サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. 電子書籍ストア hontoトップ
  2. レビュー
  3. コリラックマさんのレビュー一覧

コリラックマさんのレビュー一覧

投稿者:コリラックマ

227 件中 1 件~ 15 件を表示

感動のフィナーレ!祝、完結!

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

10年地道に待った甲斐がありました!

やっと叔父さんとフミの最終話まで読めた…。ただただ感動です。
お話は普通に面白いし、文句のない終わり方で、叶うなら結婚後も
後日談で出してくれないかな…くらいの勢いです。
たろうくんも今巻もいい味出してくれたし、いう事なしです。

アンケートなどで地道に「最後まで読みたい」と出し続けた甲斐が
あるというものです。今回は紙書籍も買いましたし、2人を十分に
堪能させていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひたすらに一途な攻が可愛く見えてくる

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お天気キャスターと漫画家のCPですが、とにかく攻の執着度合いが
凄いことになっています。

周りから浮かないように自分を偽って生きてきた攻が、本当の自分を
理解してくれた受に執着して独占しまくるお話でした。
どちらかというと攻の方が純粋で一途な感じですが、受目線で進む
お話からは胡散臭さしか伝わりません。でも攻の話を聞くと全然
違う!とある意味ギャップ萌えというやつではないかと思います。

確かにこれは売れると思う、と納得した一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

言葉はWikipediaとかで補えば楽しく読める

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かわい有美子さんの「蒼空の絆」の挿絵からここまで辿ってきました。
めっちゃドイツ好きの方なんですね。そして平安好き?
世界史とかきっちりと把握している人が読まないと、結構難しいと感じるかもしれないなぁと思いました。
感覚として銀英伝を読んでいるような感じでしょうか?
ドイツ語の知識も多少必要だし、歴史背景を把握している必要もあるし、なんなら日本の宮廷システムも理解した上でストーリーがのってくる感じですね。頭を使って読む感じかも。
理解せずに流すなら絵の綺麗さを堪能すればいいと思いますが、面白く読みたいならWikipediaとか使えばいいんじゃないでしょうか?
この方の描くドイツ空軍の制服の再現度は結構凄いものがあります。
私的には眼福で、巻末のギャグっぽいオマケとのギャップも好きです。
この作品は2009年にOVA化もされているとか。探しに行ってきます。
歴史好きな方にはオススメですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

現代を生きるヴァンパイアのお話です

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

目の前で死ぬかもしれなかった命を助けたヴァンパイアのお話。

あぁ、死んでしまうと思った時に、自分の仲間にする事でその
命を助けてしまった。
噛まれた方がポジティブで、暗くなりがちなお話を上手に綴って
いくので面白く読めます。

すごく良いところでまさかの「つづく」なんて、早く次巻が出る
のを心待ちにしています。
設定も独特で、面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これはこれでアリだと思います

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

借金を背負わされた売り専と、ギリヤクザではない闇金のお話。

最初は借金のために会ったはずの二人が、どんどんお互いに
惹かれていって、その先を目指していく様を楽しく読みました。

個人的に何度も繰り返し読んでしまう、面白いお話です。
一見賢くなさそうな受がお金に明るいというあたりが闇金と
お似合いなのかな。
なんだかんだと攻の愛情も本物なので、楽しく読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「ホワイトライアー」のタイトルの意味が、読み終えたら沁みる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一目惚れした人を追いかけて芸能界に飛び込み売れっ子になった攻と、夢に疲れて守りに入りかけてた受が劇的に出逢うお話。

偶然運命の輪が回り、奇跡の再会を果たす始まりです。
2人がどういう経緯で出逢い、別れ、再会したのかを辿っていくと、タイトルの「ホワイト」の意味も、「ライアー」の意味も、ストンと落ちます。

読み終えた時にとっても清々しい気持ちになるし、一途な攻にやられます。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

山田に萌える!神巻です!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここまで一気読みで進んできたけど、最初は全く茜に興味無しだったのに、どんどんカッコいい山田全開になってきて、この巻では普通にスパダリ感溢れてる…。感無量。
山田も健全な男子高校生だったんだね、ということも含め、お母さんとの約束フラグとか、内容てんこ盛りの一冊でした。明日続巻が出ればいいのに!続きが気になって仕方ない!

読もうかどうか迷ってる人がいるなら、間違いなく面白いから一気読みしな!と言いたいです。女から見てこれだけカワイイ彼女って滅多にいないかも。次は山田大学生編かな。
楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イケメン×男前の2人だった

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校時代の同級生と同窓会で再会して…というお話。

思わず一気読みしてしまいました。
物語が進むにつれてイケメンのはずの攻がヘタレに見えてきますが
受を想う気持ちがダダ漏れなので良しとします。

性格が男らしくてサッパリしている受は、確かに惚れられても
おかしくない男前です。フリーだったのは奇跡に同意。
底抜けに幸せなお話が読みたい時にどうぞ、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

星龍がチャーミングに見えるから不思議

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分にとって一番大事なものと引き換えに神様と取り引きをした
星龍が、250年もの間虎白にチャレンジし続けるお話。

この作家さんの攻は基本的にとても優しく温かいので、読んだら
あったかい気持ちになります。
虎白を手に入れようとあれこれ頑張る星龍ですが、肝心の虎白に
誤解されていて色々と問題が起こりまくってます。
最強だけど嫉妬深く、怒りのツボは虎白に関することだけという
星龍。暴走した星龍を止められるのが虎白だけ、というのもまた
微笑ましい感じです。

最後はなるほどそうきたか!という感じで進むので、ファンタジー
ではありますが楽しく読めました。むしろここまでぶっ飛んでくれ
ないとファンタジーではないと思います。

面白いのに作品数が少ない作家さんなので、もっと出ないかな…。
一気読みできるくらい面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっと溺愛ベタ甘な雅紀がまた読めた!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カリスマモデルの兄・雅紀×高校生の弟・尚人。

最近話が進んで、尚人が他の芸能人に粉をかけられまくったり、
急に只者じゃない設定に変わってしまったりして、違和感があり
まくりだったのですが、前に戻ったみたいな内容で良かった!

やっとスタンドインの話とミズガルズのレコーディングの話が
収録されて、花火大会の話もあって、とっても満足な一冊です。

久々に尚人を溺愛する雅紀も見られたし、初心に戻って楽しむ
ことができました。
あとがきを読んだらまだストックがあるようなので、続きを
是非出して頂きたいと思います。

最初の頃のベタ甘な雅紀と尚人がまた読みたい方は、必読です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

雅紀にやられる巻でした

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カリスマモデルの兄・雅紀×意外とハイスペックな弟・尚人。

雅紀の印象があまりにも鮮やかに変わりすぎてビックリします。
やっときた、リアルコスプレシーン!
尚人が雅紀にメロメロなのはもう苦笑するしかありませんが、
コスプレシーンの雅紀のカッコよさがハンパない。
これで雅紀に落ちない人がいたら見てみたい。

尚人を愛するが故に次のステージへと自分を押し出そうとする
雅紀の鮮やかな変貌がリアルに描かれていて、凄いのひと言。
ここまで大物感を醸し出していて、今後に期待するなという方が
無理があると思うくらい、雅紀のオーラがハンパない巻。

大物の兄弟が実はもっと大物でした設定はちょっと…ですが、
雅紀のエゴもここまできたら立派な個性に見えるから不思議。
痛い展開が続いてきただけに、この巻は割と平和で嬉しい。
貴明と沙也加にバチが当たったのは、スッキリ。
そろそろその鼻をへし折られてしまえ、と思っていたので
いっそ清々しい感じ。

サラリとかかれているけれど、三兄弟の中で雅紀が実は一番
ヘビーな体験をしてきていると思っているので、彼が幸せを
感じることができるならもういいよ、とすら思ってしまう。
庇護者としての世界からさらに自分の未来を切り拓き始めた
雅紀の行き着く先を見てみたい。

シリーズ1雅紀が人間臭くてカッコいい巻だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

初めて田辺が真にピンチを迎えたお話でした。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も相変わらず清々しい程に大輔しか大事じゃなくて、溺愛して甘やかしまくる田辺の世界観が見事でした。そして大輔以外にはホントに冷たくて、やっぱりヤクザだったんだね、という田辺が結構読めます。田辺の価値観は見事なまでに大輔中心で、そこは絶対にブレない。大輔にとっていいか悪いかしかない。

今回はいつもは大輔を助ける側の田辺が大輔に助けられる側になってしまいましたが……あの極限状態で最初の一言が『 嫌いにならない?』って、どんだけ惚れてるのよ田辺……と目眩すらします。
あなたもヤクザってことに目をつぶれば、岩下には敵わないまでもイケメンでハイスペックなんだよ?ちゃんと解ってる?的な。
そしてその場も事件後も、対する大輔の対応がこれまたカッコよくて愛情深くて、そりゃ田辺も骨抜きになるし年貢も収めたくなるよねって納得。

岩下がホントは田辺が可愛かったことも、手放したくないことも色々わかって、そっちはそっちで切ない感じですが、そこに嫉妬するようになった大輔が微笑ましい(状況は決して微笑ましくない)です。腹を括った大輔がホントに男前。

しかし読み進めるにつれ思うのは、どうして上質の男はこうも毒があって悪いのか……岩下然り、田辺然り。大事なものを守れるだけの甲斐性があり、頭も切れ、金銭的に余裕がある、なんて、それこそ『 カタギじゃない』と思う次第で。
何があろうと絶対に大輔への愛情が揺らがない田辺がいるから安心してじっくり読めるので、甘々の世界観か田辺の心情か大輔の気持ちか……いずれかに浸って下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

無事に完結。レオの思い通りに完結w

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻に引き続いて物語が展開していきますが、レオの
最優先事項がメルということだけは絶対にブレないw
立場ごとに視点を変えたら聖女はそういう見方になる
んだな〜とか、転生者が何人もいたらお互いに転生者
だって気づくよね、とか色々気づきますね。

短編も色々入っていて、色んな角度からのお話が読め
るのも面白いです。

旦那様がここまで結婚式にノリノリなのも斬新だし、
嫉妬したら相手を氷漬けにしたり、モノを壊したり
しちゃうのもわかりやすくて笑います。
これは是非上下で一気読みする事をオススメします。

最初は結構お値段するしな…と思っていましたが、
結果もう3回も読み返しているから高くないですw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

久々に糖度が高めではなく、絶高でした

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近流行りのゲームの世界に転生モノですが、最初から
甘いお話が読みたくて選んだけれど、想像を絶する位の
激甘でしたw

とにかくレオがメルを溺愛していて、チートさを十分に
駆使しつつ誰にも何も言わせないスパダリです。
息をするように愛を囁くし、ヤキモチもすぐに焼くし、
拗ねて甘えるし、何よりメル以外は雑魚だと思っている
事を隠しもしないのが気持ちいい。
メルが心配しているようなレオに斬られて死んじゃう
未来は来るわけないわ〜と読んでる側は思うんですが、
そんな考えを吹き飛ばすくらいグイグイくるレオがもう
めちゃくちゃカッコいいですw

王子とメルを比べたら、断然メルのが上という考え方が
いっそ清々しくて大好きですね。
とにかく溺愛ダーリンものを読みたかったらオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ものすごくピュアな恋物語

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

芸能人×美容師のお話。とてもピュアで心が洗われる…

カットモデルにと道で声をかけたダサい子が垢抜けて激変、
芸能人としてスカウトされ、一躍売れっ子芸能人へ。
美容師の夢であるヘアメイクの夢を今度は自分が叶えると
芸能界で頑張る、2人のお話でした。

特に意地悪もされず、ライバルが出てくるわけでもないけど、
2人がお互いに好きすぎてホントに微笑ましい。

ただただ幸せなお話を読みたい時にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

227 件中 1 件~ 15 件を表示

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。