サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぱんざさんのレビュー一覧

ぱんざさんのレビュー一覧

投稿者:ぱんざ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本他人の顔

2003/01/15 22:32

夢の中へ…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この小説のおびを見た時、今流行の整形手術を題材にした推理小説かと思った。しかし、推理小説にはたくさんの固有名詞が現れるが、この小説には一つも出てこない。読み始めは、今までにあまり経験したことのない書き方なので少し戸惑うが、読み進んでいくうちに意外な展開に徐々に引き込まれていく。まさに、意外な展開である。私たちは、普段「自分が自分である」ということに疑いを持たないし、誰もが「わたしをわたし」と認めていてくれると信じている。しかし、その基盤が、ある日突然崩されてしまう。この小説は、そうゆう小説である。考えてみたら、とても恐ろしいことである。しかし、最終章へたどり着いて読み終えたときに、この書評の題にある「夢の中へ、」という感じと共に、なんとなく「ほっと」させられたような楽しい気持ちになる。このような小説は、あまり見かけないので一読の価値があるとおもう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示