サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 音羽ふらとさんのレビュー一覧

音羽ふらとさんのレビュー一覧

投稿者:音羽ふらと

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本買売春と日本文学

2004/10/05 16:53

フェミニズム論の視点から日本文学をきる斬新な試み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルに「買売春」という言葉が使われている。「売春」は耳慣れているが、「買春」は目新しい。その意味するところは、私なりの解釈では、「男性が圧倒的に買う側に立つ男性優位社会において、金銭などと引き換えに女性の性器と人間存在をモノとして所有し、消費し、あるいは破壊してきた男性行動、およびこれを支え、促進してきた社会的、文化的装置」と要約できる。

 本書は徹底して女性の性と人間存在の擁護の視点に立っている。近年日本でも盛んになってきた女性学だが、日本文学の領域におけるフェミニズム論に立脚した研究成果が、買売春を描いた文学書についての解説・分析を中心に、ひとつの実りをみせていると思う。

 まず「買売春問題へのアプローチ」と題し、特定の文学書を取りあげるのでなく、より根源的、包括的レベルから4人の研究者が論じる。問題は「性の商品化」よりもむしろ女性が男性に「所有」される奴隷性にあること、日本の国家権力が編み出した性暴力装置である「従軍慰安婦」制度の根底には当時の公娼制度(国家公認の買売春統制)があり、それは女性への性的搾取を合法化するシステムであったことなど、本書の切り口と響きあう重要な洞察が散見される。

 次に「文学に描かれた買売春」と題し、平安・鎌倉から近世、明治、大正・昭和、敗戦後、現代と大きく五つの時代に分け、遊女の誕生から「援助交際」する女子高生にいたるまでの買売春行動が描かれている様々な文学書について、25人の研究者、歌人、詩人がおのおの25のテーマに沿って解説・分析する。各解説が参考になるとともに、時代による買売春行動の変容が浮き彫りにされ、女性を蹂躙する買売春装置を無自覚に受容しつつ創作された文学書や、これを高く評価する既存の文芸批評が照射され、女性の性と人間存在を擁護する視点にたった新しい見解が提示される。

 他に「ポルノグラフィー」「遊郭」「援助交際」など5つのコラムが処々に配置されている。巻末に索引と参考文献一覧があればなおのことよかった。

(『書誌年鑑2003』より転載。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示