サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ガーベラカモミールさんのレビュー一覧

ガーベラカモミールさんのレビュー一覧

投稿者:ガーベラカモミール

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本雪原の月影

2017/03/31 15:11

惹き込まれた

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白かった。ここまでリアリティーのある貧乏なBL小説もなかなか無いのではないかと。困難な状況である程、人の真価が問われる。寒さ、空腹、貧乏、閉鎖された辺境で国境の地。思い浮かべただけで辛い。日々の生活を続けることで精一杯な中、人の心は疲弊していく。国、領民、近所、どの視点からかによって、理想や不平不満は異なる。だから解決するまでややこしい。温かな未来は遙か遠くに感じる。様々な暗く重い背景にも関わらず、この話は全然暗く無い。なぜなら、希望の光があるからだ。その光は、主人公だったり、そのパートナーだったり、領民の心や生活の糧になる周りのものだったり。これからもっと出て来そうだ。今は小さな灯が、この先どの様になっていくのか楽しみでならない。本を読んで心踊る感覚は、いつでもいくつになっても嬉しいものなのだなぁと再認識。奇跡の一作に感謝!早く続編が出ないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。