サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. amanzaさんのレビュー一覧

amanzaさんのレビュー一覧

投稿者:amanza

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

紙の本三酔人経綸問答

2017/10/15 02:38

紳士君と豪傑君と、時々、南海先生。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中江兆民(1847~1901)が生きた19世紀後半、世界は帝国主義の時代であり、西洋の大国にいかに対応するかが日本でも喫緊の課題となっていた。そんな中、1887年に『三酔人経綸問答』は書かれた。

 本書は、本のタイトル通り三人の酔っ払いが、経綸(ヴィジョン)を披露し、問答したものを整理したものである。まず、南海先生が紳士君と名付けた者が自分の経綸を述べ、次に豪傑君が、そして最後に南海先生が二人の経綸に意見するといった具合である。詳しい内容は読んでいただくとして、南海先生は一見相対立するようにみえる二人の主張に共通する急進性を指摘し、政治の漸進的な進歩を訴える。その内容はごく平凡なものであり、二人に笑われるのだが、この平凡な経綸に急進的な解決法がもたらす弊害を冷静に分析していた兆民の哲学者としての信念をうかがうことができるだろう。

 読み進めるうえで感じたのは、J・S・ミルとの共通性である。兆民はルソーの『社会契約論』の漢訳で知られているが、本書でミルに何度か言及しているように、ミルの影響も少なからずあっただろう。ミルは『自由論』において、議論の必要性を訴えたが、兆民も問答という形式で訴えようとしているのは議論の必要性であり、どの意見として完全な真理を含んでいるとは言えないという点でミルと一致していると思われる。実際、三人の経綸のどれもが一部真理を含んでいるし、それを意図して書かれているだろう。また、漸進的な政治観という点でも、ミルが「制度というものは、国民の程度の高い低いにちょうどつりあっているのがよろしい」(p60)という主張を、紳士君を通じて導入しており、これは次の南海先生自身の言葉と通ずる所があるだろう。

  「政治の本質とは何か。国民の意向にそい、国民の知識にみあった制度を採用し、国民が安らかに暮らし、幸福を得られるようにする、これです。もし国民の意向にそわず、知識にみあわない制度をいきなり採用するなら、安らかな暮らしも、幸福も得られません。」(pp119-120)


 『三酔人経綸問答』は、「西洋の衝撃」にいかに対応するかについて、兆民が三酔人を通して考察したものであったが、そこでは国内政治、さらには国際政治の難しさを感じ取ることができる。現代は、兆民の時代よりも民主化は進んではいるものの、その方向性は多様であり、国際政治はより複雑になっていると言えよう。その中でわたしたちに求められているのは、山田博雄氏が解説で述べている通り、「自らの置かれた状況をできるだけ正確に把握した上で(「過慮」に陥ることなく)、読者の冷静で自由な想像力と、人間的感情と、持続する志」だろう。『三酔人経綸問答』は現代でもなお輝きを放っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。