サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ムジクムジカミュージックさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ムジクムジカミュージックさんのレビュー一覧

投稿者:ムジクムジカミュージック

22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

太陽の棘

紙の本太陽の棘

2017/01/15 22:24

戦後の沖縄

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

沖縄に訪れて資料館には足を運んだけど、南の方へはどうも足がむかないというリゾート気分満喫派の私に避けようもなく突きつけられた戦後の沖縄の1場面という感じでした。苦手とか言ってる場合ではないのだけど、戦争の話はなかなかちゃんと向き合うのが難しい。戦後の話ではあるけれど、縛りはあるけれど、話としては友情の話であり、人と人の心の交流を描いたものなので、抵抗感よりもその内容に引き込まれ一気に読んでしまった。たくましさ、プライド、思いやりつらい時期なのに、もしかしたらだからこそのすがすがしいまでの人の強さと美しさが際立つ作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蜜蜂と遠雷

紙の本蜜蜂と遠雷

2017/10/22 20:30

一気に読みたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一日一日が怒涛のようにすぎていく
次が読みたくて仕方ない
本の中のみんなの気持ちの動きが、読む私の心をも動かし
本の中の熱が、私の体にもやどる
久しぶりに心高鳴り、若かったころのような気持ちになりました
すがすがしく、あつく、圧倒的な物語に飲み込まれた気持ちよさ
確かに本屋大賞だとおもいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キネマの神様

紙の本キネマの神様

2017/09/25 23:01

父と飲みたくなる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マハさんの本はいつも心温まるけれど、これはなんだろうなぁ
父と決して仲がいいとはいえなかった子供のころ
大人になってもたいして距離が縮まらなかった時期もある
でも、ここまでくるともう仲がいいとか悪いとかって問題でもなくなってくる。
そんな私にはぐっときた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

総理の夫

紙の本総理の夫

2017/01/15 22:28

爽快な読後

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この軟弱な夫にして、この凛々しい妻
この対比になにしてくれてるんだ!と頭を抱えたこともありますが、いやいや常に妻の味方であるというその一つで、いやその一つがすべてなのだと、強さなのだと思った。
そして、走りすぎて回りが見えなくなっていた妻も、いざという時を逃さないあたり、
夫が自分の味方だと信じられるその強さが本物なのだと思った。
素晴らしく気持ちのいい話だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗幕のゲルニカ

紙の本暗幕のゲルニカ

2017/03/30 21:57

アートの力

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美術にほぼ興味がないのですが、原田さんの本は大好きで、わからないなりに楽しんでいます。音楽の力、アートの力ってよく聞きますが、それって受け取る側にもその素養があってこそだと思う。けれでも、それでも絵で世界に戦いを挑んだ芸術家の魂が、伝わり、受け継がれ、同時代の人達を、未来の人達を突き動かす様が描かれています。
私が書きたかったものが書けたとマハさんがこの本を出す時に言ってたような記憶が・・・違ったかな。今まではあくまでその人の内面の葛藤と自立とその周りの人々との関係性を丁寧にやさしいタッチでえがく個人の生き方に対する小説が多かったし、私はそれが好きです。しかし、今回はもっと大きな訴えたいことが背後にずんとおかれている、それは暗幕をかけているのかもしれないし、かけていないかもしれないそのテーマがこの小説の毛色を少し違ったものにしているようです。
それがいいとか悪いとかではないのだけど、ちょっと雰囲気が違うってことだけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星がひとつほしいとの祈り

紙の本星がひとつほしいとの祈り

2017/01/15 22:11

祈りが伝わる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こちら短編集です。はじめはウォーミングアップ。しかしタイトルの作品にきたとたん、ぐっと引き込まれます。不思議なお話の中に、一人の女性の人生がつまっていて、涙があふれてしまいました。原田さんの本を涙なしに読めたことがあまりないのですが、こちらの本は爽やかな涙というより、切ない涙。祈りという言葉に込められた思いを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

祈りの幕が下りる時

紙の本祈りの幕が下りる時

2017/09/25 22:46

大切な人を守るって

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分よりも大切に思える人がいるってことの強さと盲目さ
想いに向き合うことと事実を把握すること
夫婦と親子と恋人と仲間と
加賀さんだからこそ紬ぎだせた糸がいろんな事実と思いをつなぎ合わせていくさまが
素晴らしく、映画化されたことも納得の仕上がりです。
当時出演者の方に苦手な方がいてみていなかったのですが、映画も見てみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

花咲舞が黙ってない

紙の本花咲舞が黙ってない

2017/09/25 22:34

あの人が・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は本当に花咲舞が黙ってないのタイトル通りの働きっぷり
前作が単純なはねっかえり、銀行の行員を守るための正義感だったものが
銀行としてあるべき姿に重点をおいたもっとおっきなものに立ち向かおうとする
舞の奮闘ぶりがなかなかです。そのかわり、簡単に解決することばかりではなくなってきます。フラストレーションもためつつそれでも負けない。そういう姿に目を奪われているとふとあの人物が登場。まずはこちらから読んで銀翼へ行くのがいいのでしょう。
銀翼は既読でしたが、これを読んだ後また読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

翼をください FREEDOM IN THE SKY 下

泣くよね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もうさ、涙腺弱いのよ。そしてマハさんの本で涙なくして読んだものってあるかな?ってことで、今回も泣かされました。人を好きになる時の少し傲慢な気持ちとか、人を愛するときのあったかい気遣いとか、自分の中に湧き上がる気持ちにあらがえないこととか、気持ちが通じたと感じられる時、道を歩ききったと感じられる時の充実感とか・・・そういうひとつひとつに一緒に気持ちがゆれ、むっとし、泣くという。まぁ映画とか漫画とか目に見える形で与えられるものも感動はするけれど、小説って本当すごい。と思ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

翼をください FREEDOM IN THE SKY 上

予想外

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらすじだけ見たときあんまりぴんとこなくて、今まで避けてきました。
もうほぼ読んだ、他にない・・・となってやっと購入
でも、やっぱマハさんの書くものにはずれなしといいましょうか
まさか、女性パイロットの話でここまでぐいぐい引き込まれるとは思いもせず。
現代の新聞記者と過去の女性パイロットの話が交差するというよりはほぼパイロットのお話なんです。どのシーンでもそこに現れる人の描写がとても血が通っていて、私にはとうていできない心遣いというか、目線。でもその目線があたたかいことはわかるというそういう本です。アインシュタインがお茶目に登場するのもいい。そして話の舞台はアメリカから日本へ。続きを急がずにはいられないんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風のマジム

紙の本風のマジム

2016/12/03 20:20

いい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかく頑張るマジムとばあちゃんが最高
そして彼女をとりまく環境、島そのものだったり、人だったり、仕事だったり
そのすべてがドラマチックです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独立記念日

紙の本独立記念日

2016/12/03 20:18

なるほど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自由になりたいなら、独立しないとね。納得

幾つかドラマにしてみたいなぁと感じた
バーバーみらい お宿かみわら ひなたを歩こう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一分間だけ

紙の本一分間だけ

2016/12/03 20:12

ひたれました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この前に独立記念日を読んでいたので一章目を読んで、ああ、短編なのね。と思って次へ進むと時間が過去に移り、長編だと認識。犬を飼う人の犬への愛情の注ぎ方は人それぞれだけど、かなり自分本位な主人公のエゴもしっかり描きつつ、弱さも強さも、ひねくれも、ほんとつっぱって生きてきちゃった私にはまさにな表現が多かった。そして恋愛偏差値の低い私には最後の抱擁の意味をどう解釈したらいいのかと今でもわかりませんが、それでも余韻が凄くて、本の世界にというか、本の持つ雰囲気にひたひたとひたってしまった感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロードムービー

紙の本ロードムービー

2016/11/03 23:06

読み続けてきたから感慨深いみたいな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までの小説で登場した人物のその後やそれ以前の話の短編集 個人的に一番好きなスロウハイツのその後はぐっときた。松永君の物語もほろっとするし、天才におとずれた青春も素敵だ。つながっていくということをあとがき?で浅井リョウさんがかかれていた。あとがきを読むとまた頭が整理されてすっきり。読み終わった後の余韻が心地よい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本日は、お日柄もよく

紙の本本日は、お日柄もよく

2016/10/24 20:25

はまったきっかけ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんかめでたい表紙とおすすめPOPにうながされ、久しぶりに本を買ってみた。それが、どーんとはまった。すごく単純な話といえばそれまでだけど、くさくないとはいわないけど、そうか王道だからいいのかな。と読んだ後すがすがしくなるくらいのひきこまれようでした。
そんなに肩ひじ張らずに少し時間つぶしたいんだよね。飛行機の中とかさ。っていう方にとりあえず買うならこれおすすめです。素直にうれしく、素直に悔しく、素直にすっきりするそういう本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

22 件中 1 件~ 15 件を表示