サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. debdemeさんのレビュー一覧

debdemeさんのレビュー一覧

投稿者:debdeme

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

子どもの脳を傷つける親たち

紙の本子どもの脳を傷つける親たち

2019/01/14 15:13

子どもは許すことにおいて天才

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どものためだからと、ついつい怒ってしまったりすること、子どもは嫌がっているのに無理強いしていることも。日々の暮らしのなかで、あれはもしかして?と思い当たることが。ドキリとする一冊でした。この本を読まなかったら不適切な養育をし続けていたかも。しかし、「子どもは許すことにおいて天才」という言葉に救われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰も知らない「死刑」の舞台裏

紙の本誰も知らない「死刑」の舞台裏

2019/01/05 14:25

死刑制度があるならば

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨年夏、オウム真理教の死刑囚の死刑が執行されました。いままで死刑制度についてあまり考える機会もなく、考えようともしませんでした。でも、さすがにこのことは衝撃的でした。死刑制度がある以上、どのようなものなのかをもっと知るべきなのではないかと。それが社会の一員としての責任なのではないかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

教誨師

紙の本教誨師

2019/01/05 14:19

考えさせられます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

死刑制度がこの国に存在する以上、死刑制度について考え続けることが大切なのではないかと。それと同時に、そもそもなぜその犯罪が起きたのか?その犯罪の裏にある背景にも注目です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名画で読み解くイギリス王家12の物語

怖い絵展

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怖い絵展というのが開催されているようで、この本の表紙のポスターをよく目にしますした。何が怖い絵なのか、ずっと気になっていました。よくよくポスターを見てみると処刑シーンが描かれているのですね。どうして、このようなことが?と手にとった本がこの本です。背景にあるドロドロした人間関係を考えながら絵を鑑賞すると、臨場感を味わえそう。
また、なかなか頭にはいってこないイギリス王家のいざこざもすっと浸み込んでくるようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

モンテ・クリスト伯 改版 1

紙の本モンテ・クリスト伯 改版 1

2019/01/05 14:30

テレビドラマで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビドラマがおもしろくて、原作を読んでみようと思いました。話がいろいろ展開して、気がついたら本筋とは違う話も散らばっていたり、著者の独り言のようなくだりもあったり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無人島のサバイバル 生き残り作戦 (かがくるBOOK)

無人島0円生活

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年末のTV番組で無人島0円生活を観て、こんな生活も楽しそうだなと思いました。果たして、なにもない無人島で生活ができるのだろうか?無人島生活は難しそうだけれど、なにかあったときのための生活のヒントとしても役に立ちそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。