サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 姫神山さんのレビュー一覧

姫神山さんのレビュー一覧

投稿者:姫神山

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本北京の檻 幽閉五年二ケ月

2006/10/07 19:49

中国を見る眼経験の深さ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

北京の檻を一気に読んだ。 幽閉五年二ヶ月。共著者となる鈴木正信氏はまことに、数奇な運命で昭和を生き抜いた方である。あの文化大革命のころ、私は社会人になり立てだった、時代だ。日本のマスコミが持ち上げ、持ち上げ、支局を維持しようと言いなりになっていた時代だ。突然、日本人が拘束される、常駐の記者が危ないという噂が流れていたが、マスコミは中国礼賛がほとんど。唯一、産経新聞だけが違っていた。だが、産経は北京に支局を開設できない。同じころ、鈴木さんのような人が辛酸を舐めていたのだ。こういう経験をした人は鈴木さん以外にもあるだろうが、様々な理由で、執筆できなかったのだろう。香取氏が10年を越える歳月をかけて、聞き取っていった努力に敬意をはらいたい。共産中国がひどい階層社会であること、幹部は食事が全く違うこと。この辺はちょっと、日本人と感覚が違う。中国という国は人治の国。トップが替わればころっと変わる。4千年の歴史で、いつも、情報、公安が裏で、蠢動する。現在でもこの特性は変わるまい。問題は、彼らの中が激しい、対立を含んでいることだ。鉄道も、教育制度もずいぶん、日本は貢献している。日本という敵をあざとく強調し、国内の不満を外敵に向けようとする。個人の経験ながら、中国の裏面をよく理解させてくれる。鈴木、香取の両氏の労作は一時代の歴史を記録に残す労作である。目先の利益で、資本投資を中国に積み上げることの危険性を教えてくれる。危ない隣人であるが、互いに移転は出来ない。北朝鮮を野放図に走らせているのも、中国政府。日本のメディアは中国政府によって、コントロールされているといっても、あながち、検討はずれではあるまい。中国という国を知るための必読書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示