サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 凡夫さんのレビュー一覧

凡夫さんのレビュー一覧

投稿者:凡夫

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本海辺のカフカ 下

2004/09/27 19:16

新春樹ワールド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品は、今までの村上春樹の作品とは少し違うように思う。
 四国が舞台になっているせいか、仏教の香りがする。たぶん私だから仏教なので、キリスト教の人にはキリスト教、イスラム教の人にはイスラム教を感じるのかもしれないが、とにかく、宗教の香りがする作品である。
 作品の中で、何人かの死が描かれているが、生の反面としての死ではなく生の延長線上の死であり、また死の延長線上の生であるように描かれている。
 ラストでは、カフカ少年とホシノ青年は悟りを開き日常の生活へと戻っていく。そして、その先はたぶん、今までと変わりのない日々が続き、時を刻んでいくのであろう…たぶん

読み終えたときに「人は一人で生きているのではなく多くの愛によって生かされているのである」という言葉が頭の上にひつじ雲のようにぼんやり浮かんでいた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示