サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Buchiさんのレビュー一覧

Buchiさんのレビュー一覧

投稿者:Buchi

40 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

毎日毎日を好日だと捉え感じることの大切さ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

茶道について書かれているのに、現代社会でよりよく生きるためのヒントが散りばめられている本でした。
四季のなかで、私たちは生かされている。お茶を通して、いや本当はお茶を通してでなくても自然を体感することができる。
どんな日であろうと、毎日毎日を好日だと捉え感じることの大切さをこの本で教わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しゃばけ

紙の本しゃばけ

2018/09/13 12:01

ミステリ要素たっぷりで、妖の世界が覗ける時代小説。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミステリ要素たっぷりの時代小説。
舞台は江戸日本橋の大店。しかも数多の妖(あやかし)が登場してくるのですから、普段の江戸の生活を描いたものとは違います。妖しい世界も見せてくれるので、面白くないわけがありません。
虚弱な若旦那一太郎が主人公。妖である手代二人に育てられ、守られています。しかも、妖が見える一太郎には数多の妖や付喪神が周りに集まってきます。そして、一太郎を慕い大切に思っています。当の一太郎は体は弱いが人として芯の通った気概の持ち主で、問題や下手人に立ち向かっていく姿にとても好感が持てます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タルト・タタンの夢

紙の本タルト・タタンの夢

2018/09/13 11:57

ミステリも料理の美味しそうな描写も、どちらも楽しめる美味しい小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

住宅街にある小さなフレンチビストロで起こる小さな事件を寡黙なシェフがさらりと解決します。
登場する料理がどれもすごーく美味しそう。 殺人事件のような重いものではなく自分の身近にもありそうなミステリも、料理の美味しそうな描写も、どちらも味わえる美味しい小説。 シェフご自慢のヴァン・ショー(ホットワイン)は絶対に飲んでみたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

火星に住むつもりかい?

紙の本火星に住むつもりかい?

2018/09/10 19:39

"平和警察"に象徴される監視社会への警鐘

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

"平和警察"は現代の魔女狩りを繰り広げ、読んでいて気持ちが暗くなってきます。
しかしそこは伊坂の作品、ハラハラドキドキの展開も用意されていて最後まで読ませてくれます。
ラストはスッキリとハッピーエンドというわけではありません。「振り子が行ったり来たりするように、いつだって前の時代の反動が起きて、あっちへ行ったり、こっちへ来たりを繰り返すだけだよ」と作中にあるように、平和警察もあちら側からこちら側へと行ったり来たりするだけなのでしょうか?これからどうなるのでしょう、平和警察....

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜哭烏 長編時代小説書下ろし

紙の本夜哭烏 長編時代小説書下ろし

2018/09/07 08:21

火消しとしての矜持に胸を熱くする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一作目よりもさらに面白さが増しています!。
火消し本来の火事場での活躍もさることながら、本作では悪人を追及していくミステリ要素も加わって、さらに面白い作品となっています。悪の手口を解き明かし、悪と対峙していく展開はハリウッドの映画を観るような疾走感にあふれています。
そして登場人物たちの火消しとしての矜持に胸を熱くし、仲間との絆、家族愛にホロリとさせられます。
源吾と深雪との間に子供ができて、今後の源吾の活躍がさらに楽しみになりました。
時代物の枠を超えて誰でもが楽しめる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

火喰鳥 長編時代小説書下ろし

紙の本火喰鳥 長編時代小説書下ろし

2018/09/07 08:18

夢中になる時代物のシリーズの登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白い!またもや夢中になる時代物のシリーズができました。 勢いのある描写で火消し鳶の面々を描いていて、こちらの胸を熱くし、そしてホロリともさせてくれます。
いつの時代も火災と闘うファイヤーファイターという男達は真の勇者です。
武芸物などにありがちなクセもなく、時代物が苦手という人にもお勧めです楽しく読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バッタを倒しにアフリカへ

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/09/07 08:14

予想をはるかに上回るめちゃくちゃな面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バッタのコスプレ写真の表紙を見れば、単なる科学書ではないことは明白ですが、予想をはるかに上回るめちゃくちゃな面白さでした。
バッタの研究で食べていくんだという強い決意を持ったバッタ博士は、研究所の仲間にヤギの賄賂を贈ったり、ニコニコ動画フェスタに出演したり、なかなかの策士でもあります。
バッタの大発生による被害をくいとめるための研究への熱意のあらわれはこちらも泣けそうになります。 そして、どんな分野の学者でも象牙の塔に引きこもっていてはダメなんだということを再認識。活きた研究は現場に出ることなんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クマよ

紙の本クマよ

2018/09/07 08:07

あの大きなクマさえも小さくみえてしまう雄大な景色

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「いつかおまえに会いたかった」 本を開くと最初に出会うこの言葉に深く心を打たれました。
町の雑踏の中や電車の中にいる時、その同じ時に遠い遠い山を歩いている熊の姿が思い浮かび、会いたくてたまらなくなった星野さんがたどりついたのがアラスカでした。
あの大きなクマさえも小さくみえてしまう雄大な景色。この大自然の中で、堂々と生きているクマの姿。四季折々の移ろい。アラスカってすごいなぁと思う。
星野さんはもういないけれど、星野さんが残してくれたたくさんの写真と文章はいつまでも私たちに自然の尊さを語りかけてくれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三鬼 三島屋変調百物語四之続

紙の本三鬼 三島屋変調百物語四之続

2018/09/06 19:43

主人公の心境の変化が....

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このシリーズ、おどろおどろしい怪談話というよりも人情噺なのだと、読んでいていつも思うのです。宮部みゆきの心情そのまんまなんでしょうね。
そして、最初の頃と比べておちかが元気になったと感じ、嬉しくなりました。
最後の章の「おくらさま」では、"聞き捨て"の掟を破り、語り手のお婆さんを探し出して会いに行くなど、三島屋の奥に引きこもらない積極性も見え、今後おちかがどのような心境で生きていくのか楽しみとなりました。前向きな気持ちですごしていって欲しいと切に願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣き童子 三島屋変調百物語参之続

ただ怖ろしく恐いだけではありません

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ただ怖ろしく恐いだけではありません。 さすがの宮部みゆきさんです。
"小雪舞う日の怪談語り"ではホロリとさせられ、"まぐる笛"では お国訛りで語られて怪獣話が趣のある話になっていました。 "節季顔"では彼岸と此岸を行き来する商人が、単なる死の商人ではなく 人々の未練をつないで思いを成就していく良き商人と描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あんじゅう 三島屋変調百物語事続

日本漫画昔話みたいな怪談話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前の巻では人の情の怖さが際立っていましたが、この巻は少し趣が異なっています。
TVアニメの日本漫画昔話みたいな雰囲気なんです。
登場する物の怪に可愛らしさを覚えてしまうほどです。 それに著者一流の人情にあふれた描き方には あいもかわらず泣かされました。
新たな脇役達も増え、次作でも活躍してくれるかと思うと楽しみもひとしおです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おそろし 三島屋変調百物語事始

人情小説のような百物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題に百物語とありますが、蝋燭を百本立てて一本ずつ消していって最後に....なんておどろおどろしいものではなく、どちらかというと人情物のようなお話。
結末では、登場してきた人達(恐ろしいあるいは哀しい最後をとげて物の怪となった人達)が団結し、主人公助ける姿には心がほっとし、またホロリともさせられました。
続編があるということなので楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫の傀儡

紙の本猫の傀儡

2018/09/06 19:23

設定が素敵で奇抜...猫好きはニンマリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間が猫を傀儡として操るのではなく、猫が人間を操るなんて...設定が素敵で奇抜。
傀儡師のミスジ"(猫)も傀儡の時雨(人間)も推理力抜群で次々と難問を解決していきます。痛快、痛快! 登場してくる猫たちも多彩で、たいへん面白いです。
私はユキの可愛らしさにやられてしまいました。 猫好きにはお薦めの一冊です。 猫を飼ったことがある人ならだれでも、"自分も傀儡になっていたかも...”と思わずニンマリしちゃいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

浮世絵に見る江戸の食卓

紙の本浮世絵に見る江戸の食卓

2018/09/06 19:07

"1粒で2度"どころか3度も4度も美味しい本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

広重、北斎、国芳、豊国らの浮世絵で江戸の味を紹介してくれています。
"1粒で2度"どころか3度も4度も美味しい本です。
1. 江戸庶民の暮らしぶりを色鮮やかな浮世絵で活き活きと見ることができる 
2. 季節と強く結びついた江戸の食が伝わり、季節感あふれる食習慣の魅力にあらためて気づける 
3. 江戸時代の味を現代に受け継ぐ名店のガイドにもなっている 
4. レシピも載っているので自分で江戸時代の味に挑戦できる 
5. トリビアな薀蓄もたくさん

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スイス鉄道ものがたり

紙の本スイス鉄道ものがたり

2018/09/06 19:04

大人にも読みごたえ充分な鉄道絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「時刻表2万キロ』などの作品で鉄道紀行文や鉄道ファンの地位を高めてくれた鉄道ファンの神様みたいな宮脇さんが文を担当した科学絵本。絵は元国鉄マンの黒岩さんが描いています。
マッターホルンやモンテローザを眺めに鉄道でしか行けない町ツェルマットを一度訪れたことがあり、当時を思い出し少し興奮しながら読みました。
環境保全のために車よりも鉄道を優先させた施策をとるスイスは、日本やアメリカとはだいぶ異なる鉄道事情であることが覗えて興味深いです。
スイスの産業や歴史などにも少し触れられていて大人でも読み応えがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

40 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。