サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ライディーンさんのレビュー一覧

ライディーンさんのレビュー一覧

投稿者:ライディーン

58 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

宰領

紙の本宰領

2016/12/27 06:22

安定した面白さ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

隠蔽捜査シリーズを読むにあたっての魅力は
1竜崎の変人とも取れる原理原則論の炸裂。
2所轄の署長で警視長と言う階級が判明した時の周りの反応(反感を持っていても、後にいい意味でひれ伏す)
3家庭の状況
これに尽きると思います。
次作も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空飛ぶタイヤ

紙の本空飛ぶタイヤ

2016/08/07 11:07

気持ちがいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

気持ちがいいぐらいの勧善懲悪。
途中、もうダメかもと思わせV字回復。
話の内容も良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 高校時代の偏差値30台の勉強嫌いが自分を変えてケンブリッジに入学、活躍できた理由

出来る事から

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ビジネス本は全くもって読まなかったのですが、これはタイトルに魅かれて購入。
共感できる事が多くて、まともに影響を受けてしまいました。
とりあえず出来ることから実践してみようかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ケモノの城

紙の本ケモノの城

2017/06/28 15:34

おぞましい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本当にあった事件を題材にしているとの事ですが、描写が生々しい。
時間軸が大きくズレてストーリーが進んでるのかと思いきや、実はそうでは無く、人間関係が入り組んでいるだけに、そう感じてしまった。
最後で納得。
しかしながら、人間とは弱い部分にすぐに入り込まれる。
人間社会が如何に素晴らしい秩序で保たれているか、人間の持つ理性は如何に凄いものかを再認識。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

落英 下

紙の本落英 下

2017/11/23 12:30

ホントに素人の作品か?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の作品はいつも内容が濃すぎる。
でも、面白いから読んでしまう。
普通の人が到底知り得ない状況(クスリの流れであるとか、反社会勢力の構図やその性格)がかなりリアル(だと思う)に描かれてるのがいつも感心します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もぐら 闘

紙の本もぐら 闘

2017/11/17 18:13

やはり面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

再読。
今回は竜司の暴れっぷりが少し控えめな感じ。
その代わりに相手のボスがかなりの暴走で、某警視も一所懸命に竜司に近づこうと、心の葛藤が良かった。
ストーリーも実際にありそうな感じで、騙し討ち無しでストレートなので、読んでいてあれこれ考えなくていいから気楽に読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雪冤

紙の本雪冤

2017/11/05 09:41

死刑と冤罪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中盤から「こいつが黒幕」と予想して読んでましたが、裏切られて、更なる展開。 帯どおりに陥ってしまった。 死刑制度と冤罪を同時に取り上げてるのは、難しいし読んでる側もつい感情移入してしまう。 伏線もすごかった。 コイツは全然関係ないと思ってた奴が、そのモノだったりと。 再読決定。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Aではない君と

紙の本Aではない君と

2017/10/27 10:10

SOSは見逃してはいけない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どものSOSに気付くには、普段からの接し方や会話がとてつもなく重要であること。
被害者、加害者の親となるのは誰もが可能性がある上で、自分なら‥と考えるも答えなんて出るはすもない。
「物事の良し悪しは別として、なぜそれに至ったのかを考える」コレには共感できる。
やはり、著者の作品は考えさせられる部分が多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

代償

紙の本代償

2017/10/20 06:33

重い内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

12歳の少年の発想なのか?12歳の少年の境遇なのか?
読んでいてかなり辛い部分があった。
後半の弁護士、被告人としての戦いは面白かった。
少年期の話と絡めて内容の濃いストーリーだったと思う。
今後、著者による作品にチャレンジしようと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もぐら 乱

紙の本もぐら 乱

2017/10/02 21:20

スピード感!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

再読ですが、やっぱりスピード感が半端じゃない。
竜司のモンスター級の強さと、優しさが良い。
現実からかけ離れてるが、楽しく読める。
ストーリー的にも良かった。
再読ながら次も楽しみです。
D1シリーズも早く出てほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件

壮絶

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読んでるだけで気分が悪い。
途中で逃げ出すことは出来ると、当初は思っていたが、読み進めるとそれが不可能な状態に陥ってしまう事が何となくわかる。
しかしながら、同じ人間の所業とは思えない。
主犯の過去に問題があったのか、家庭環境なのか、何れにせよ悪魔が育って世間に放たれてしまった。
衝撃的な事件だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幻夏

紙の本幻夏

2017/09/25 10:44

帯どおり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯のとおり切ない。
前作もそうでしたが、読み進めば進むほど、先が気になる。
特に今回は「え?」となる部分が多くて面白いし、夏の思い出シーンの中に伏線が散りばめられて、気の抜けない展開でした。
家族、兄弟を想う心は素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハサミ男

紙の本ハサミ男

2017/09/08 11:05

騙された。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いい意味で騙されました。
自分の想像とは違う経過と結末。
単純に、ハサミ男というタイトルである程度自分なりに想像して読むも、それすらも騙されてました。
自分が何処で騙されたのか、違和感たっぷりなので再読決定。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カルマ真仙教事件 中

紙の本カルマ真仙教事件 中

2017/08/27 09:32

奥が深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻同様に関心度が高い。
当時高校生だったので、それなりに覚えてはいるが、今読むと捉え方が全然違う。
しかし、全てが実話だとすると奥が深すぎる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

野火 改版

紙の本野火 改版

2017/08/21 10:45

映画見てみたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新聞の戦後の特集を見て購入。
かなり重たい内容でした。
非日常における人間の精神状態が如何に凄いかわかる。 最後はかなり哲学的なモノに感じた。 「人間は神によって生かされている」という考え方もあるが、「死ぬ理由が無いから生きている」というのは最もな感覚だと思う。 この一文が響いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

58 件中 1 件~ 15 件を表示