲み込んでいく様子がスピード感をもって語られていきます。最後の方で描かれる夫たちの見せる意外なしなやかさに救われる気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

急展開・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻のボリューム感に比べると下巻は文字通りのスピード展開でした。謎が解明されていき、クライマックスの場面はまさに映像的で、まるで別の作品のようでした。上巻で丁寧に描かれていた小坂井君や洋子のその後のことも多少気になりつつ・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示