サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ざきこさんのレビュー一覧

ざきこさんのレビュー一覧

投稿者:ざきこ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本ムジカ・マキーナ

2002/05/22 17:27

音楽と歴史とSFとをまとめて小説にしたら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最上の音楽とはいかなるものであろうか?
 生まれる前に聞いていたであろう調べ、天上の音楽とはいかなるものであろうか?
 それを、人の手によってこの世界に現すことはできないのであろうか……?

 時は1870年。ベルンシュタイン公爵は、一人の少女を預かっていた。マリアと名付けたその少女は、彼にとって、最上の音楽を奏でる者を見つけだすための判断基準だった。
 その公爵は訪問先のウィーンで、麻薬<魔笛>の流行を知った。それは聴覚から入ってくる音の刺激を快楽に変える麻薬。しかし、それはかつて自身が戦争時に命じて作らせ、副作用のあまりのひどさに完全破棄させた、とある薬と薬効が酷似していた。密かに彼は調査を開始する。

 一方で、最上の音楽のために有能な音楽家を捜し求めている公爵は、ウィーン・フィルを振る若き音楽家フランツをマリアに引き合わせた。フランツは彼女とともにいることで天啓とも言うべき直感を得るが、彼の指揮にオーケストラは従わず、理想と現実の狭間で悶々とする。
 公爵の庇護を得る約束も留保され、落ち込んだフランツの前に現れたのは、ウィーンで絶大な人気を誇る舞踏場の支配人。彼らが体感させた「理想の」音楽にのめり込み、フランツは彼らと共に英国へ姿を消す。そこで彼が体験したものは……


 復刊ドットコムで得票を得て、復刊された作品。高野史緒のデビュー作でもある。日本ファンタジーノベル大賞最終候補作。
 その筆致の勢いと内容の濃さで一気に読ませ、魅せる。
 19世紀後半のあの時期に、どれだけ大脳生理学やらなんやらが発達していたかという学問的時代考証はよくわからないからおいておくとして、この話の発想に驚かされる。
 その意味で、歴史SF小説と言えるかもしれない。
 音楽と歴史とSFを一緒に小説にしたらこうなった、という感じ(良い意味で)。

 とにかく、一読といわず何度でも再読する価値がある作品。
 とくに音楽好きなら。
 あの大音楽家ブルックナー教授も、重要な役回りを与えられて活躍しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心理学を勉強したいと思っている人に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「心理学ショートショート」というメールマガジンで連載していたコラムの一部を再構成したものです。
 見開き2ページ程度で一つのコラムになっていて、自己紹介はどんな風にしたらいいのか、冷たい男は何故もてるのか、テスト前に無性に掃除がしたくなるのは何故なのか……等々の話題について、心理学の実験の紹介を通じて答えていきます。イラストもかわいくて、さくさくと読めます。

 題名が題名なので誤解する人は多そうですが、恋愛のための本というよりは、心理学というのがどういう学問なのか、どのようにして物事が明らかにされていくのかをわかりやすく示した本になっています。
 「この本は、心理学の入門書であり、心理学の翻訳書です」と白石氏自身が言われているとおりです。

 大学で心理学を勉強してみたい、と思っている人に、ぜひ読んでもらいたい本(もっとも、この本にある分野だけが心理学のすべてではないのですが)。
 巻末には、心理学を勉強する人のためにguideもあり、親切なつくりになっています。

 ほとんどのコラムには、白石氏なりのオチがついています。ひそかにそれが楽しかったりする私です(にやり)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

問題点を整理してくれます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 憲法さんは今、困っている。
 なぜなら、どうも体の調子がよくないのだが、ドクターがみんな異なる診断をしているからだ。
 ……ということで、本書では彼(彼女?)の生い立ちと、現在挙げられている主な問題点が述べられいる(オビのあおり文句では「誕生のドラマから問題点のすべてを提示します」とあるが、中身的には「問題点のすべて」とは言えないだろう。筆者の島村氏(憲法さん)自身も「すべて」とはいっていない)。

 こういう本を読むときは、筆者がどういう立場に立って論じているのかというのが非常に気になる。知らぬうちに洗脳されてしまいそうな気がするからだ。
 結論を言えば、冷静に書かれているという印象を受けた。
 「改憲した方がよい」という立場に立ってはいるのだが、冷静に問題点があることを指摘し、それゆえに「改憲した方がよい、すくなくともこれこれの点については考えた方がよい」と筋道立てている。
 この姿勢に好感を覚えた。

 ただ、「私は日本国憲法です」と、日本国憲法の一人称をとってしまったことで、「憲法がそう思っている」というような感じも受けてしまい、完全に中立であるとは言い切れないようにも思う。
 それは、こういう政治的な問題を扱う本にとって、逃れることのできない宿命なのかもしれない。

 何度も読みかえす、という本ではないけれど、改憲に関する議論をもう一度頭の中を簡単に整理しなおすのには適した本。小学生や中学生でも読めるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示