サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. らんきちさんのレビュー一覧

らんきちさんのレビュー一覧

投稿者:らんきち

2 件中 1 件~ 2 件を表示

数ある勉強本の中でも実践に役立つ一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なつかしい本が再刊されました。受験生の頃、読んで実際に役立った本です。
最近社会人向けに勉強の技術を書いた本が続々とでています。何冊か読んでみましたが大部分はどこかで以前に聞いたことのある話の二番煎じです。だいいち、書いている著者自身が本当にその方法を実践しているのかあやしいものも多い。この手の本を量産している方がいますが、その方が本業では全然著書を出していない。そういう人の本は参考になりません。
「他人の経験は成功談より失敗談のほうが役に立つ」「どう覚えようかと考えること自体が記憶を促す」「重要なことは勉強時間の最初と最後に覚えよ」この本にはこういった162のコツが説明してあります。何の勉強にしても、要領よく勉強するコツというのは確かにあります。そうむずかしくない資格試験を何回受けても合格できない人がいますが、そういう人に限って自分の勉強のしかたに無頓着で、ただ勉強時間をふやせばもっと点数が上がると思い込んでいるようです。限られた時間のなかでいかに効率よく要点を抽出して理解するか、どうすれば必要最小限の努力で最大の成果が得られるか、そういうことに関心のあるかたにおすすめします。この本の中から自分にあった技術・コツがいくつも見つかると思います。
他におすすめしたい勉強術の本は、野口悠紀雄「超勉強法」、立花隆「知のソフトウェア」「ぼくはこんな本を読んできた」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容はいいのに…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

父と子の対話形式による科学史。科学上の発見がいかにして生まれたかを子供にもわかる表現で解き明かした名著…なのだが、翻訳があまりにもひどい。こういう本はわかりやすさが大事なのに、高校生の英文解釈の答案みたいな直訳調の羅列である。いや、優秀な高校生ならちゃんと8歳の子供が話しているように訳すだろう。…と思いつつ、「訳者あとがき」を読んで納得した。この本、訳者のセンセイが自分の授業で学生に訳させた本なのであった。訳文を編集者はチェックしなかったのだろうか。英語の少しできる方なら原著を読んだほうがよくわかるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示