サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. モフモフモフさんのレビュー一覧

モフモフモフさんのレビュー一覧

投稿者:モフモフモフ

32 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

満願(新潮文庫)

電子書籍満願(新潮文庫)

2019/09/15 10:25

傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

濃厚な短編集。後味のわるい作品が多いが、読後の満足感が非常に高い。
特に印象に残ったのは「死人宿」。ラブレターの差出人を推理するミステリは読んだことがあるが…この物語はそれとは似て非なるもので、もっと深刻で悲愴な差出人探しだった。
表題作「満願」も最後の最後でゾッとさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

氷菓

電子書籍氷菓

2019/08/09 15:39

おもしろかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

評判通り、確かに名作だった。
折木奉太郎のキャラもいいし、推理をしていく過程も好みだ。
三十三年の真相が明らかになっていく部分は胸に響くものがあって、読み終わる頃にはすこし泣きそうになっていた。
氷菓という名前には、そういう意味があったのか…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ジェリーフィッシュは凍らない

電子書籍ジェリーフィッシュは凍らない

2019/06/30 19:23

これはおもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

SFを読みつけていないせいか、ジェリーフィッシュの原理?に関する細かい説明はあまり理解できず。
が、事件が起こりはじめてからはページをめくる手が止まらなくなった。これはおもしろい。読後の満足度も非常に高かった。
以下、ネタバレ含む
大掛かりでありながら、これほどきれいな叙述トリックはなかなかないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

硝子のハンマー

電子書籍硝子のハンマー

2019/06/23 09:04

これはおもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔テレビドラマ化されていたらしいが、その時は見ずにおわった記憶が。
前半部では主人公が仮説をたてては検証をくり返すのだが、それを単調に感じずに楽しむことができた。綿密なミステリだった。
後半はテイストがかわり、犯人側からの視点で事件の経緯が描かれる。この転調も効果的だ。
続編があるようなのでそれも読んでみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

煙か土か食い物

紙の本煙か土か食い物

2019/05/18 18:24

初の舞城王太郎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おもしろかったー。
改行のないスピード感と疾走感のある文章で、読んでいる方まで変なテンションになってくる。内容もぶっ飛んでいてバイオレンス度が高めだが、どこかさわやかささえ漂っている。
こんな不思議な作品と出会えたこと自体がうれしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キングを探せ

紙の本キングを探せ

2019/05/05 09:32

倒叙ミステリの名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これもおもしろかったー。
四重の交換殺人の謎を追う法月親子…。
あまり書くとネタばれになるが、意外性もあって、話に引き込まれて一気読みだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒いトランク

紙の本黒いトランク

2019/09/01 13:25

アリバイ崩し

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名作と誉れ高いが、まだ読んだことがなかったので。
トランクに関する論理や、容疑者のアリバイを地道に崩していくのは、今読んでもとても面白いのだが、やはり時刻表アリバイトリックはリアルタイムで読むほうが楽しめるものなのだろう。
作中では1949年の日本が描かれているが、当時の常識も70年を経た今では変わってしまっている…。時代の流れを感じさせる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

水族館の殺人

電子書籍水族館の殺人

2019/09/01 13:17

裏染天馬シリーズ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本格ミステリ好きにはおすすめ。
相変わらず論理は面白いのだが、容疑者が多いので読んでいて頭がついていかず混乱してしまった。体育館のほうが好みだったか。
〜以下、ネタバレを含む〜

最後に“あるもの”が交換されていることから推理し、犯人を導きだすのだが…職場が水族館であることを考えると違和感があった。最初からその機能がついたものでないと、仕事にならない気がするのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

体育館の殺人

電子書籍体育館の殺人

2019/08/26 20:06

体育館

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一本の傘から導き出される鮮やかな論理…作者が平成のクイーンと呼ばれている訳がわかった。読者への挑戦もある、純度の高い本格ミステリだ。
裏染天馬のキャラクターが立っているのもいい。
〜以下、ネタバレを含む〜

トリックには少し無理があった気がしないでもないが、そこにいたるまでの論理がよかったので、あまり気にならなかった。
続編も読んでみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件

中編集の名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

噂に名高い作品だが、未読だったので。
「本陣殺人事件」はトリックは古風だというのに、絵になるというか何というか…現代のミステリとはまた違う味がある。
他の二作品も夢中になって一気読みだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

午前零時のサンドリヨン

電子書籍午前零時のサンドリヨン

2019/08/09 15:47

学園ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マジックがテーマになった学園もの。
語り手の性格は好みではなかったが、どの話も楽しく読むことが出来た。
物語的に、作中に登場するマジックのタネあかしをするわけにはいかない内容になっているのだが…読み手としてはどうしてもタネが気になってしまう。その為に、謎解きや犯人役とのやりとりに集中できなくなってしまった部分があった。…どうやら好奇心が読書の邪魔をすることもあるらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星降り山荘の殺人 新装版

紙の本星降り山荘の殺人 新装版

2019/07/28 09:00

どこか懐かしい本格ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名作と誉れ高い作品。今読むと少し懐かしい感じがした。
〜以下、ネタバレを含む〜
大ネタについては、冒頭から予測がついてしまった。だがこういう作品をある程度フェアに書こうとすると、読者に勘づかれやすくなってしまうのは仕方がないことなのかもしれない。個人的には星園氏のキャラが良かったと思うので、同キャラで他のシリーズも読んでみたかった…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

儚い羊たちの祝宴

紙の本儚い羊たちの祝宴

2019/07/28 08:51

一気読み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大正なのか昭和なのか不思議な世界観の中で展開される、「バベルの会」にまつわる五つの中短編集。一気読みで小説の世界に浸ることができた。
〜以下、ネタバレを含む〜
タイトルから想像される以上にブラックな内容なので、後味の悪い物語が苦手な人にはおすすめしない。私の場合、三話くらいから「これも後味の悪い物語なのだろう」とみがまえて読むようになった。そのせいで新鮮な気持ちで展開に驚くことができなくなってしまったので、変な勘ぐりをせずに読めばよかったと後悔した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パズラクション

紙の本パズラクション

2019/07/07 09:44

必殺ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本格ミステリ大賞ノミネート作。この作者に関しては驚くことではないのかもしれないが…まさかの必殺シリーズ+本格ミステリだった。
殺し屋稼業をやりつつ真相を捏造するという設定はチャレンジ精神があっておもしろいが、好き嫌いがわかれそうだ。
主人公サイドが全編通してほとんどピンチにおちいることがないのと、同じようなことが繰り返されるために、やや単調になってしまったのが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

11枚のとらんぷ

紙の本11枚のとらんぷ

2019/07/07 09:37

マジックミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初の泡坂妻夫。噂に違わないおもしろさ。
近年はマジックの種あかしがテレビや書籍で頻繁におこなわれるが、書かれた当時はどうやら違っていたらしい。作中作の短編集にかかれていることが事件解明の重要な手がかりになっているのが好みだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

32 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。