サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 金柑露さんのレビュー一覧

金柑露さんのレビュー一覧

投稿者:金柑露

89 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

愛らしいお直し ダーニングで大好きな服がよみがえる

簡単、便利!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少しお高い靴下を買ったのに、穴が空いてしまい、なんとかして捨てずに直したいと思っていた時に見つけた本。
ダーニングマッシュルーム、カラフルな糸10種類、糸通しまでついてるのですぐに試すことができます。編み物、縫い物が苦手な人でも大丈夫、逆にヘタウマなのが味が出る…なるほど、やってみるとわかります。自分の大切な服や小物がこれで蘇るなら愛着もわいて、次はどれを直そうかとわくわくできる本でした。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3月のライオン 14 March comes in like a lion (YOUNG ANIMAL COMICS)

ハチクロファンにも嬉しい14巻

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マニーちゃん、可愛い!!14巻、すごく面白かった!

前半は野口先輩と零くんの、あかりさんを巡る島田さんと林田先生バトル?を画策の巻の話がメイン。私としては島田さんとあかりさん推しですけど。映画で佐々木蔵之介さんが演じたからか似せてる…と思いましたが、今じゃ昔登場した島田さんより、髪の毛の量も普通ではないですか!あかりさんといると大人の男性な雰囲気出してるし、お?これはもしかして。そうだ島田さんの胃痛を癒してくれる女神はあかりさんしかいない!野口先輩本当お父さん目線??本当の歳忘れます。あの紛らわしい髭で…!

そして後半の職業団体戦と橋高文化祭の話では、あの!ハチクロの藤原デザインのメンバーが出て橋校先生方と対戦。隈倉健吾に夢中なマリオとルイジ社長、相変わらず美和子さんにおもちゃにされてる山崎…。真山の柄シャツ(トーン)も変わってない!それぞれの相手の女性のことも描いていて、懐かしかった。
最後は高1の皮をかぶったまさかの小学生の、ひなちゃんにもとうとう変化が!?気づいたかな、自分のほんとの気持ち。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

福家堂本舗 2−1 (マーガレットコミックス)

早く続きが読みたい一冊

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は福屋堂本舗の18代目女将となった、あられの娘ふぶき(ネーミングセンスも引き継がれてるのが笑える)の話。なるほど、読んでいるとあられにも似てるけどおばあちゃんにもよう似てるのがよくわかる。
前作の雛、あられ、ハナ時代の話も大好きでしたが、今回も伝統、いけずの街京都がよく描かれています。
遊知さんの作品はずっと読んできたけれど、話の作り方がいつも面白い。特にこの福屋堂本舗の話は1本スッと筋が通っていて気持ちが良く、読みがいのある作品だと思う。
これからどんな困難があっても一筋の光で突破しそうなふぶきが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

野口光の、ダーニングでリペアメイク

お気に入りの服が可愛く直せる!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ダーニングマッシュルーム付きの野口光さんの本を買って以来、靴下のダーニングばかりしていました。先日、お気に入りでよく履いていたジーンズの膝が破けてしまい、どうにかならないかなと悩んでいたところ、デニムにダーニングのページを見つけ、これは試してみる価値あり!と本を見ながら挑戦。デニムは1番ダーニングが合うという野口さんの言葉通り、あら可愛い!という仕上がりに。新しいジーンズを買わずに大切に履けるのがとても嬉しいです。ひとつひとつ、ダメージの原因と使った糸の説明などがあるので、参考になります。
穴を見つけてはガッカリしてたのに、今では穴!引っかけ!どの色の糸でダーニングしようかな?とワクワクします。
外出先でも穴が空いたセーターや、デニムを見かけるとゴマシオからの、こうしてこうやって…と縫い方を考えるほど。丁寧にきちんとすることも無く、逆に歪んだラインが味が出て可愛いダーニング、わかりやすい写真と説明で楽しめる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月のこよみ 2018 365日の月の満ち欠けがわかる

来年、すぐに

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんと来年2日目に…!っていう情報が早くもわかってしまいました。専門の方々は知っていることだとは思いますが、月は何となく見て今日は綺麗だな〜くらいの私には興奮する情報でした。相変わらず見やすくて、表紙、扉絵の版画イラストも可愛らしく、表紙の紙質も好みです。装丁が良いってことです。
月のそばにある星なども図解でわかるので季節ごとの空がわかりやすくて良いですし、内容が濃くなってきているこの本は毎年楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3月のライオン 13 March comes in like a lion (YOUNG ANIMAL COMICS)

二階堂物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あかりさんの孤独とせつなさ、林田先生、島田さんの三角関係…?が静かに始まり(林田先生は悶々としてましたが)島田さんとあかりさんに期待してたけどそんな簡単にはいきませんね。最終話の香子と後藤さんの話も切なかった。
そして、本当すごかった。二階堂の気迫と熱気、それに引き込まれた感じ。倒れるまでを一気に読んでた。勢いのある巻でした。それぞれの棋士の目線からの話もよかった。滑川さん面白すぎ。あと、田中さんは前巻からまだスミスの心に語りかけてるのね。
なんとなくだけど、絵柄が変わった?っていうところが…ところどころ。気にしすぎですかね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スウィート・ヒアアフター

紙の本スウィート・ヒアアフター

2017/08/06 06:54

好きな本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぜこんなにもばななさんの言葉はスッと心に入るのか、本当に不思議。
読み終わってもう一度読みたくなる本だった。どの文章もその情景が浮かんでくるし、必ず読んでいて胸を締め付けられるような場面があって涙がこみ上げてくる。若い頃だったら死についてなど深く考えなかったかもしれない。歳を重ねてから読んで、親しい人の死や遺された人のことを思ったり、これからのことを考えたり、思い出したり(お盆も近いし)余計に心に沁み入ったのか。小夜子さんを見守る周りの人たちの話もよかった。
文庫版のあとがきに京都を舞台にした訳が書かれていたが、私が幼い頃から感じていた京都の日中間と夕闇から夜にかけての空気感についての思いがまるで同じで、おまけがついていたかの様にうれしく思いました。
文庫版で厚みもいつもより薄いのに、中身が濃くて、ばななワールドの言葉に魅了されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つなぐ鞠

紙の本つなぐ鞠

2019/06/23 00:35

つなぐ鞠の意味

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ようやく祝言かと思った矢先、次々と起こる出来事に引き込まれていく。この作者は男性が主人公より女性が主人公の方が良いと思う。
今まで身分違いだからとか、涼太の嫁取りだとか、律にも佐久さんたちの良かれと思っての少々お節介な世話事に振り回されてバタバタ、悩んでうじうじしていたのが、結納が決まるとしっかりとし始めていて、香ちゃんの義母による意地悪な発言にも逆に怒って立ち向かう姿はよく言った!りっちゃん!でした。そしてまたも事件!祝言当日に事件とか、知野さん、5冊目!もういい加減幸せにしてあげて!広瀬さんなんて早!早いな!というほどだったのに。香ちゃんにも良い知らせが来たりしてるのに!もしや涼太さんとりっちゃんが幸せになったら終わりなのかな…。
結納の時に用意された饅頭の焼印は慶太郎が入れたのは泣けますね。
第2章と第3章が少し切なくて、第4章でタイトルのつなぐ鞠の意味がなるほど、そうかな?と思ってた意味とつながる。律のひたむきな仕事の姿勢と人格に胸打つ一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロマンシエ

紙の本ロマンシエ

2019/02/28 23:58

面白かった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙から、サヴィニャックで、原田マハでなら買うでしょ!舞台はパリ、乙女な美・男子、美智之輔が夢と恋に全力疾走…。
何回も、あれ?原田マハ?だよね?と確認して読みました。原田マハさんどんな顔で書いてたのかしら。絶対ニヤニヤしてそうで、暴れ鮫シリーズの文章なんか特に。そしてキャスト皆が魅力的。我が道をひたすら歩む人たち。すごく楽しかった。このリトグラフ工房に行ってみたいと誰もが思うはず。執筆するのに原田マハさん自身もそこで書かれたとか。
見てみないと書けない描写ってあると思うけれど、さすがです。
小説とリンクして開催されたリトグラフ展があったそうですね。こういう展覧会も面白そう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深夜のダメ恋図鑑 4 (プチコミックフラワーコミックスα)

勘違い最強ダメンズ諒くん再登場

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初にアラマッケンジーにウケました。こういう人、いたので思い出して、にやにや。
毒舌キャラの円…相変わらずスッキリするけど、こういう女性にはなんか面倒な男が寄ってくるもんですね。佐和子もそうですが。母性を求めすぎなのか?Mなのか?
ダメンズ諒くんと別れたからもう終わりかと思いきや、本当にクソダメンズっぷりをまた見せてくれて、情けないやら呆れるやら。まだ自分の女扱い、復縁できると思ってるところが怖い。イラッとするんだけどクソダメンズっぷりもまだ見たい…気も。そして新登場の正論かざしてドヤ顔市来と諒くんが友達という設定。類友か…。面倒くさい男同士。しかしそのレベルも諒くんがかなり上。
田舎のオッサン達のあるあるも描かれていてそういう事言うオッサン、いるわー。ある一定の世代で、先日も似たこと言って叩かれていた議員いたなと思い出し。それも佐和子さん、笑える対応してましたね。さて、ドラマ化になるそうですが、これはマンガだから面白いのに、何しやーがる!って気もします。。
あとがきの尾崎さんのコメントがまた面白いです。確かに今回佐和子の下ネタ意外でした。千代ちゃんだけが平和かも。色々乗り越えて一応幸せ??そうなんで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

獣医者正宗捕物帳 1之巻 (flowersフラワーコミックスα)

面白い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シャーロックホームズ 名探偵ポワロ などが好きな人にはオススメです。元ネタはそこからなので。
あとがきのジェレミーブレッドのホームズとポワロはよく似てました。
逢坂みえこ さんの描く線がシンプルで良いです。人物、動物も可愛くて魅力的。正宗に振り回される佐助も可愛い。上手いです。今のSMSを江戸風にしているのも面白い。インスタを印素多 にしてたり。ら印、戸板とか。戸板炎上は字の通り、燃えちゃうんだけど。きっと漢字にする時楽しかったんだろうなぁと思いました。逢坂みえこさんオリジナルのも読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひかりの暦

紙の本ひかりの暦

2016/11/27 19:22

大切な本の1冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

二十四節気にも興味があり、四季を感じる日本も好きだし石井ゆかりさんの文章を読んでみたかったし、松尾たいこさんの絵が好き。
全てが揃ったこの本を見つけて手に入れた時は心が満たされました。松尾たいこさんの色使いは素敵です。途中から読んでもいいし、読み方は自由で大切な本の1冊になりました。
二十四節気のことは、手紙の書き出しにも使える!と思って読んでます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月のこよみ 2019 365日の月の満ち欠けがわかる

丁寧な装丁

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

下弦て?上弦て?お月さんの近くのあの星座は…?などふと夜空を見上げた時に思ったことを今はネットやアプリですぐわかるけれど、調べて、ふーん、そうなんだ!と理解したい、そんな人におすすめかと…。ゆっくりとした時間が過ごせるような楽しめる本だと思います。
2019年の月ニュースや二十四節気と七十二侯なども載っていて手紙を書く時にも使えそうで便利。
今月のミニコラムは毎月楽しみです。各月の扉絵もカラフルで、来年もベージをめくるのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女少年学級団 9 (マーガレットコミックス)

ようやく完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

そういえばどうなったんだっけ、と発売されてから思い出したのですが、夢に向かって努力する遥と同級生たち、それぞれの進路、遥の挫折、健兄との別れと再会。そして遥の夢の復活、昔からのもう1つの夢、健兄のお嫁さん…!ストーリーとしては早っ!という感じでこの最終巻にまとめてきたなという感じですが、少し大人びた遥たちが読めます。続きも読みたくなりますが(渡にお義姉さんと呼ばせる時が来るとして、悔しがりそうな渡の顔も見てみたい)これはこれで、良かったと思える巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巡る桜

紙の本巡る桜

2018/07/22 08:49

タイトル通り!巡る桜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

想い合う2人のもどかしさが相変わらず…でしたが、涼太や律の仕事に対する愛情もわかる一冊。涼太が店のことや丁稚の世話をしっかりしているから律との仲を認めて協力的なのかなとも思いました。周りにあんなバレバレなのに、さっさと言えばいいのに、女性陣は呆れますよね、やっぱり。
律も律で基次郎さんの件を周りに言わないからと思っていたら、律キレた!世話好きの佐久夫婦にはあれくらいはっきり言わないとまた言われてしまうでしょうね。律のことを想えばこそなんでしょうが。
ハッキリ物が言えない兄にありがちなしっかり者の少しでしゃばりな妹、香も嫁ぎ先から2人の様子を伺いにやってきて、周りに支えられている2人。

律の似面絵がまた活躍してますが、そんなにその場でサラサラ描いて似るものなのか…。それで人が捕まるくらいだから似てるんでしょうけど、もっと自信持ってもいいのに律も恋愛となると引っ込み思案でそこがその時代の女性の考え方なんでしょうが。

一人前と思いつつもまだまだ半人前だと律を厳しく見つめる池見屋の類も変わらず。律を慕う千恵、律のために律のお父さんが描いた着物を千恵に着せた雪永さん、律の恋敵、綾乃は今回少し意地悪ですが、涼太を想えば、仕方なし。4冊目でようやく涼太もハッキリと女将さんと律に言えたので、次には2人、幸せになってもらいたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

89 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。