サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 漂白さんのレビュー一覧

漂白さんのレビュー一覧

投稿者:漂白

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

紙の本万事快調

2021/09/16 16:30

危なげな若さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハマる人にはハマる。ハマらない人にはハマらない。という定義がこれでもかとはっきり分かれるであろう作品。波木銅さんという新人作家さんはかなりの読書家で映画好きなんだろうなとわかる一冊です。トリッキーな装丁からもうかがえる、パワーが漲る世界観は唯一無二だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本

2021/05/26 19:45

ほのぼのしているのに鋭い眼光

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルは淡くシンプルですが、内容はなかなかシビアで繊細。三人の交わりだけをみても、ぎこちないながらも温かな柔らかさに包まれる。タイトルの『泡』。意味に気付くと笑ってしまうけれど、そんなことはどうでもよくなるほど良い気持ちになれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本おやすみなさい、また明日

2021/02/17 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

恥ずかしながら著者は『流浪の月』で知りました。非BLしか読まないなんて薄情だろうなと思い、本領発揮しているものを読みました。とても良かったです。つぐみと朔太郎のこの絶妙な距離感にヒィィとなりながら、最後はじぃぃん、ポカポカ(擬音語ばっかじゃん)。著者のBL作品が売り切れているようであまり見つかりませんが、見つけたら他も読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本六人の噓つきな大学生

2021/09/16 16:05

心理戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真実はこれか!!と信じても、それは真実ではありません。辛抱強く真実を見極めてください。すっきりと騙されたい方にはあまりオススメはできませんが、マトリョーシカを開いていくように一つずつゆっくりエピソードを楽しみたい方は好きだと思います。あと、日をまたいで読むと風味が損なわれるので一気読みしてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本白鳥とコウモリ

2021/05/29 21:02

うーん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

白夜行を超えるとどこかに書いていたので期待して読みました。この分厚さなのでどっぷりのめり込んで読めると期待しましたが、想像以上に中だるみしている箇所がたくさんあり、結果白夜行は超えませんでした。分厚さの分、しっかりした値段なのに勿体ないなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本アヒル命名会議

2021/02/17 17:34

イランの世界観をどっぷりご覧あれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編それぞれに独特な癖があり、一つの映画を見終えたような読後感がある。なにより藁半紙のようなざらざらしたカバー、横書き(にした理由はわからないけれど)、白いスピンが魅力的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本スモールワールズ

2021/05/26 20:15

うーん

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新感覚という評判に惹かれて読みました。
読み終え、ん?どこが?でした。どれも普通の展開に終わらない短編ですが、捻られても「そうですか」。繋がりがあると見られるネオンテトラと式日もなんだかパッとせず。
blから一般文芸で書かれた作家さんらしい。blも読んでみようかなとは思いました。
凪良さん同様の著者紹介で、こういう感じで一般文芸も書く作家さんが増えてくるんですね。作風が似ているので受け入れ易いとは思いますが、目新しさは感じられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本52ヘルツのクジラたち

2021/09/16 16:25

the本屋大賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

良くも悪くも、the本屋大賞という感じです。主人公になぜそんな魅力があるのかよくわからず、美晴や主税という脇役の存在感が強すぎるため余計ぼやけます。不運な境遇なムシという男の子と出会って自身の人生を見直していく……、民法ドラマによくある感じの展開です。前年受賞作の作品と読後感がすごく似ています。社会性のあるテーマだとたくさんの人に知ってもらえるのでテーマとしては良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本羊は安らかに草を食み

2021/05/26 19:53

五分五分

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦争の悲惨な体験を描き出す表現方法は宇佐美まことならもってこいなんだけど、後半の安っぽさにより残念ながら台無し。前半は読むのが辛く、それでも希望を求めて読み続けられた。後半で著者がかわったのかというぐらいサッパリしていて中途半端だった。考えてみれば、著者らしいというか最後の甘さがいかにも。装丁が素晴らしいだけに余計残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本母影

2021/05/26 20:07

うーん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

だから何、とか言ってはだめだと思うんですが、だから何、と言いたくなるような読後でした。文学賞に受賞したいんだろうなぁというような作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本十の輪をくぐる

2021/02/17 17:45

うーん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

妻と娘がステレオタイプの良い子さん。診断されたあと、上手くいきすぎてびっくりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本旅する練習

2021/05/26 20:04

うーん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こういうの流行りなのかな。よくわかりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本悪の芽

2021/05/26 20:02

うーん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たくさん貫井さんを読んできている人には物足りないかと思います。タイムリーな題材なので、食い付く人は多いと思う。ただ、いかんせんかなり分厚いので無駄な展開も多い。安定のほったらかされる登場人物もたくさん。パニック障害?うつ?があんな簡単に完治するわけがないんだけどな、と思いながら最後まで読みましたが、なんだか消化不良。ご都合主義の終わり方でした。面白さや圧巻の長編らしさはあまり感じられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本消えない月

2021/05/26 19:57

幸あれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーカーに狙われる女性の物語。当人にしかわからないと思うので、ありきたりっちゃありきたり。ストーカーの狂った行動がリアルで気持ち悪いんだけど、言いなりになる主人公もどうなの…って、当人にしかわからない(2回目)ことなのでなんともいえない。最後は手抜き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。