サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あんぱんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

あんぱんさんのレビュー一覧

投稿者:あんぱん

29 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

1984年

紙の本1984年

2001/10/02 23:30

1984年

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 傑作である。全体主義に制圧された世界の中で主人公は一人抑圧された社会に挑んでゆく。 
 なんといってもここに描かれているのは遠い将来の私達の姿であり、この作品は抑圧された未来への警鐘でもあるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泥棒日記 改版

紙の本泥棒日記 改版

2001/10/04 20:00

泥棒日記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 題名から察せられるとうりこれはもと泥棒により書かれた小説である。
 作品は元泥棒が書いたとは思えないほどに完成度の高いものであり、作品で提示されている哲学的な悪の思想は泥棒という異色の職業を経てきた異端児ジュネだからこそ書き得たものであろう。
 傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜の樹

紙の本夜の樹

2001/09/29 18:45

夜の樹

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表題作の夜の樹と19歳の時に発表され、O・ヘンリ賞を受賞したミリアムやその他多数の短篇小説を収めた作品集です。
 カポーティの作品には都会の孤独や焦燥感が溢れていて、その特徴が存分に発揮された作品集です。
 この短篇集に収められている作品は全て完成度が高く優れた作品です。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インザ・ミソスープ

紙の本インザ・ミソスープ

2001/10/16 22:37

インザ・ミソスープ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 村上龍の読売新聞に連載され話題を読んだ小説。期せずして、村上龍が読売新聞に連載中に神戸連続児童殺傷事件が起きている。村上龍はこのことについてもあとがきで触れています。
 さて、小説についてですが、いわゆる、サイコ小説です。内容をここに書くと面白くないので、書きませんが、なかなか面白いです。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしい新世界

紙の本すばらしい新世界

2001/09/30 16:28

すばらしい新世界

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 すばらしい新世界という題名だがこの題名は皮肉である。この本に描かれているのは人類が繁栄を極め、人間が完全に管理された世界なのだが、そこには真の自由はない。イギリス生まれのハクスレーの傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤と黒 改版 上

紙の本赤と黒 改版 上

2001/10/07 15:39

赤と黒上巻

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フランス生まれのスタンダールの傑作。ジュリアンソレルはレナール夫人と激しく恋に落ちる。しかし、ジュリアンは神学校へとゆき、さらにド・ラ・モール氏の秘書になることになりレナール夫人と離れ離れになってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤と黒 改版 下

紙の本赤と黒 改版 下

2001/10/07 15:34

赤と黒下巻

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マチルドとの間に子供が出来たジュリアンソレル。しかし、ジュリアンソレルはレナール夫人を射殺しようとした容疑で死刑判決になってしまう。生前は読まれることのなかったスタンダールの傑作が幕を閉じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「できる人」はどこがちがうのか

「できる人」はどこがちがうのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 できる人はどこが違うのかというがどこも違っていない。むしろ、違っているのが当然なのだ。ただ、違っている所が人に認められるか、認められないかはその人の意志とは関係ない。では、この本がどんな役にたつかといえば、自分のスタイルをどう確立するかのノウハウが書かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

モニカ 音楽家の夢・小説家の物語

モニカ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 坂本龍一の夢で見た文章を基盤にして村上龍が物語として書き連ねた連続作品集。
 二人の文章がコラボレーションされていて、それがうまい具合に絡み合い、不思議な世界を形作っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

五分後の世界

紙の本五分後の世界

2001/10/14 15:20

五分後の世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 五分間ずれているという世界に迷い込んだ小田桐。そこはまったくべつの世界観を持つ日本だった。という奇抜な発想で仮想の戦争を描く、著者自らが自らの最高傑作と語る傑作。
 とにかく、戦闘シーンの描写が凄いです。まだまだ文学も負けてはいません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠い太鼓

紙の本遠い太鼓

2001/10/09 10:02

遠い太鼓

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1986年から1989年までのギリシャからイタリアへの旅を綴った作品。その間に村上春樹氏は『ノルウェイの森』がベストセラーになったり、いろいろあったようだ。春樹的な視点で物事が見られていて、各国のこともわかるしほのぼの旅を疑似体験したい人にお勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝奇集

紙の本伝奇集

2001/10/05 17:17

伝奇集

5人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 作家のための作家といわれたボルヘスの作品。
 たしかに作家のための作家といわれるほどあってこの作品もいささか文学にしては難解というかややこしいというか、とにかく普通の文学作品とは違った趣を味わうことが出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北回帰線

北回帰線

2001/10/04 20:10

北回帰線

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大胆な性描写で有名な小説である。しかし、この小説は大胆な性描写だけではない。たしかに筋がまとまっておらず構成がいささか整っていない部分はあるが哲学的な若者の遍歴は性描写ぬきでも充分に楽しめるほど魅力的である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

倦怠 新装版

紙の本倦怠 新装版

2001/10/02 23:35

倦怠

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 画学生のディーノは退屈な日常に倦怠を感じている。そんな彼の前に17歳のモデルチェチリアが現れ彼を惑わせる。そして、退屈な毎日の歯車は狂いだし、チェチリアは彼から離れるようにして愛人と旅に出てしまう。
 イタリアの巨匠モラヴィアの傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日出る国の工場

紙の本日出る国の工場

2001/10/12 17:56

日出る国の工場

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 爆笑村上エッセイ。今回は村上春樹さんと安西水丸さんが日出る国、日本の工場を探訪する。
 とにかく、この二人が選ぶ工場だけあって変なとこらが多い。カツラ工場とか消しゴム工場とか人体標本工場とか。
 まあ、気が向いたときに読むと面白い本ですよ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

29 件中 1 件~ 15 件を表示