サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. sakiさんのレビュー一覧

sakiさんのレビュー一覧

投稿者:saki

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本傍若無人なアナタ

2003/03/05 12:23

ホロッときます

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

婚約者が目の前で別の男と消えた直後、アパレルメーカーから名指しで契約の話が入る。
主人公は社長(鹿波)に会うため会社に向かうが、社長の別荘で話をすることになり、しばらく別荘に監禁状態になってしまう。
そこで鹿波に口説かれてとまどうが、鹿波の仕事ッぷりに次第に尊敬の念を抱き始める。
しかしある日婚約者を連れ去ったのが鹿波の関係者だと知ってしまう。
そして自分が監禁されていた訳も…

ショックを受ける主人公を鹿波は陵辱する。
その後、別荘を出た主人公が鹿波に傷つけられたにも関わらず忘れられない事に苦悩するところは、読んでるこっちまで切なくなる。

最後に全ての問題は解決し、鹿波が主人公に想いをうち明けるシーンがあるが、それまでの過程が切なかったぶん感動も一塩で、思わずホロッときてしまいました。
「主人公のことが好きでしょうがない鹿波」というのが十分に堪能でき、こういう設定が大好きな私は大満足の作品です。
読み終えた後、「傍若無人」が「可愛い」に変わるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白すぎる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半はセクハラ上司と部下のリーマンギャグ。
後半はおかしな家族が繰り広げる4コマギャグ。
面白さもさることながら、かなりHなんです。
1冊で2度美味しい!
お笑い好きの人は是非手にして欲しい1冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本独裁者にくちづけを

2003/02/18 00:45

帝王

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

転校先の生徒会長(荒木)に気にいられ、生徒会室への執拗な誘いを受ける主人公。
断り続けていたが、ある日荒木を怒らせ、生徒会のみんなの前で…
というお話。

主人公の事が好きなのに、その感情を不器用にしか表現できない荒木。
そんな荒木に対して最初のうちはただの横暴な奴という認識しかなかったのに、接していくうちに荒木が所々見せる自分に対する態度から「自分のことは特別なのでは」と意識しはじめる主人公。
「ずっと受け一筋の攻め」という設定が大好きな私としては、屋上で荒木が主人公に思いをうち明けるシーンが一番の見所かと思われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本モモちゃん、危機一髪!

2003/03/02 01:12

「あとがき」なし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

純真で凡そ人を疑うという事を知らない主人公のモモちゃんは、実は合気道の達人であった。
ひょんなことから(本人無自覚のまま)東吾と静音を助けてしまい、東吾と静音はモモちゃんにお礼を言おうと接近を試みるが、いつの間にやら拉致という方向に。
その後話は別の方向に向かい、結局何が言いたいのかハッキリしないまま中途半端に終わったように思える。
拉致したからといって鬼畜な展開が繰り広げられるでもなく、ラブラブな雰囲気でもない。
モモちゃんが東吾か静音を好きになることもない。
「恋愛」という雰囲気はほとんど出てこなかったと思う。
話はあくまでモモちゃんの恋愛ではなく、人生(?)についてがメインなので、「ラブ」を楽しみたい人にはあまりお勧めできないと思う。

一つ気になったのが、この作品には「あとがき」がついてなかったとこ。
この作品だけなのでしょうか、同著者さんの作品は読んだ事がないのでよくわかりませんが、たぶん落丁でもないと思います。
私は本編を読み終えて満足感にひたりながら「あとがき」を読むのが好きなので、ちょっとがっかりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示