サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. minahoさんのレビュー一覧

minahoさんのレビュー一覧

投稿者:minaho

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本ぼくたちの放課後

2016/06/24 22:28

せつないすれちがい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面倒くさい(と思っている)クラスメイトの女の子の面倒をみることになった、リーダー格の男の子のお話。だが、その女の子との距離が縮まると、意外な面が……
 
あまりの衝撃な展開に、読んだ当初、涙が止まりませんでした。せつない、本当にせつないお話。なんで、どうして……そう言いたくなるくらい残酷でした。
けれど、誰しももしかしたらこうなるかもしれない……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2人の恋の行く末は・・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

メディエータ全3巻の最終巻。
生きている人間と幽霊の恋物語……どうなるものかと思ってましたが、まさか!!という結末とハッピーエンドでした。いやーこの発想はなかったw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゴールド☆タイガーリリー

2016/06/22 08:02

ハラハラの完結編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

逃走の1巻、冒険旅な2巻を受けての最終巻。
この巻ではいよいよ物語の黒幕、核心に直接触れようと主人公たちが奮闘するサスペンス、といった感じです。

全体的にそうなのですが、このシリーズも同作者の前作シリーズ同様、所謂ご都合主義がなく、主人公が最終的に自らの力で困難を乗り越えようとする姿に好感を持てます。
特に、終盤。ただ単に黒幕のトップを懲らしめるだけじゃなく、本当の意味での解決のために大きく行動を起こすのが素敵です。

ラストシーン、それまで頑張ってきた・理不尽な目に遭わされてきたキャラたちが、みんな笑顔になれてよかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本正しい魔女のつくりかた

2016/06/20 00:15

等身大のファンタジー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ささやかなイレギュラーな状況がキッカケで、それまで知らなかった魔法世界と関わりを持つことになったジョー。
このお話、ドンパチ魔法で戦うわけでも、激しい派閥戦争等をするわけでもありません。あくまでジョー含む主人公格の子どもたち視点でのこまごました日常、トラブルに、子どもたちにできる限りの力で解決を目指していきます。
それが歯がゆいかつ、じれったいところでもあり、だからこそこの物語の面白いところだと思います。
キャラたちが、すごく身近に感じられるタイプのファンタジーものだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年の時の彼方に

2016/06/24 22:18

大切なものを守るためにはどうしたらいい?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マコマと静枝、千年の時を越えて両思いになった2人ですが、いつまでもそのままではいれず……。
無理に背伸びしてない、初恋のお話、+日常ミステリなこのシリーズ。歌に、言葉に込められた想いに切なくなったり…。
最後はあっさりめだった気がしますけれど、静枝をはじめ、他のキャラの成長や変化がわかる良い最終巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

しあわせ!を手にするには・・・・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雰囲気がほんわかが基本ながら、ハラハラモードの時が妙にリアルにありそうででも半端じゃない、という感じのこのシリーズ。
今作の敵役との決着がつく巻です。

自分の幸せより、誰か大切な人の幸せを願ったら――巡り巡って、幸せがいっぱいになった主人公に対して、自らの事ばかりで他人を慮る事を怠った彼らの行く末が、実に皮肉が効いてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パスワード東京パズルデート

2016/06/16 14:07

3組のカップルのデート模様に彩られる謎☆謎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マコトとみずき、ダイとまどか、飛鳥とたまみの3組がパズルデート……
しながらも、何か怪しい動きがあり、それが事件に繋がる――

ミステリー的にはちょっとストーリーが強引だったけれど、3組のデート模様が微笑ましい1冊でした。特に、飛鳥とたまみは、他2組の非じゃないくらいラブラブだった気がしますv あと個人的に、今回出番少なめだったレイさんですが、過去に登場した某人物に対しての八つ当たり?気味な感情が妙にリアルだった気がしました。

謎模様と恋模様の両方を楽しめる巻だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示