サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りみさんのレビュー一覧

りみさんのレビュー一覧

投稿者:りみ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本史的解明独島(竹島)

2005/03/31 01:55

うーん、これに対する日本側の反論はあるのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の政府関係者は、この内容に十分に反論していける
だけの内容をもっているのだろうか、心配である。
筆者の主張のポイントは、いくつかあるが、重要なものは
まず、徳川幕府が紆余曲折を経てではあるが、竹島を韓国(朝鮮)の領土として
認識するに至っているということである。
次に、明治政府が徳川幕府の認識を引き継ぎ、竹島を韓国(朝鮮)の領土として
認識していたということである。もちろん史料付きで説明されている。
第三に、ところが明治政府は日露戦争を境にして、地政学的戦略的な観点から
竹島の位置に着目。漁師からの漁業上の要求もあって竹島を日本領土にすること
に決め、一旦韓国側の領土だと認識していた事実を忘れたかのようにして、1905年島根県に編入。この当時欧米列強から領土上の野心を見抜かれることや、韓国側からの抗議を恐れたためか、領土の拡大という重要事項にも関わらず官報にさえ記載しなかった。しかししばらくして気づいた韓国側は日本に対して猛烈に抗議した。
第四に、GHQから出された日本の領土の決定に関する事項の中で、竹島は日本の領土でなくなることがはっきり明記されていることである。

こうした事実を反論できる関連図書の出現を待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示