サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 冬可さんのレビュー一覧

冬可さんのレビュー一覧

投稿者:冬可

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本新耳袋 現代百物語 第6夜

2004/07/25 13:58

怖いけど読みたい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「新耳袋」も「第六夜」まで読み進めてきました。まだ読んでいない人にお話しするとすれば、これは必ずしも「ほんとにあった怖い話」というのとは違うんですよ。私がこのシリーズを読み続けるのは、「本当にあった話」ということと、作者の真摯な取材と編集に対する気持ちに信頼を置いているということもあるんだけど、中には「怖くない話」もあるんです。怖いのは無限に怖いけれど。訳も理由もわからないけれど、ある日突然とか、いつもいる場所でとか、今まで生きてきた中でたった1回だけだとか、そんなふうにふつうに生きているふつうの人が経験したことを、感情や検証討論とかそんな無駄な物を加えずに語ってあるのがいいのかもしれません。誰がなんと言っても実際に経験したという強みのような、だからといってそれを声高に言ったり理由を無理矢理追求したり、周りに押しつけたりしていないところもいいですね。あ、それからもうひとつは、「夜にまつわる〜」とか「建物にまつわる〜」とか「路上で出会った〜」なんていうふうにまとめてあるのも読みやすいかも。この「第六夜」では、「噺家に関する六つの話」というのが新しいですね。やはり芸能関係のお仕事をしている人の体験談はとても多いけれど、それ以外のお仕事の人がひとまとめにされて紹介してあるのは初めてです。まあ、噺家さんもラジオテレビとは縁がありますけど。ほかに「第六夜」には「絆を感じる話」が14話まとめられていたのが良かったですね。個人的には「約束」が好きでした。ただ単に怖いと言うだけでなく、読んだ方それぞれに心に残るお話が在るかもしれません。どうですか? 新耳袋で未知の扉を開いてみては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どう言えばいいのかわからないけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短歌を読むわけでも詠むわけでもないので、短歌のことはまだよくわからないけど、エッセイの部分は何度読んでも心に響くものがある。どう言えばいいのかわからないけど、わたしにとっては迷ってる事の答えがこの本の中に全部在るって感じ。特にいろいろな人たちとの関わりがとても凝縮されていると思う。刑務所という閉ざされた場所にいて人とのかかわりは極端に少ないはずなのに、その悩みや悲しみ、喜びは塀の外にいる私たちと同じ。つまり塀の外の私たちだって、結局はたいした数の人達と関わっている訳じゃないし、自由がある分、個々の関わり方が薄いのかもしれないなんて思ったりした。郷さんの気持ちを考慮せずに言えば、殺人を犯した人が、人間って素晴らしいって事、生きるって素晴らしいって事(楽しさも喜びも悲しみもむなしさもあるって事)を教えてくれている不思議。短歌に何の興味もなかった人にも十分読めると思う。短歌のことを知らない私が読んでもすごいなって思った。短歌に詳しい人が読むとどうなんだろう。でもいちばんわかりやすい表現としては「すべての人にこの本のこの人の存在を知ってもらって読んでもらいたいと同時に誰にも知らせたくないという気持ち」それから、同じ本を読んでも同じ物を見ても聞いても個々によってその感じ方が大きく違うことは当たり前だし、自分以外の人の事は、今まであまり気にしたことはなかったけれど、他の人はこの本を読んでどう思うのかを今までになく強く感じた本でもある。私が気づかなかったこと、感じなかったことを教えて欲しい。そんな気持ちになった。今、この本を私は枕元に置いている。夜、寝る前に、朝起きたときに手に取る。そしてその日の自分の戦いの場に出かけていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示