サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たあまるさんのレビュー一覧

たあまるさんのレビュー一覧

投稿者:たあまる

736 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本羊と鋼の森

2018/05/21 23:03

うっかりすると涙が出そうなくらい

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮下奈都『羊と鋼の森』を手したのは、話題になったからではなく、なんとなく表紙に惹かれたから。
読んでみると、調律師の物語でした。
タイトルは、ピアノのことなんですね。
音楽の素養がないので読みこなせたかどうかはあやしいのですが、読んで幸せな気持ちになれる本でした。
「本屋大賞」に選ばれるのも頷けます。
心に残ったフレーズ2つ。
 「才能っていうのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないか。」
 少女の弾くピアノの音色について、「ただ、やさしくて、美しくて、うっかりすると涙が出そうなくらい素直に胸に響く。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本たゆたえども沈まず

2020/07/14 22:25

研究者じゃないから

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

研究者じゃないから、
何が史実でどれがフィクションかわからない。
ゴッホファンじゃないから、
どの絵のことを言ってるのか、
あぼろげにしかわからない。
でも、物語は楽しめる。
兄弟の苦悩や哀しさやよろこびは、
実在の人物がどうであるかにかかわらず、
この物語の中では息づいている。
それを味わうには、
美術的知識がなくても、
史実に疎くても、大丈夫。
そう、小説を楽しむ、その姿勢さえあれば。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本焼けあとのちかい

2020/03/16 07:22

この世に「絶対」はない、が、……

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

近現代史に詳しく、著書も発言も多い半藤一利の、初の絵本です。
自身の東京大空襲の体験が中心ですが、
戦前・戦時下の東京下町のくらしが丁寧に語られ、
空襲に至る道筋がよく分かるようになっています。

空襲を何とか生きのびた著者が得た教訓は、
「この世に「絶対」はない」ということ。
その筆者が、あえて「絶対」という言葉をつかって伝えたいこと、
それが書かれています。

歴史には詳しい著者だけに、内容がしっかりしています。
たとえば、猛獣処分のことは、
戦争が始まって変わっていった世相の説明の部分に、
英語禁止や犬猫の処分と並列して書かれてあります。
不要な説明はなく「動物園のライオンやゾウ、クマやトラなどは殺されました。」と書いてあるだけです。
空襲の始まりよりも、4場面も前のことです。
このあたりの記述は、当時を体験し、
しかも反省的に歴史を研究している人ならではの確かさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本海の見える理髪店

2019/06/28 23:19

お風呂で読んで、よかった

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「海の見える理髪店」。
題名を見ただけで、なんだか気持ちよさそうな、青を基調とした風景が目に浮かぶ。
のんびり、ゆったりできそうな。
でも、読んでみると、そんなのんきなことばかり言っていられない。
大きな大きな失敗をしてしまった人生。
ふりかえりたくない、直視したくない過去がある人生。
しんどい現実が目の前にあり、ちょっとうれしくなる過去がよみがえる。
無力で小さな、本来守られるべき存在が、ちっとも大切にされない現実のつらさ。
「時計が刻む時間はひとつじゃない。この世にはいろいろな別々の時間がある。」
さいごの「成人式」にやられた。
こんな作品を読んでる自分の顔を、ひとには見せられない。
途中までもそうだけど、後半のドタバタになっても、こみあげるものは変わらない。
郁美ちゃんと仲間達のふるまいが泣かせるじゃないか。
お風呂で半身浴しながら読んだのが正解。
だれにも顔を見られないし、すぐ顔を洗えるしね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本楽園のカンヴァス

2018/05/05 23:36

「この絵の中に、君の友だちがいる。」

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大原美術館のシーンで始まり、ニューヨーク近代美術館で終わる物語。
 「美術ミステリー」とされているけど、殺人や犯罪は出てきません。絵画のナゾを追う話です。アンリ・ルソーの作品がいわば主人公なんですが、読んでる間、その絵を一度も見ませんでした。それでも、この物語を十二分に楽しめました。あるいは、見ない方が想像をふくらませられてよかったのかもしれません。
 美術作品に接するにあたって、主人公の一人、織絵の父の言葉が心に残ります。
「この絵の中に、君の友だちがいる。そう思って見ればいい。それが君にとっての名作だ。」
 たとえば「10億円もらったら何に使いますか」みたいな問いにはうまく答えられません。海外旅行には行きたくないし、車はいらないし、広い家は管理が大変そうだし、美酒も美食もそんなに入らないし……。
 でも、原田マハの本を読んでいて、ひとつ思いつきました。大人気の美術展を一日貸し切りにして、独占で楽しむ。これはどうでしょう。
 印象派をはじめとして、最近の日本の美術展っていつも混んでいるイメージがあります。平日だって混んでます。マイペースで静かにゆっくり見られたら、いいだろうなあ。いくらぐらいかかるのかなあ。お金を積んでも、そういうのは公立美術館では無理なのかなあ。それに、金にモノを言わせてそんなことするのは下品かなあ。でもそれを言うなら、名画が高額になるのも下品だよね。悩むところだ。まあ、そんな大金、だれもくれないからいいけどさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本また、桜の国で

2020/02/17 09:32

「真実を残す」という勝利

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ナチスドイツにまつわる話や、ホロコーストの本は、いろいろあるけど、
この本は、ポーランド。
分割されたとか、ドイツに侵略されたとか、
おぼろげで断片的な知識はあっても、具体的なイメージは出来ない国。
それが、実は日本との絆があった。
国家と民族の運命という大きなものを、
一人の青年の目から見ると、
味気ない歴史でなく、熱くて切ない物語になる。
戦争の醜さ恐ろしさ、非人間性が詳細に描かれ、
知らずにすませてはいけない世界が見えてくる。
大きな流れの中では無力な人間も、「真実を残す」という勝利なら得られる。
あとに続く者は、残された真実をしっかり受け止めて、生かさなければ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本危険なビーナス

2019/11/03 10:14

意外な犯人と、納得いく説明

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっぱり東野圭吾はおもしろい。
複雑な家族と行方不明の弟。
ただものではない魅力的な「弟の妻」。
相続を巡るあやしい一族。
ちょっと気になる職場のパートナー。
そして、さすが理系作家の東野圭吾だけあって、
脳医学だか精神医学だかが絡むし、数学も絡む。
あ、生物学もか。
意外な犯人と、納得いく説明がちゃんとある。
科学への賛美と、科学を盲信したり科学至上主義になったりへの警鐘も併存する。
やっぱり東野圭吾の作品は、読ませるなあ。
ひとつだけ文句を言えば、カーリーヘアの美女って
具体的にどんな女性を想像したらいいんだろう?
ちょっとわからん。
映像化したらどうなるのかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本へいわとせんそう

2019/07/14 19:43

子どもは子どもなりに 大人は大人なりに

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この絵本は、19センチ四方の正方形。
扉を開くと、見開きの画面になっています。
「へいわの~」と「せんそうの~」を対比する構成です。
次のページが「へいわのワタシ」と「せんそうのワタシ」。
こういう調子で、「チチ」「ハハ」「かぞく」「どうぐ」「ぎょうれつ」「き」 (樹木のことです)
「うみ」「まち」「よる」「くも」と続き、
「せんそうのくも」のページだけは、キノコ雲の白黒写真です。
そこでページ構成が変わり、左に文字だけで「みかたのかお」、
右は表紙と同じ顔のイラスト。
めくると、「てきのかお」。
ところが イラストはほぼ同じ顔(服の襟の形だけちがう)です。
続いて、見開き2ページにわたって朝日のイラスト。
「みかたのあさ」「てきのあさ」。
次の「みかたのあかちゃん」「てきのあかちゃん」は、左右同じイラスト。
これでおしまい。
裏表紙は、表紙の顔の後頭部のイラストです。
平和の姿、戦争の姿の対比。
でも、戦争をする者同士は、実は同じじゃないか、
何を殺し合うことがある?
子どもは子どもなりに
大人は大人なりに
感じて考えられる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本革命前夜

2020/06/15 10:39

最後まで読むと面白い

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

はじめのうちは、なかなかなじめなかった。
主人公の持っている音楽の世界に
なかなか入れなかった。
でも、音楽は横目で見つつ読み進めると、
だんだん作品世界になじんできた。
カタカナの人名にもなれてくるしね。
壁の崩壊、西と東の融合、という
歴史的な結節点を別の角度から見る。
青春の一つのあがきやもがきと重ね合わせて。
そういう面白さがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本字のないはがき

2019/06/16 15:34

現代の小学生にも寄り添える

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

向田邦子の名エッセイが、ついに絵本になった。
「字のない葉書」は、原作のエッセイそのものを、平和教育の教材に出来ないかなあと、考えていました。
でも、ちょっと小学生にはなじみにくいかな、と思っていました。
それが絵本になったらなんとかなるのではないか、と手に取ると、なんと……角田光代がリライトして、西加奈子が絵をつけてる!
これは現代の小学生にも寄り添える内容になっているだろう、と思って読むと、期待通りでした。
読後は、かわいそうだったね、家族の絆は大事だね、で終わるのではなく、そんな小さな子をかわいそうな目に遭わせたのはだれなのか、家族の絆を壊したり利用しようとしたのはだれなのか、というのをしっかり考えないと、この絵本の意味はなくなります。
大人が読んで感動して、子どもにもしっかり感じさせて考えさせたい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういうテーマが多くの人に読まれるのはいい

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鴻上尚史の『不死身の特攻兵』は、よく売れているようです。
こういうテーマが多くの人に読まれるのはいい。
タイトルはちょっと安直ではないかなと思うのですが、「外道の統率」とも言われる特攻という愚行を、美化しないでわかりやすく書いています。
つまり読んでいくと悲しくなるし、腹立たしくもなる本です。
上意下達のしくみが世の中にはびこると、どんなひどいことになるか、ということを「特攻」は教えてくれています。
なのに、いまでも上意下達がなんと多いことか。ああ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ジヴェルニーの食卓

2018/05/05 21:14

サラダが食べたくなる

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原田マハ『ジヴェルニーの食卓』は、アンリ・マティス、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、クロード・モネといった有名画家たちをモチーフに書いた4つの短篇です。
 いずれも、画家の近くに居た女性を主人公にしています。
 医者の待合室などで、少しずつ少しずつ読みました。
 読んでると、当然、この画家たちの絵を見たくなります。でも読んでる途中にはあえて見ないで、イメージだけにしました。
 表題作のモネの館の話を読んでいると、新鮮な野菜サラダが食べたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

その人自身が、犠牲に

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山本美香さんもそうだったが、
不幸な死が読書のきっかけになるのはかなしい。
けれど、今読まなければ、と思って読み返す。
アフガニスタンにおいて、日本人であることはプラスに働く、
という説明の後、
「他国への武力による介入をおこなわなかったことへの敬意」
という理由も挙げられている。
それは日本の安全保障上の大きな財産であった、と書かれている。
それが、9.11以降の日本の動きによって変わってきている、
いまや日本人であることで、妨害や攻撃の対象になりうる、
それに警鐘を鳴らしている。
この本の出版が2006年。
13年後に、警鐘を鳴らしたその人自身が、犠牲になってしまった。
警鐘を無視し続けた人びとの責任は重大だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

憂いは、ますます深くなりそう

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

軽い文体は、週刊誌のお気楽コラム風だが、着目点や問題指摘は鋭い。
資料の扱いもきちんとしているようだ。
昨今の「日本スゴイ」本のブームを憂えて書いた本だが、その憂いは、改元騒ぎやオリンピックやなんかで、ますます深くなりそうである。
「神国にっぽん」と謳われたころの本を笑って斬り捨ててゆくうちに、笑えない現代の風潮が見えてくる。
国家総動員体制と現在のブラック企業は通底する、とか80年前も日の丸掲揚キャンペーンがあったとか。
「日本人でスゴイ人がいる」ことは「日本人はスゴイ」とは、また別の話であるって、これぐらいの論理はきちんとわきまえようよ、っていうことですね。
そんなまちがいを、私たちのずっと上の世代はやっちゃった。
間違いをくり返したら、2回目の方が罪が重いよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本アンと青春

2019/06/18 21:03

食を愛し、食を楽しみ、食を大切にする

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

デパ地下に出店している和菓子屋でバイトしている梅本杏子(きょうこ)が主人公の『和菓子のアン』の続篇が『アンと青春』。
作者は坂木司。
ウィキペディアのこの人の紹介に「お仕事系日常の謎小説」とあるのは、言い得て妙。
自分に自信が持てないアン(杏子の「杏」の読み方を変えると「あん」)が、人にいろいろたずねて、悩みながらも、和菓子に絡む謎を解いていく話です。
アンのいいところはいろいろあるけど、いちばんは、食を愛し、食を楽しみ、食を大切にするところだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

736 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。