サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とみさわ昭仁さんのレビュー一覧

とみさわ昭仁さんのレビュー一覧

投稿者:とみさわ昭仁

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ポケットの中の野生

2001/02/09 17:48

『ポケットモンスター』がなぜ子供たちを虜にし、世界規模での社会現象になったのか。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いまからおよそ40年前、社会人類学者レヴィ=ストロースは、自然界や未開社会の中にある秩序を「野生の思考」と名付けた。それは文明に粉飾された現在においても失われることはない。

たとえ大人たちが気付いていなくとも、野山や公園で遊ぶ子供たちは、無意識のうちに現代の「野生の思考」を身に付けているのだ。

 著者・中沢新一は、本書の中で『ポケットモンスター』こそが<人間の心の中で発芽を待っている「野生の思考」に健全な生育の場所をあたえている>数少ないケースなのだと論じている。

 全世界で1000万本以上を売り上げた『ポケットモンスター』については、これまであらゆるメディアで語られてきた。けれど、それらはすべて表面的な現象をトレースすることばかりに終始し、作品の本質に迫ったもの数えるほどしかない。『ポケットモンスター』がなぜ子供たちを虜にし、記録的な売り上げを達成し、世界規模での社会現象になったのか。本書を読めば、その秘密の一端が明らかになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本成沢大輔のゲーム仁義

2000/07/25 19:48

成沢大輔のゲーム仁義

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、ダビスタ伝道師としても名高いゲーム評論家の成沢大輔氏が、『週刊漫画アクション』に連載していた人気コラムを単行本化したものだ。

 以前から、その歯に衣着せぬ論調で、数多くの敵も作ってきた成沢親分だったが、このコラム連載でのソフトな語り口から「最近はすっかり丸くなった」との声も聞く。

 ところが! よくよく読み込んでみれば、全然そうじゃないに気づくだろう。成沢親分は、昔も今も、変わらずゲームへの愛を過剰なまでにほとばしらせている。かつては、愛しすぎるがゆえに、その情熱をコントロールすることができず、ときには厳しい口撃となってしまうこともあった。

 では今は? と言えば、丸くなったのではなく、思いを的確に伝える技術を身に付けたのだ。

 親分は、仕事としてゲームに触れてきた時間も、趣味としてゲームに浸ってきた時間も、そこらのゲーム評論家とは深みが違う。年季の入り方が違う。円熟味を増した成沢親分が、体当たりでゲームについて語る『ゲーム仁義』。まだ若く、これからのゲーム業界をになう血気盛んなゲーム野郎にこそ、読んでおいてもらいたい1冊。
(とみさわ昭仁/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示