サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うむうむさんのレビュー一覧

うむうむさんのレビュー一覧

投稿者:うむうむ

271 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

色の名前事典507 JIS規格の269色を含む日本の色、世界の色、507色の由来、おもしろ話、色データ

見やすく使いやすい色名事典

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、数年おきに少しずつ改訂し、カバーデザインを新調して出版されています。
植物や風景などの写真とともに色名を紹介する本とは一線を画する本です。1ページを2段に分けて、1ページ2色ずつ、色見本と解説文で紹介されています。色見本は面積が広く、ページの端まであるので、色合わせにも便利です。全色同じ長さの文章で、色名の由来や蘊蓄的なことが解説されています。
整然と整理されたレイアウトで、見やすく使いやすい本です。色に興味がある人は、資料として持っていても損はない本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

薬草の博物誌 森野旧薬園と江戸の植物図譜

芸術のように美しい図譜

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半が、奈良県宇陀市大宇陀にある森野旧薬園と、森野家に伝わる植物図譜の紹介。
後半が、江戸時代の代表的な植物図譜の中から、薬草を中心に紹介。
写真の無かった時代に、手描きで植物を写し取った図譜は、芸術のように美しいと思います。本の装丁もいい感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しめかざり 新年の願いを結ぶかたち

しめ飾りに対する愛情一杯

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

朝日新聞のしめ飾り記事(2007/12/18)や福音館書店の絵本『しめかざり』(2010刊)が良かったので、この著者のしめ飾りの図鑑的な本が出たら買おうと思っていました。
20年に及ぶ著者の努力が結集した本で、装飾を外したしめ飾りが象る意匠の多様さと、そこに込められた意味や地域性がよく分かります。写真がきれいで、とても読みやすい文章です。しめ飾りに対する愛情一杯で、とても良い本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すし図鑑

紙の本すし図鑑

2017/11/14 12:50

グルメ本とは一線を画する図鑑

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、凡庸なグルメ本ではありません。高級ネタから庶民的なネタまで幅広く取り上げた、すしネタの「図鑑」です。
基本的には一つのネタ(魚)1ページで、握り寿司の写真、さばく前の魚の写真、魚とネタの解説で構成されています(一部、複数ページを割いているネタ、1ページに二種載せているネタあり)。解説は、うんちく的な話も多く、ためになります。
解説の中で、高度成長期の乱開発で良質な漁場が奪われたことや、近年の脂志向(脂の乗った物志向)を嘆いておられる文章がちょくちょく登場するところに、魚に対する愛情が感じられます。
すし好き、魚好きだけでなく、図鑑好きの人も満足できる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハエトリグモハンドブック

紙の本ハエトリグモハンドブック

2017/08/08 17:43

クモのビジュアル本としても魅力あり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハエトリグモにこんなにも種類があるとは知りませんでした。
特にハエトリグモに興味があったわけではありませんが、書店で手に取って見て、一目で気に入りました。一つの事物に焦点を絞って専門的に深堀りした本は、魅力があります。
全て白い背景で撮影された写真も、図鑑らしくて綺麗です。クモのビジュアル本としても魅力があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銭湯遺産

紙の本銭湯遺産

2017/03/31 22:37

文化遺産として後世に残して欲しい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

銭湯研究の第一人者・町田忍さんが長年かけて巡った銭湯の写真集。昭和時代の銭湯が、いかにこだわりを持って作られているかがよく分かります。今は廃業いている銭湯が多いようですが、文化遺産として後世に残して欲しいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あんこの本 何度でも食べたい。

京阪神のお店が、いい味わい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

京阪神エルマガジン社の本なので京阪神のお店が中心です。東京の大手出版社の出すこの手の本は、たいがい東京の有名店が中心なので、京阪神の店中心のこの本は新鮮に感じます。
どの店の商品も、ほんと美味しそう。「立ったままの方がラクですねん」と立ったまま取材に応じたご主人の写真など、東京とは違う雰囲気が醸し出されていて、いい味です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の女性風俗史

紙の本日本の女性風俗史

2016/11/15 19:06

実際に人が身に着けた写真で

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

古代から現代び至るまでの日本の女性風俗が、実際に人が身に着けた写真で紹介されています。京都美容文化クラブ編『日本の髪型』と合わせて読みたい本です。
大型本にして5千円以上してもおかしくない本が、手頃なサイズと価格で提供されているのは良心的。資料価値が高く、絶対に絶版になってはいけない本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きらめく甲虫

紙の本きらめく甲虫

2016/11/11 20:55

こんなにもきれいな甲虫がいるのかと感動

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世界各地のきれいな甲虫を、原寸大写真と簡潔な解説で紹介された図鑑。シンプルな白地誌面に配された甲虫の写真が映え、こんなにもきれいな甲虫がいるのかと感動します。いい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本のカモ識別図鑑 決定版 日本産カモの全羽衣をイラストと写真で詳述

写真と絵がとても綺麗

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本のカモだけで、こんなに立派な図鑑になるの?と驚きです。同じカモでも、時期によって羽根の色や模様が変わるのですね。
カモウオッチングが趣味なわけではありませんが、写真と絵がとても綺麗なので、見て楽しむ図鑑として購入しました。携帯することも考慮して、本のサイズが小さめなので、その割に値段が高いという印象もありますが、中身の充実度を見れば決して高くないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昭和のお菓子 あの素晴らしい味をもう一度 ひと口食べれば懐かしいあの頃へタイムスリップ

昭和時代の懐かしいお菓子が満載

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昭和時代の懐かしいお菓子が満載です。「これ、子供のころ食べた、食べた」と懐かしい気持ちになります。
何十年と販売されているロングセラーが多いことに驚く一方で、終売になっているお菓子を復活して欲しいという気持ちも湧いてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄道唱歌 明治33年の汽笛一声から

懐かしい情景が目に浮かんでくるよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

明治時代に作られた「鉄道唱歌」が、東海道線に始まり、日本全国こんなに沢山あるとは知りませんでした。昭和初期の「新鉄道唱歌」、戦後の「僕は特急の機関士で」も載っています。
テーマパークや高層ビル群ではなく、昔からある名所・名勝や名物が歌われていて、懐かしい情景が目に浮かんでくるようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鯉のぼり図鑑 おもしろそうにおよいでる

鯉のぼりのことがよく分かる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鯉のぼりの歴史、江戸期から平成期までの鯉のぼり図鑑、鯉のぼりが出来るまで、日本鯉のぼり協会加盟14社の紹介といった内容です。鯉のぼりのことがよく分かります。
鯉のぼりに関東風と関西風があるって、初めて知りました。近年は、町中にマンションが増え、少子化もあって、鯉のぼりがあまり見られなくなってきたのは寂しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月刊 かがくのとも 2018年 04月号 [雑誌]

スズメが暮らしていける環境がいつまでも残って欲しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

町の中で、スズメが巣をつくり、卵を産み育て、やがて子スズメが旅立つまでが描かれています。親スズメが、子スズメが巣の中でした糞をくちばしで外に捨て、巣をきれいに保っているなんて初めて知りました。
町の中のスズメが減っているようですが、町中でもスズメが暮らしていける環境がいつまでも残って欲しいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月刊 かがくのとも 2018年 03月号 [雑誌]

大人でも勉強になりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鉄のコイルを運ぶ貨物船の一日が描かれています。途中、ちょっと冷やりとする場面もあって、最後まで楽しく読めます。油絵風タッチの絵も味わいがあって良いと思います。
今まで知らなかった世界を覗くことができて、大人でも勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

271 件中 1 件~ 15 件を表示