サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. よりどりみどりさんのレビュー一覧

よりどりみどりさんのレビュー一覧

投稿者:よりどりみどり

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本猫と庄造と二人のおんな 改版

2002/06/08 17:10

老猫リリーの大冒険

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

猫好きなら純粋に楽しく読める物語です。
長さもほどよい中篇で、「細雪」のような、ねっとり濃厚な大長編で、途中息切れする心配もありません。逆に「刺青」のような、場面場面を鮮烈に切り出して見せる短編よりは、きりり度が低いかも知れませんが、歌舞伎でいうなら世話物風、軽妙な語り口でいっきに読ませてくれます、ええ、それはもう、猫好きなら、百パーセント。

登場する猫は「イギリス人が鼈甲猫と呼ぶ」洋種で、齢10歳になろうという老猫です。昨今の飼い猫ならいざ知らず、谷崎が生きた時代の猫にとって、10歳はかなりの長寿でしょう。
谷崎自身、猫を二匹飼って、かなり現代的な猫ヤマイ症状を呈していたようですが、庄造もまた、気は弱いが女にはもてる、みたいな典型的ダメ男でありながら、いや、だからこそ? 猫命。

谷崎文学の解説者は、いろいろしかつめらしいことを言って、登場する猫に何かの象徴性を読み取りたいのかも知れません。でも猫好きなら、ただもう猫がどうなってしまうか、それだけが気になってどんどん読んでしまいます。
同時に、昔の日本家屋のたたずまいや町並み、今より人々の心がわかりやすく短命でもあった時代の空気が、行間にいきいきと浮かび上がって見えてきます。
やはり、この語り口、半端じゃありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示