サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. びずんさんのレビュー一覧

びずんさんのレビュー一覧

投稿者:びずん

134 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本たゆたえども沈まず

2020/07/12 18:12

見るともなしに見て、

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美術の授業で習ったようなゴッホの絵たち。こんな風に、歴史を教えてくれたなら、勉強も楽しいだろう。印象派がどんなものかや、浮世絵の影響力について、日本人として知っておくべき知識な気がする。そしてその素晴らしさを世界に広めてくれた一人に日本人の活躍があったことも。ゴッホ兄弟が一生をかけて生み出したもの、パリへの憧れ、臨場感たっぷりで一気に読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本サロメ

2020/12/13 22:55

『サロメ』が誕生するまでのもうひとつの物語。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これそのものが、7つのヴェールの踊りのような狂気に満ちた禍々しい雰囲気を出していた。同性愛、兄弟愛、家族愛、尊敬、絆、共依存、愛の形は変幻自在で止まることはない。サロメは高校の時にコントラバスで演奏したことがあるのだけど、とても強烈だったから良く覚えている。あのいやらしいグリッサンド、鬼気迫った踊りの音。まず銀の大皿に生首という衝撃。それを唯一無二の表現で描いたオーブリー・ビアズリーのことは今回初めて知った。今でさえこんな絵を見せられたら多くの人がまず驚くだろう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生は自分で選ぶべきもの

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

神戸の古本屋さんで出会った本でした。中身も見ずに直感でゲットしたので、幡野さんのことは何も知らなかった。私の祖父2人もがんでなくなった。50〜60だった。そう思い出し始めて、そういえば父がもう直ぐ60歳になることに気がついた。突然不安になったので、読むのをやめようかと思ったけれど、がんに関わらず何か病気になった時には、ただ事実を教えて欲しいと思った。幸いにも私と私の親の関係は良好だ。小学〜高校までは「いい子」だったかもしない。読書は自分の経験しないことを教えてくれる。頭でっかちにならないよう気をつけて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本この世にたやすい仕事はない

2021/07/10 17:19

さすがわお仕事小説の津村さん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公がMSWだというところにまで、何らかの意味を受け取ってしまう。短期間で転職しようとも、決して仕事ができない人でないことは、1話目を読めばすぐにわかる。働くにあたって、こなさなければならないことは仕事だけではないのだ。少なくとも自分の生活、職場の人間関係、そして与えられた仕事を同時に処理しなければならない。転職をしやすくなった世の流れは間違っていないと思う。ただ、軽い気持ちで乗り切れるお仕事はそうそうないことは肝に銘じておく必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ライオンのおやつ

2021/03/29 20:01

末期の病気を抱える患者を看取る場所。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても重たくて、いうなれば人生の全て、ここで終えるというひとときのお話なのに、マドンナや六花やおやつがなんとも言い難い大切な雰囲気を出してくれている。こうやってまた、私も自分の最期を考える機会をもらう。日本中をひとり旅して、ただ漠然と、おばあちゃんになったら長野か四国のどこかに住みたいと思っている。海は怖いけど瀬戸内は本当に違う海なのを知っている。小川糸さんのサイン付きのこの本は、私の大切な本の一つになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本よつばと! 15

2021/03/02 00:33

大好きだ。よつば。もうすぐ1年生だね。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コロナが終わったら石を拾いに行こうと思う。それから、今を生きる大人たちが、みーんなよつばの周りの大人みたいに、子どもに付き合うちょっとふざける余裕を持てるようになったらいいと思う。とーちゃん、ジャンボを筆頭に本当に素敵な見本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本すみれの花の砂糖づけ

2020/11/16 22:25

女同士が好きなとき。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

男の人に隣にいて欲しいとき。夫さんのことを想うとき。自分だけになりたいとき。こんな詩が生まれると思う。「時間」消えない傷が欲しくて時間のことを書くその感覚が本当に繊細で素敵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫌いな人と折り合いのつけ方を知りたくて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

思わず買ってしまった。嫌いな人がいる場所で文句は言えないし、言わないみんなを見ていると私だけが嫌いだと思っているだけなのかもと考えてやっぱり言えない。家に帰って家族がいれば愚痴のひとつやふたつ話すだろうけど、一人暮らしだったら喋る相手がいない。それでもすーちゃんはきちんと考えて、決めた。嫌いから逃げること。最後のお母さんの言葉、お母さんはみんなああ言う風に応援してくれているんだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本神様のいる街

2020/05/16 21:32

わたしの神様はいるだろうか。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友だちがきっかけで吉田さんの本と出会うことができた。まだまだ文学や本のことについて詳しくないけれど、私にとって吉田さんの本は手元に残しておきたい一冊に入っている。ゆっくり一人の時間を過ごせた人特有の空気感がたまらなく心地いい。神戸には縁もゆかりもないけれど、旅した時に好きになった場所だから、なんとなく嬉しかった。海側と山側という表現に私もにっこりしてしまう。神戸の元町ケーキのザクロはとても美味しくて可愛い。去年は生田神社の御守りを持っていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本思いを伝えるということ

2022/01/22 12:45

思いは、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

思いとして胸に留めておくことも必要なんじゃないかと思っていた。だけど、エリーさんが一生懸命に何かを、思いを持つということや思いか伝わった後にしか起こらない感覚を文章にしてくれている。誰かを思うということだけではない、自分のことを大切にする。自分のことを思って、自分に思いを届ける。そういうことを大事にして、思いやりを持てる自分として生きていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ただしくないひと、桜井さん

2022/01/16 11:34

自分にとって正しいことは、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

誰かにとっても正しいこと、とは限らない。同時に法律的に正しくないことも、ひと時だけ正しくなる可能性がある。名前すら言葉にして、どうとでも言い換えられる。過去の失敗した恋愛とか、学校生活とか、もう無かったことにしたいことだらけだけれど、あの時はああすることしか思いつかなかったんだ。桜井さんが話を聞いてくれて、助かった子どもたちがいるだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本赤毛のアン

2021/12/18 21:00

本当に名作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なかなか読むことができなかったけど、ずっと読みたかった。子どもの時代に読むのはもちろんいいと思う。子どもには大人が答えられない悩み事が沢山だ。大人が読むのはもっといいと思う。特に、大人の世界にどっぷり浸かりすぎてしまっている人へ。優しい気持ちを思い出したり、美しいものを探す心を持つヒントをもらったり、現実とは違う世界に浸ったり。ゆっくりペースで読めて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本職業としての小説家

2021/11/21 15:10

村上春樹がどんな人なのか、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全然知らない。そもそも、私が本を読み始めたのは、その物語が面白かったからだ。自分の知識を増やそうとか、そんな理由ではなかった。だから、村上春樹がどんな人か知らなかったけれど、すごく私の心に馴染む物語を読むとほっとしたり、現実を離れて物語の世界にどっぷり浸かりたくて、村上春樹の小説を読んだ。結果的に、村上春樹の基礎読者となった。そして、私がこの本を読んだことによって、それでああいう文章が書けるのだとなんとなく腑に落ちた。私はこれからも、新しい物語を待ち望んでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本のどがかわいた

2021/10/26 06:40

言葉を読む時、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

その言葉に付随する雰囲気や伝えたい意味があるとするならば、発言者や読み手の移りゆく気持ちを巻き込みながら、読まれていると思う。それが詩であるならば、ひとつの言葉に込められるものが、小説の中のそれよりも多いと思う。だから詩は面白い。意味がない言葉を並べても、意味がありそうに見える。そんな不安定な何かと、少し敏感で考える時間をたくさん持っている女の子が出会って綴られた文章がこの本だった。言いたいことは、わかりそうで、私が大人になってしまったからわからなくなってしまったものもあったなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ぷかぷか天国

2021/09/26 20:34

前に糸さんのエッセイを読んだときに、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんだか生活が垣間見得て読了感がしっくりこなかったのを記憶している。でも今の私は、糸さんにドイツに連れ出してもらって、気持ちが穏やかになった。コロナで旅に出られないことで、行き詰まっている考え事が積もってしまっている。みんなもっと朗らかに生きる必要があると思う。過剰サービスは、すぱっと1回やめてみて、宅配の人のことも考えてあげるとかさ。ゆりたんぽ欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

134 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。