サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エムケーハップさんのレビュー一覧

エムケーハップさんのレビュー一覧

投稿者:エムケーハップ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

使えるものは、自分の気持ち、でも使う。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 書かれていることと言えば、実は既に頭の中ではわかっていることだったりします。ただ、気持ちが沈みがちなとき、いくら友達思いの友達でもこんなに次々と前向きになる言葉をかけてはくれません。
 大切に思う人に宛てたメールが送信されないままにある時この本を読んで、そしてもう一度最初から打ったメールは、明らかに雰囲気の違うものでした。同じ事を打ったつもりでも、送れずにいた最初のメールを読みかえすと、どことなく喧嘩ごし。伝えたいことはそんなことじゃないのに。
 素直な気持ちでメールを打つ、手紙を書く、電話をする。それが吉と出るか凶と出るか。それで好ましくない方向に物事が進んだとしてもそれはそれ。おみくじで凶が出ても、みな立ち直るのだから。
 こういう本は最初のうちはストレート過ぎて読むのは照れくさかったり、反対に冷めた気持ちで読みがちです。でも大好きな人に逢う前にはその都度、この本を開く少しの時間が欲しい気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本花束のように抱かれてみたく

2001/02/20 23:50

彼の花、私の花。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ある曲を聴くと決まって思い出す頃というのがあるように、この花を見ると思い出す人がいて、この花を好きなのはある人との思い出があるから。
 花に対するイメージというのは、花の見た目だけではなく、人それぞれの思いを込めてとらえているんだなあと思いました。
 そんな俳句とともにあるのは、季節ごとの花のかわいい写真。一年まるごと詰まった花図鑑です。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
 なんてことも言うけれど、できれば私は大好きな人には「スイトピーみたい」と言われたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スプートニクの恋人

2001/02/20 22:57

それでも僕は。それでも私は。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一番伝えたいことは言葉にしないと伝わらないのか、それとも、言葉にしなくても伝わるのか。ふとした分岐点に立ったとき瞬時にその答えを出さなければいけないことがあります。常識とされてるものからすればひょっとしたらはずれているかもしれない秘密をそれぞれに持つ3人の男女の、会話から得る充実感と言葉のない満たされた空間が東京、ギリシャ、そして大気圏外を行き来します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示