サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. TKさんのレビュー一覧

TKさんのレビュー一覧

投稿者:TK

22 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

1時間でハングルが読めるようになる本

ハングルを理解するのに役立った

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハングル(韓国語の文字)を習得するための入門書。
韓国語の文法や会話について解説した本ではありません。

さすがに1時間でハングルを習得するのは無理。
内容は、少しずつの纏まりで、簡潔に解説されているので、記憶に残りやすい。

基本、語呂合わせのような解説だけど、不要であれば、語呂合わせは気にせず読み飛ばせる。

簡潔に、ハングルと全体構造を理解できた。

109ページ
誤:?h
正:?p

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はじめてのスペイン語

紙の本はじめてのスペイン語

2018/02/25 04:38

読み物的だけど、しっかりスペイン語文法の基礎を学べる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スペイン語文法についての入門的読み物でありながら、発音と基本文法をしっかり把握でき、更に、スペイン文化、歴史、スペインの生活風景などを通して、スペイン語とスペイン語圏について、興味深く知ることごできる。
これを土台にスペイン語学習を進める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

つながる中国語文法

電子書籍つながる中国語文法

2017/05/14 14:34

中国語文法の全体像と各要素をスッキリ整理できる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中国語文法の全体構造を意識しながら、各文法要素を、例文をあげながら理解する。
英文法などで、基本的な文法用語の理解をしていないと、特に入門者には、説明がぼやけているように感じるかもしれない。
それでも、意図する概要をなんとなくでも理解しつつ、3,4回読み込めば、中国語文法の全体像と各要素をスッキリ整理できる。
このことは、中国語を読み書き話し聞く時、即役に立つスキルだ。

音声があれば、もっと良い教材になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いま、公明党が考えていること

紙の本いま、公明党が考えていること

2016/07/11 02:46

人間主義、平和主義の公明党だと理解

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1964年以来の立党の精神「大衆とともに」がブレていないことが分かる。

また、緻密な検証と考察と、大局観とをバランスよく併せ持つのが公明党だと理解。

TPP、基幹産業、人間の安全保障という観点、国藉に捉われず地域の発展など、地理的時間的大局観が政治には必要。
アベノミクスの効果が行き渡っていないところについて政策を進めていることも理解。短期間に全てを満足させる経済政策は難しいにしても充分数値の上では実績を出している。

日中、日韓、日露等、外交実績の無い共産党を信用できるのかというのは納得。
日本の周辺国にも多くのメンバーを持つ創価学会だからこそ、平和主義を実現できるというのも、理屈が通っている。

安保法制について、一部の創価学会員や創価大学の教員学生OBなどがズレた発言をしているとの指摘はその通り。
理由をもって「私」を主語にして反対というのであれば分かるが、創価学会や池田大作SGI名誉会長の名を主語にして語ることは、政治と宗教の関係を理解できていないとの指摘はもっとも。
また、「集団的自衛権」を認めたという反対派は、まるでフルスペックの集団的自衛権を認めたとの誤解を国内外に広める影響があり危険。
閣議決定や法案からして、むしろこれまでの縛りに輪をかけて海外派兵への敷居を上げたというのは、佐藤優や木村草太が指摘する通り納得。
反対派は、法案前後のどんな変化点が理由で、どんな自体により、戦争が起きる危険があると言っているのだろうか。
また徴兵制度が始まるとの反対派の根拠も不明。現行憲法では徴兵制度は違憲である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

潮 2019年 05月号 [雑誌]

雑誌潮 2019年 05月号 [雑誌]

2019/05/01 02:54

「あきらめの心」との闘争

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■「新たな時代を開いた東北の民衆の力」(山形新聞社代表取締役社長 寒河江浩ニ)


これまで、山形に直接縁することはありませんでしたが、寒河江社長の話しを通して山形に触れ、地域を代表する文化人、言論人だと、興味深く熟読してしましました。


善政を敷いて領民から愛された庄内藩主・酒井忠器。
出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)にて芭蕉の「蕉風」が確立されたとの見方。
東北人気質を表す「潔し」。


2019年に143周年を迎える山形新聞。地域の人材育成など、地方紙の役割が注目されます。




■師弟誓願の大道「あきらめの心」との闘争。(佐藤優)
〈あきらめてしまえば事態は何も開けない。平和とは、あきらめの心との闘争である。〉
池田氏の、歴史に対する向き合い方として、歴史の流れには逆らえないという心持ちで流されるのか、挑んでいくのか、少しの一念の違いで結果(歴史)は大きく異なっていく、というような言葉を聞いたことがあります。
透徹した生命観、哲学、歴史観をもって、地に足のついた判断力、行動と熱意があったからこそ、大国間のリーダーに訴える歴史に流れを転換できたと推察します。
ゴルバチョフが、「自由」を一気に持ち込んだ改革をしようと判断したことは、適切だったのかという疑問がありますが、再び改革が頓挫しないよう自分が政治家として布石を打つという決断だったのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

車輪の下 ─まんがで読破─

電子書籍車輪の下 ─まんがで読破─

2018/12/19 00:06

時代や場所を超えて、長く読み継がれる名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『車輪の下』の主旨は、「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことがないよう、他者を思い遣り、自らは、どんなことがあっても、力強く生き抜け」ということだと思う。

フライクは、信心深い(=キリストの復活を信じる)靴職人。
一方、町の牧師は、フライクが言うには、復活を信じない不信心者。牧師は、新しい神学の見解を常に熱心に研鑽している。

規範であるキリスト教といっても、フライクと牧師のように、さまざまな価値判断基準がある。
信仰者と無神論者、社会主義者など、さまざまな生き方、考え方がある。
スピリチュアルなど、宗教とまではいかない精神的な癒しの方法に頼る人もいる。

ただ、哲学や宗教など、長い歴史の中で鍛えられてきた人類の遺産をただ否定するのではなく、研鑽して自分なりに実践して、発展させることも大切だと思う。過去の人類が築いてきた哲学や宗教、思想のレベルに対抗できるレベルの価値判断基準を、一人の短い人生で、一から築き上げるのは非効率だと思うから。

さまざまな思想や価値判断が入り乱れるなか、それでも、力強く生き抜くことが大切だということが本書の主旨と思う。

結局、悲観に負けず、今置かれた環境で、自分にできることを精一杯やって、生き抜いていくことが大事だということだと思う。

時代や場所を超えて、長く読み継がれる名作だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

あぶない一神教(小学館新書)

電子書籍あぶない一神教(小学館新書)

2017/11/19 04:55

一神教的な世界観を理解する入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一神教的な観点で見るべき事柄を分かりやすく教えてくれている。
但し、著者たちも言っているように、正確に他者の論理を理解するためには、相手がどういう世界観や物差しを用いているかを、個別に判断しないと交渉や相互理解には至らない。


誤記

第一章
注釈 タウヒード:アラビア語でひとつであることを意味する動詞「ワヒード」から派生した言葉。神の唯一性を指す。
→ 正しくは、動詞「ワッハダ waHHada (一つにさせる、一つにする)」から派生、もしくは、名詞「ワーヒド waaHid(ひとつ)」から派生。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の安全保障

紙の本人間の安全保障

2017/06/14 04:04

基礎教育が安全な社会環境と安心の生活をもたらす

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『安全が脅かされる時代に』
公的機関による全ての人への基礎教育が、安全な(暴力的ではない)社会をもたらし、安心の生活をもたらすために必要。
第一に教育は確かに大切だと思う。
また、寛容性をもたらす教育が大切とセン博士は言っているが、寛容性は、場合によっては、惰性的で、他人の不幸に無関心な人間関係をもたらす可能性もある。
教育とあわせて大切なのは、どんな価値観、道徳観、宗教観、哲学観に基いた教育かということ。
同じ教育を受けても、習得したこと(手段)を、排他的な価値観に基いて活用するのか、暴力的な価値観に基づいて活用するのか、それとも、暴力を避け、一人ひとりの人間性を活かすために活用するのか、価値観と教育との組合せが重要だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】図で考えるとすべてまとまる

図を活用についてのガイドブック

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

図を活用した、情報の積極的な整理の仕方について、導入のガイドブック。
要点を得ながら、さらっと読めた。
最後に紹介されてる各種の図について、実際にお手本としてのプレゼンを受けてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アジア巨大遺跡 兵馬俑・バガン・縄文・アンコール

視覚的な資料を多く使った解説が便利

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

航空写真、CGによる往時の様子の再現など、視覚的な資料を多く使った解説が便利。

アンコール王朝が栄えた当時、インドシナ半島は、アンコール・ワットを中心に、中国や中東など、世界各地と交易していたことが、発掘から分かっている。

ジャヤヴァルマン7世(在位1181-1218頃)は、周辺の勢力対立やアンコール王朝内の派閥を、融和統合していったことで、アンコール王朝の最盛期を築いた。その象徴とされるのが、各宗派の神々を統合したジャヤブッダマハーナータの観音像。碑文には「王は、23の神殿にジャヤブッダマハーナータを奉納した」とある。他者を排斥せず、許容し、融和統合することで、経済発展に注力することができたのではないかという。

ジャヤヴァルマン7世の時代を最盛期に、次第にアンコールから人は去り、棄て去られ、タイのアユタヤ王朝の支配下に入る。(1431年)アンコール衰退の真の理由は明らかでない。



石澤良昭氏の解説に、1980年にアンコール遺跡に出かけたとある。1979年1月7日、ポル・ポト軍は、攻撃を仕掛けたベトナムの反撃で、プノンペンを明け渡し、難民と共に、西部のタイ国境沿いの一帯に勢力を移す。アンコール・ワットも拠点とされたが、不安定で危険な時にアンコールへ出かけている。さぞかし大変だったのではないかと思う。

また、最後の杏さんのメッセージ「当時の人たちの心、体温を感じることができた旅でした。」には共感する。アンコール・ワットの建造(1113-1150頃)からおよそ900年。壁画、彫刻の自由な表情から受ける個人的な印象は、当時の人たちの暮らしや人間性は、賑やかで活力のある暮らしだったのではというもの。今の東南アジアのローカル市場で見るような賑わいは、900年前のアンコール王朝時代もさほど変わらなかったのではないかと想像する。そんな様子も、研究成果をもとに再現したCG画像には描かれている。



巻末には、東は日本、西はイランまでの広範域の主要な遺跡40件の紹介もある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビルマ 「発展」のなかの人びと

現在のミャンマー (ビルマ)を理解するのに良い入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現在のミャンマー (ビルマ)を理解するのに良い入門書だった。

1996年出版以来、時代や環境は変わっているが、1945年以降の戦後ビルマの経緯概略を掴み、現在のミャンマーを理解するための歴史的経緯が、読みやすく、コンパクトに纏められている。

アウンサウンスーチーについての記述や、日本軍のインド・インパール侵攻で拠点となったチン州の人たちのエピソード、ロヒンギャーと軍事政権、タイ、中国との地理的関係で発展が期待されるシャン州チャイントン、在日ビルマ人についてなど、節々にビルマやビルマの人に対する愛を感じられる。


ビルマの軍事政権や日本軍統治時代について、是非を評価するのが目的ではなく、ビルマを想う著者なりの視点に基づいたビルマ解説だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】DEADLOCK(1)

電子書籍【期間限定価格】DEADLOCK(1)

2016/08/15 02:11

ストーリーの作り込みが面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーリー構成も面白くて、読み安い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お前のアソコにロッ禁オン♂(3)

ちょっとした感動物語

人中、人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ショートストーリーながら、ちょっとした感動の展開

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「池田大作 大学講演」を読み解く 世界宗教の条件

もう少し具体例な現実と関連付けた読み解きならよかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

池田氏の講演内容は、聴衆が理解できるよう配慮しつつも、「アウトライン(輪郭、要旨)+提言」のようになっている。しかし、引用されている池田氏の内容を読むだけでも、深い洞察、論理性、歴史・文化・学問を俯瞰した上での関連付けがあり、非常に価値的だと思う。

一方、佐藤優氏の読み解きには、物足り無さを感じた。
あとがきにかえてで、佐藤優氏は「ここでは、その内容を要約し、屋上屋を重ねるような解説を付すようなことはせずに、池田氏の講演に表れている思想が現実にどう生きているかについて私の見方を記すことにする。」と述べている。
あとがきにかえてでは、具体的に集団的自衛権、公明党など、現実の例を挙げているが、同じように、本文においても、佐藤優氏の外交官時代の経験や書物による豊富な知識から、歴史・文化・政治・生活などの具体例に関連付けながら読み解きをしてほしかった。
多忙な中、限られた時間で、現実の事象と結びつけながら読み解くところまで達しておらず、結果的に屋上屋を重ねるような読み解き(言い換え)となっているのが残念。

ただし、「東西文化交流の新しい道(モスクワ国立大学 1975年)」では、時代背景を踏まえた読み解きが勉強になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バッチリ話せる台湾華語 すぐに使えるシーン別会話基本表現

役に立つ台湾華語の基本表現

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今、初めての台湾(台北)滞在で重宝しています。

台湾で使われる台湾華語は、大陸の普通語とは、ほぼ共通とは言え、声調、表現、語彙、漢字などが異なることもある。
中国語入門書にあるような基本文法の解説は無く、台湾華語の基本表現パターン、会話は、現地で重宝する。
台北を散策していて、若い人から年輩まで、英語がほぼ通じないため、台湾華語の基本表現を話し、聞いて理解できるだけでも行動しやすい。

台湾華語には、すべてピンイン表記で発音が分かり、CDでリスニングの練習もできるのはありがたい。

一部、書いてあることとCD音声とが、違う箇所がある。

また、巻末の単語表現集にピンイン表記が無く、カタカナだけで読みが記載してあるのは残念。
カタカナ読みでは、正しい発音が分からない。

全体としては、重宝する台湾華語の入門書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

22 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。