サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. chartreuxさんのレビュー一覧

chartreuxさんのレビュー一覧

投稿者:chartreux

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本プラハの墓地

2017/05/23 16:26

ユダヤ人の暗黒歴史がこんなに面白くてええんか!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たしか、ウンベルトエコー最後の作品となった本作。
表紙もおどろおどろしいし、なんだか
暗い怪談めいた話かと思うような題名にもかかわらず、
むちゃむちゃ面白いねん。これが!

もう読みだしたら止まらない。世界史に出てくるような有名人の実名もバンバン
出てくるし、怪しげな人間の魑魅魍魎としたヨーロッパの暗黒歴史がこんなにも
躍動感溢れていて、ある意味、人間臭い悪臭を放ちながら、一方でドキドキする
サスペンスとドラマ。

特にロシアが絡む「シオン賢者の議定書」に関しては、ほぼ史実に
基づいているというのだから、おまけにすごく勉強になる。こんなすごい小説を最後に
残してこの世を去ったのだから、彼は思い残すことはないんちゃうかな?とすら
思いたくもなるわな。

そして、一番強烈に悪辣な描写でユダヤ人をこき下ろすところが、
なんだかやっぱり、ヨーロッパの人間って心の底でこういう風に連中のことを
思ってたのか~と、そういうところが正直日本人として参考になってん。
ユダヤ陰謀説などがいまだにあるけど、まさにその発端がもしこういう歴史に
あるとしたら、侮れないもんだありまっせ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本噓だらけの日露近現代史

2017/05/23 16:33

元気をもらった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中国はともかく、ロシアのことについては実際に現地に行っていろいろ見聞きした
自分だからこそ、なるほどな~と納得いくところがあって面白かったわ。

まあ、どちらもユーラシア大陸で最大級の面積を誇るだけに、なんかメンツを
保ちたいんやろうなというのはわかるけど、ロシアの方がなかなかどうして
歴史に関してずる賢く立ち回ってるのは、たしかにそうやわな。

でも、それが裏目に出て、ほんまに賢いロシアの子供たちは
教科書とか大人のいうことなんて、まず信じてないと思うけどな。
ロシア人の懐疑的な精神というか、他人をそう簡単に信じない心理からいくと
本当に頭のいい人間は教科書から学んだりはしないし、もっと自分で
高度な知識を身に着けて、物事を分析的に見ていくと思うから、
倉山さんが思ってはる以上に凄い連中もいるかもしれない。

ただ、この中国・ロシアを相手にまともにやりあっていくために日本人も
最低限このくらいの情報は入れておくのが有利にちがいないわな、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示