サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆかのさんのレビュー一覧

ゆかのさんのレビュー一覧

投稿者:ゆかの

187 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本呪術廻戦 逝く夏と還る秋

2021/03/16 06:22

ナナミン

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメのみ視聴済みで、ナナミンにハマったので(もちろん物語自体も面白い)、七海&五条の話があると知り読んでみました。
このコンビの話以外も本当によくて、正直どれも当たりという印象。特に伊地知さんはどういう人か掴みきれていなかったので、これを読んで抱く思いが少し変わりました。
全体的にテンポもよく、これを機に原作や他の小説にも手を伸ばしてみようかなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ヲタクに恋は難しい 10

2021/03/03 04:19

尚光

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

10巻にして、やっと尚光が!おめでとう!
タイトルがもはや偽りになる日も近いような。
個人的に、尚光の友達がとても好きで、まっすぐなケンちゃんと頭脳派よっくんがもっと出てきてほしいなぁと思う。
あと、樺花の日常もっと読ませてください。
自分は思考がめちゃくちゃこーくんに似てるので、尚ちゃんの存在ってすごい大きいだろうなぁと羨ましくもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Twitterにて一話を読みました、好きすぎてすぐコミックス買いました。
ハイテンションコメディにラブ(?)少々。
おバカな高校生たちの日常がいとおしい。
一話では寒がりのサブがやばい奴だなとなりますが、二話以降もっとすごい人が続々と出てくるので飽きません。
とにかく読んでほしい。長く続いてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

はーーー、もう最高かよ。
綺麗な絵と、おもしろく優しいお話。
いいところしかない。
七夕のお話は、最後ちょっと泣きそうになった。基本的にはゆるっとしたノリなのに、あったかくなるお話がちょこちょこあって、心がほっこりする。
わるものさんが好きだけど、レッドもかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本私の頭が正常であったなら

2021/03/28 03:49

やっぱり好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

乙一さんの別名義、名義は違ってもやはりこの方の書かれる物語の雰囲気はとても好き。
全体的にほの暗く、悲しみが漂っている短編たちですが、優しさやおかしさもほんのりとあるのでそこまで暗くなりすぎずに読める。
首なし鶏マイクは検索して実在したんだと知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トウヤの成長

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コトヌシの話が最高に好き。
仁藤先生の話も哀しいけど好き。
今回はトウヤが人間と関わることで成長する内容が多かった気がする。
番外編も素晴らしい、闇丸好きにはたまらない。
どうでもいいことだけど、千雪が体育見学してるときに言われてた悪口まったく同じように言われたことがあったから、とても苦しくなった…病弱なのは本人が一番つらいのに…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高でしかない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分は、BLはたまにアニメでやってるのをちらっとみるくらいで知識も何もありません。が、下瀬川先生の作品が好きなので読んでみました。
今回も思わず声に出して笑ってしまうところあり、ちゃんとした作品の考察に知識が増えた気になれるところありで非常に面白い一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり笑える漫画

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

極道の人たちの、動物や植物をめでるギャップだったり、龍の周りとのズレが今回も炸裂。
龍を怖がる人もいれば、全然気にせずつっこむ人もいたり、この作品の世界の人たち本当に楽しい。
甘酒が飲みたくなるし、ゴクドーンが気になる。
何より、龍と美久の出会いを早く読みたい…!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本余命3000文字

2021/03/16 04:16

世にも奇妙な、的な

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

設定がユニークで、ブラックユーモアだったりそもそも意味なんてなさそうな話が盛りだくさん。
突飛な世界観で、しかし、伝わるものがあるものも多く一つ一つは短いながらも楽しめるし考えさせられることもあったり。
時間があまりないときに、ちょっとずつ読めてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本かがみの孤城 下

2021/03/08 03:25

初期を思い出す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近、辻村先生の書かれる大人の話を読んで少し何か違うなと感じたことがありました。
自分がデビュー作とそれに繋がるお話をとても好きだから、またあの感覚を味わいたいと。
単行本で出てからあらすじ以外の情報をいれないようにして、やっと読めたこの作品を、あぁ辻村先生の作品だといとしく思っています。
いま、悩んでいる子がいたら読んでほしい。
もちろん大人にも読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しい、じゃなくて、哀しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

整のその言葉がよくわかる気がした。
ひとつのミスから負の連鎖のように、次々と人が亡くなってしまった感じ、全く罪も何もない人が犠牲になってしまったのがやりきれない。
整を導いてくれているのは、喜和さんと過ごした時間と今は天達先生なのかな。
相良くんも整と友達になってくれそうな気配がするので今後も楽しみ。しかし、整の幼少期は不穏な空気、早くいろいろ知りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

虐待

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テーマは重い、起こることも哀しいし救いはあんまりない。でも、読むべきだと思うし読んでよかったとも思う。そんな内容。
個人的には香音人がとてもいとおしい、彼の救いになるものが何かあればよかったのに。せめて彼女の言葉が届いてくれていたら…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つらっ…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

汐路が、初恋の人にあんな風に言われてしまってただただつらい…犯人だったってだけでもダメージでかいのに、あの言い方はキツイ…。
爆弾魔の三船、暗号で話すライカ、そして整のことを全部わかってそうなガロくん、謎が謎を呼ぶ。指輪の件があるから三船は再登場かな?
なんとなくだけど、ガロくんが金田一の高遠みたいに感じるなぁ(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ミステリと言う勿れ 3

2021/02/03 04:45

ミステリです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

しっかりミステリしてるじゃないですか、めちゃくちゃおもしろいじゃないですかって思いながら読んでました。
狩集の人たち、最初はあんまり好きじゃなかったけど整と話して気持ちの切り替えできてたらいいな。
整は、大人の男性に嫌な思い出とかがあるんだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでほしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

整の話は本当に興味深いし、考え方を変えてくれたりするので普段漫画を読まない人にも読んでもらいたいなと思った。

特に、いじめの話で、海外ではいじめた側をおかしいと判断してカウンセリング等を行うみたいなことが書いてあって、これほんと地位のある大人とかに読んでもらいたい…いじめられた側ばかりが逃げたり人生めちゃくちゃにされるばかりなのはツラすぎるんですよ…。

あと、ガロくんがすごい好きなので今後たくさん出てきてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

187 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。