サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 葛城リョウジさんのレビュー一覧

葛城リョウジさんのレビュー一覧

投稿者:葛城リョウジ

18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本自立と孤独の心理学

2003/05/18 18:26

読んで考える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本には人間の心理、そこからくる行動、これらの本質が書かれている。恐怖、不安の根底には何があるのかよくわかる。全体的に難しい用語や表現もなく、非常に読みやすかった。逆に表現が曖昧過ぎて、考えてしまう所もあったが大丈夫だろう。悩んでいる人は一度読んでみてはどうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本鉄槌!

2002/11/19 18:41

まず読むべし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は漫画家であるいしかわ氏が、自身が体験した裁判について綴った、ノンフィクションの傑作である。
 数年前の1月、著者は友人とスキーをするため、志賀のスキー場へ出かけた。その帰り、著者らはトイレ休憩のためバスを降りた。トイレから帰ってくると、バスはいなかった。厳寒の山中で、スキーバスに取り残されてしまう。まもなく、違うバスが通りかかったおかげで、何とか助かることができた。その後、この出来事を漫画誌に書き、なぜかスキー会社に訴えられてしまう。ここから、長い裁判が始まる。その中で感じた初めて裁判に向かう難しさ、裁判自体の不可思議さを、ユーモアを交えた読みやすい文体で、展開している。
 評価する点は多々ある。しかし、まず読んでもらいたい。一度読んでみて、損はない。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本図南の翼

2002/11/14 17:17

図南の翼

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 十二国記の魅力は、壮大であり、緻密でもある世界観である。図南の翼でも、この世界観をストーリーの中で、十分に表現している。今回は十二国記シリーズを通して、頻繁に登場する舞台を使用し、物語を展開している。だが、全く使い慣れた舞台という感じがしない。これは、世界観が完全に設定されていない場合、不可能である。
 確かに、主要な登場人物はシリーズごとに変化し、同じ舞台を登場させる場合は、新たな視点からストーリーを展開している。この手法を採れば、どの物語も新鮮で、飽きが来ないと考えられる。現に、この様な手法で物語を展開している作品は、世の中に数多く存在する。しかし、架空の世界を舞台に、この手法を使うことは非常に難しい。
 架空の世界で主要な登場人物をシリーズごとに変えればどうなるだろう。世界観が固定していない場合、雰囲気が変わり、全く違う物語となる。人と人、人と生活環境、人と世界等に矛盾が生まれる。同じ舞台を新たな視点から見る場合も、同様である。世界観が広く、深いものでなければ、ストーリー展開に無理が生じる。あるいは、新鮮さがなく、すぐに飽きが来てしまう。
 したがって、十二国記シリーズの手法は、世界観が完全に設定されていない場合、不可能である。この物語の中では、大事業を企てることを、図南の翼を張ると言う。正に、図南の翼を張っているに値する世界観を、多くの人に感じてもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本魔性の子

2002/12/03 00:17

良い設定

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ファンタジー小説である十二国記の、もう一つの物語である。それにも関わらず、十二国記を読んでいなくても、十分楽しめるものとなっている。
 確かに、十二国記に限られた用語もある程度使われている。登場人物は、いうまでもない。しかし、ある手法がこれらの制限を消している。
 それは主人公設定である。ストーリーの主人公である広瀬は、十二国記の世界観に何の関わりもなく、知りもしない。これにより、読み手側も広瀬と同様、自由に世界観を体験できる。
 十二国記を読んだことある人も、そうでない人も一度読むことを薦める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本黄昏の岸暁の天

2002/11/29 00:25

深まる世界観

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今回のストーリー内容は、十二国記の世界観をさらに深めるものとなっている。多国間の協力、唯一天の意向を知る碧霞玄君の登場、十二国記の世界を定める天の摂理の性質、等を中心としたストーリー展開は、大きな世界観の表現に、重要な役割を担っている。
 多国間の協力では、延と慶の二国に加え、恭、範、才、漣、奏の五国、計七国となっている。それぞれの国の、王、麒麟に大きな魅力が感じられた。これらの、魅力あるキャラクターが、ストーリーにどう絡んでいくかは、非常に見ごたえがある。
 碧霞玄君に関しては、その存在を通し、様々な面から、天の存在意義に迫ることになる。その過程では、不思議な緊張感を味わうことができる。
 天の摂理では、覿面の罪等を例にし、その意外な性質が明らかになる。これは、ストーリーの大きなポイントになっている。
 十二国記の世界観を、さらに深めたい人は、一度読む価値がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生に楽はない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、自分に執着しない生き方について、著者の実体験を踏まえ、様々な角度から述べたものである。全体的に読みやすい文体で書かれ、内容も分かり易く、共感する部分も多かった。それと共に、自分に執着しない生き方を行う難しさを感じた。
 確かに、誰しも自分に執着している。それゆえ、悩み、悲しみ等の様々な負の感情が生じる。人生の中で、これら負の感情から逃げてしまう時も少なからず存在する。自分に執着しなければこの様なこともないのかもしれない。しかし、そんなに簡単に自分の執着から抜け出せるのだろうか。
 本書では、著者は自分に執着しない生き方を実践しているが、その苦しみは計り知れない。負の感情と共に喜び、楽しみさえも、消えている気がする。そこまでして、何が得られるのだろうか。それは生きがいである。生きている実感である。人生でこれに勝るものはないだろう。
 自分に執着しようがしまいが、個人の自由だが、生きがいを得たいのなら、ある程度の苦しみは必要である。人生に楽はないのだ。この本を読めば、苦しい気持ちが、少しは楽になるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本子どものトラウマ

2003/05/18 18:12

深い傷はトラウマだけではない

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子どもの虐待にはどのようなものがあるか、非常にわかりやすくかかれている。子どものトラウマに関しても、理解しやすく述べられている。しかし重要なことがぬけている。それは心理的虐待でおきる心の傷だ。これに関する記述が少ない。
 確かに心理的虐待では、性的虐待でおきるようなトラウマはない。だがその辛さはトラウマに匹敵する。本当に傷ついた心を癒したいと著者が考えるのなら、これに関してもう少し書いてほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本これから 五〇代の居場所

2002/11/17 20:29

若さ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はマンガコラムニスト、マンガ評論家、夏目氏のエッセイである。題名通り、50代を迎えた著者が、これからの人生について、自分の考えを述べている。ユーモアを交えて、書かれているので、全体的に非常に読みやすく感じた。不思議なことに、著者の考え、意見を読んでいると50代の人というよりむしろ、20代の青年のような雰囲気が感じられた。
 確かに本書には、老眼になった、孫ができた等の、50代らしいエピソードが数多くあるし、自分の年代の立場、責任についても、しっかりとした考えを持っている。
 しかし、それらの中にも、他人の意見をしっかり聞き入れようという柔軟性がある。というよりむしろ、他人の考え、意見を聞きたがっていると言ったほうが正しいのかもしれない。
 この様な、謙虚な姿勢がエッセイの要所で感じられた。これも、著者の心の若さにあるのだろう。マンガを様々な視点から評価できる、柔軟さも、この心の若さにあるといっても過言ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本だサル コンピューター魔道篇

2002/11/15 22:15

共に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 漫画家である、いしかわ氏のパソコン苦労話第9弾である。毎回苦労話が絶えないが、今回も様々なトラブルに奮闘している。パソコンを使っている人なら、経験がある、あるいはこれから起こりそうなトラブルばかりで、著者の苦労を身近に感じることができる。内容が難しそうだと感じる人がいるかもしれないが、その心配は全くない。
 確かに、ある程度のパソコン用語があり、多少の知識も必要かもしれない。時には、パソコンを使っている人でも、読んで理解できないところもある。しかし、この様な場合、著者も理解していないのだ。
 これがこの本の魅力の一つである。本の中では、パソコンに問題が起きた場合、様々な方法で対処し、その過程を詳細に書いている。それにより、読者側は問題が解決した場合、著者同様にその原因がよく理解できるし、解決しなかった場合は、理解できない。いい意味でも、悪い意味でも、共に一体となっている。
 したがって、内容が理解できても、できなくても、どちらでもいいのだ。必要な知識は何もない。あなたも、著者と共に奮闘してみてはいかがか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本秘密の手帖

2002/11/15 02:29

新たなページ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は、漫画家である、いしかわ氏と様々な人物との出来事、関係を中心としたエッセイである。秘密の手帖という名前通り、著者だけが知る出来事を、ユーモアを交え、読みやすい文体で展開している。全体的に、著者の人間に対する信頼感が大きく感じられた。 
 もちろん中には、自身の楽しい体験ばかりではなく、嫌な体験も書かれている。それに加え、どの体験も詳細に、且つ理解し易く書かれていることで、著者の考えが手に取るように理解することができた。しかし驚くべきことに、全体を通し、他人に対する悪意が全く感じられなかったのだ。
 これは著者の人間性によるところが大きい。本の中では、様々な人物が登場するが、どの人物との出来事にも、自分の解釈を素直に書いている。それに、著者に親しい人物は当然ながら、面識の少ない、あまり友好的ではない人物まで、詳しく観察している。
 これらは、心の中に人間に対する信頼感をもっていなければ、大変難しい。著者は、どんな状況であれ、心のどこかで人間を信頼しているのだろう。秘密の手帖の新たなページを発見した気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

諸刃の剣

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本の内容は、人間同士の対話により、哲学実技の方法を明らかにしていくものである。対話では、著者が自分の考えを話し、それに対し他の人間が意見、考えを述べる。考えが合わない、理解できない、あるいは対話をする必要がないと感じた人間は、対話から抜ける。感想としては、理論の展開方法、内容等は興味深く、満足できた。だが全体的に、対話という手法が生かされていないと感じた。
 確かに、対話という方法により、個人の意見や考えが多面的に評価され、理解も深まる。本の中でも、その利点がある程度感じられた。しかし、全体的な流れが無理に一定方向に傾いている違和感があった。
 特にそれが表れているのは、以外にも利点であるはずの対話という方法である。本の中では、ある意見、考えに理解できない人間は、対話するメンバーから徐々に抜けていく。この対話の展開方法は、流れのアクセントになっているが、これにより物事の多面的な評価が薄くなっているのだ。それにより、一方的で強引な理論が部分的に見られた。
 したがって、対話という手法が生かされていない。皮肉にも対話のある一定の展開方法が、諸刃の剣となり、その剣により対話という手法が殺されてしまったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者の読書術

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 自分をとり戻すための読書術が書かれているわけではない。著者自身が読書によって、自分をとり戻していることを述べている。エッセイに近い。全体的に、非常に読みやすかった。普段あまり読書をしない人に薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本放浪の戦士

2002/12/01 20:44

稚拙

8人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 全体的に、非常に文章が洗練されていない。人物、風景等の描写が乏しく、まったく世界観から魅力が感じられない。その上、文章の大半が人物同士の会話で構成され、読者側は非常に読みづらい。会話ばかりだと、文章にリズムがでない。そのため、すぐに飽きがきてしまう。
 ストーリー、登場人物等を見ても、この手の小説としてありがちで、魅力がない。全体的な世界観も安定していない。文章の稚拙さが、これらをさらに強化している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本太宰治弱さを演じるということ

2003/05/24 11:11

過剰な弱さは演技か?

6人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は、太宰治の小説を読み、彼が弱さを演じていると思ったことはない。この本を読んでもそれは変わっていない。自殺をする人間が弱さを演じるだろうか。私は、演じているとは思えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本「心」はあるのか

2003/05/19 17:53

先ず心

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全体的に読みやすく、理解しやすい内容だった。心を様々な面から考え、最終的に心はあるのか、という問いに答える。私は著者と心の捉え方が違っていて、内容に全く共感はできなかった。心がどのようなものか、自分自身の考えをしっかりもっている人は読むべきではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

18 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。