サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. PBさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

PBさんのレビュー一覧

投稿者:PB

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

本棚探偵の冒険

紙の本本棚探偵の冒険

2005/01/20 16:23

愛すべきマニアに乾杯

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「まだ読んでない本がこんなにあるのに!」
などと、本を買うたび家人にチクチク言われる本好き人間。そんなアナタがこの本を手に取れば、あら不思議。たちまち普通人に逆戻り。

 コレクターの“集める”という行為の行き着く果ては…。作ってしまうんです。何をって、文字通りすべてを。やたらと古い函なしの裸本を買い、カバーを作り、函まで作る。家人の隙を突いて本箱まで作る。重い本は携帯用として豆本を作り、怪しげな探偵小説の表紙をスキャナーで取り込んでトレーディング・カードまで作る。
 とにかく作りまくる!

 こんなエピソードはまだまだ序の口。
 −プロの作家すら狂わせる魔性の乱歩邸。
 −アメリカ旅行でも古本屋へ。
 −朝っぱらから殺気立つデパート古本市。

 現役の漫画家にして日本有数の探偵小説蒐集家でもある著者が描きだすマニア達の奇怪な行動の数々。それが呆れるほど熱心で、つい吹き出してしまうほど可笑しい。その根底に流れるのはマニアの業。彼らは本気も本気、二重丸の大本気なのだ。純粋で、熱心で、とにかく一生懸命だから、ちょっとだけ他人と変わった行動をとってしまうのだ。

 まさに抱腹絶倒。
 思わず頷いている自分に気づき、ちょっとだけ危機感をおぼえながら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示