サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こやさんのレビュー一覧

こやさんのレビュー一覧

投稿者:こや

276 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本デモクラシーの古典的基礎

2004/02/08 03:15

出版社からのオススメ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『政治の成立』で,パラデイクマ,ディアレクティカ等の基本タームを用いて,イリアス,オデッセイア等のテクスト分析を行ない,実証史学の成果と合わせて政治の成立を論証した著者が,本書ではギリシア悲劇や叙情詩の分析を通してデモクラシーの成立を論証する.書下し2560枚.
〈主要目次〉
0 序——デモクラシー論の系譜
I <二重分節>
II 批判の新しい形態
III 政治的パラデイクマの再構造化
結 デモクラシーの概念
【担当編集者から】
ローマ法を論じる前提として,ローマの政治体制を理解し,デモクラシーの基礎を解明しようとするローマ法研究者の渾身の力作.緻密な論理の展開と圧倒的な構想力.ともかく手にとってみて下さい.


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本法哲学講義

2004/03/21 03:15

出版社からのオススメ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

法哲学のあらゆる論点を網羅した決定版テキスト
〈主要目次〉
緒論
第1編 法の特質
 1法と政治と道徳/2法と道徳/3法の拘束力/4自然法
第2編 法の目的
 5正義/6人権=個人の価値(1)現代の人権/7人権=個人の価値(2)自己決定権/8人権=個人の価値(3)「その人なりの生き様」への着目/9人権=個人の価値(4)幸福追求権から構築した人権論/10環境/11(補論)課題としての「即且対自」
第3編 法と国家
 12国家論/13民主主義と自由主義(1)民主主義対自由主義/14民主主義と自由主義(2)政治と自由・民主主義/15戦争責任論/16日本における〈前近代・近代・超近代〉/17抵抗権/18司法をめぐる合理化と人間化/19象徴天皇制の法哲学
第4編 法の技法
 20法の解釈(1)法解釈作業の分類と法解釈の客観性・主観性/21法の解釈(2)価値判断/22法の解釈(3)(補論)法解釈に対する社会科学の貢献/23法の解釈(4)規範主義と決断主義/24擬制と法/25(補論)戦後日本の法哲学——その方法をめぐって

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
第1章 心理学研究とは何か
第2章 質的調査:観察・面接・フィールドワーク
第3章 量的調査:尺度の作成と相関分析
第4章 実験の論理と方法
第5章 準実験と単一事例実験
第6章 教育・発達における実践研究
第7章 臨床における実践研究
第8章 研究の展開:研究計画から発表・論文執筆まで
 付録1 学会・ジャーナル案内
 付録2 心理学における倫理の問題
【担当編集者から】
 本書は,卒業研究などではじめて心理学研究に取り組む学部学生から,研究者として本格的に心理学の研究に携わっていこうという大学院生までを視野に入れて,心理学の研究法を解説したものです.従来主流であった実験的方法や統計的分析の方法はもちろんのこと,観察・面接・フィールドワークなどの質的研究や,教育・発達や臨床における実践研究にも力点を置いてていねいに説いています.また,はじめて研究のテーマを選ぶ時点から学会発表や論文執筆の時点で行うべきことを具体的に示しています.関連学会のこと,研究倫理のことにも触れています.




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カント哲学における事物や世界の「存在」と私たちの「経験」との関係を解明することによって,超越論的哲学のより広い可能性を開くことを目指す.認識論から存在論への軸の移動という現代哲学の一つの源流としてカント哲学を位置づける本書は,現代哲学の直面する諸問題を新たな視点から直視する.
〈主要目次〉
まえがき
序章
第1部 経験・存在・世界
第1章 存在と経験
第2章 経験的実在論と超越論的観念論
第3章 『純粋理性批判』における世界概念
第4章 世界と経験
第2部 反省的判断力と超越論的哲学
第5章 共通感覚と超越論的哲学
第6章 趣味判断の生成と構造
第7章 図式・象徴・美感的理念
第8章 美の両義性と道徳
第9章 自然の存在論的偶然性
第10章 反省的判断力と超越論的哲学
付章 反省的判断力のその後の展開

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本地球生物学 地球と生命の進化

2004/03/04 03:15

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

地球と生命のシンフォニー—地球はその誕生から今日に至るまでどのような歴史を歩んできたのだろうか.そして,生命は変動する地球環境のなかでどのような進化の道筋をたどってきたのだろうか.地球科学と生物科学の2つの視座からダイナミックにとらえる地球生命史. 
〈主要目次〉
第1章 現代の地球観
第2章 地球の誕生
第3章 地球の年齢
第4章 地球史を記録する地層
第5章 生命を記録する化石
第6章 地質年代と編年
第7章 生命の起源
第8章 先カンブリア代の世界
第9章 古生代—三葉虫の時代
第10章 中生代—爬虫類の時代
第11章 新生代—哺乳類の時代
第12章 第四紀—人類の時代
第13章 生命の多様性 


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本現代ロシア法

2003/10/08 03:15

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
序章 ロシア法とは何をさすか(小森田秋夫)
第1章 ソビエト社会主義法(小森田秋夫)
第2章 体制転換と法(森下敏男)
第3章 民主的法治国家(大江泰一郎・竹森正孝・樹神成)
第4章 裁判(杉浦一孝・小森田秋夫・伊藤知義・上田寛)
第5章 経済システムと法(大江泰一郎・伊藤知義・武井寛・森下敏男)
第6章 生活システムと法(森下敏男・篠田優)
第7章 団体・情報と法(武井寛・森下敏男・阿曽正浩)
第8章 人・市民・民族と法(早川弘道・渋谷謙次郎)
終章 ロシア法研究のすすめ(大江泰一郎)
【担当編集者から】
 「ロシア法」のみならず,その背景,さらには,ロシアそのものに関心をお持ちの方にも,ぜひご一読いただきたいと思います(MS).

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
I 基礎編
 1 テフラを生む噴火—噴出,運搬,堆積,分布特性
 2 テフラ層の単位と名称
 3 テフラの同定法
 4 テフラの噴出年代測定法
 5 日本地域のテフロクロノロジー
II 日本のテフラ各論
 1 広域テフラとは
 2 後期第四紀の広域テフラ
 3 日本各地の後期第四紀テフラ
 4 中・前期更新世の広域テフラ
 5 日本列島周辺の海底テフラ
付1 海外の大規模テフラ
付2 第四紀広域テフラの火山ガラスの化学組成
付3 代表的広域テフラの顕微鏡写真
文献/一般事項索引/テフラ名索引/テフラ略号索引
【担当編集者から】
 長らく品切れが続いてご迷惑をおかけいたしました.初版刊行後約10年の成果を集大 成した全面改訂版です.改訂にいたる背景と改訂のポイントは以下の通りです.
 1)中・前期更新世の広域テフラに関する知見(岩石記載的特性,層位,年代)が著 しく増加した.II編4章が充実.
 2)海洋底に分布するテフラについての資料がさらに増加し,海と陸の古環境の対比にテフラの果たす重要性が高まった.II編5章が充実.
 3)テフラの噴出年代について,放射炭素年代の暦年較正法ほか年代測定法が進歩し,より信頼性が高まった.年代については全面的に改訂.
 4)旧版では資料が少なかった地域についてのテフラが記載され,各地域間のテフラの対比・編年が改められた.
 5)海外のテフラについても大幅に改訂.
本分野の基礎資料として,火山学・地質学・第四紀学のみならず,考古学・土壌学な ど周辺分野でも大いに活用されることを願っています(MK).


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本英語の教え方学び方

2003/07/11 03:15

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東大駒場の英語から——7つの授業を紹介
東大駒場で英語を担当する教師が,自らが確信する教授法を実演.「語学」,「文学」,さらにはそれに関わる「文化」事象を,同時に,効果的に学習できる授業を実演して,新たな方法論を提案する.教師,そして学生も必読.
〈主要目次〉
序 新しい英語・英語文学の教育をめざして(斎藤兆史)
1時限目 文章理解
  テクストの産婆術——物語J.R.R.Tolkien, The Hobbit(山本史郎)
2時限目 読解
  授業における読解と問題練習——1篇の現代詩(アラン・デュラント)
3時限目 翻訳
  ネッシーは何語を話すか——スコットランド・アイルランド・中国の詩と英語(中尾まさみ)
4時限目 テクスト選び
  響き合う詩想——詩“Inglan is a Bitch”(アンドルー・フィッツサイモンズ)
5時限目 コミュニケーション
  すれ違う意思と会話の変貌——戯曲David Mamet, Oleanna(中村哲子)
6時限目 創作
  教室の中での言語,文学,創造性——詩“In the Kitchen”を手がかりに(ポール・ロシター)
7時限目 言語・文学・文化
  英語のなかの日本——日系人作家の小説(斎藤兆史)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
序論
第一章 国会開設前の政党
 第一節 立憲改進党の結党
 第二節 松方デフレ下の財政政策
 第三節 国会開設前夜の政局
第二章 初期議会期の政党
 第一節 民党の形成
 第二節 銀本位制下の財政政策
 第三節 対外硬への転換
第三章 日清戦争後の政党
 第一節 進歩党の結成
 第二節 金本位制下の金融政策
 第三節 民党の凋落と野党の再生
結論

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
1章 出向転籍小史
2章 出向転籍の人事戦略と本人評価
3章 準内部労働市場の変質
4章 経営戦略の変化と雇用管理・労使関係
5章 企業グループ連結経営と雇用・労使関係
6章 連結経営・雇用慣行・労使関係の諸類型
7章 出向転籍慣行の変化と展望
[担当編集者から]
 日本の大きな企業グループでは,出向や転籍といった慣行は日常的に行なわれてきました.この出向や転籍の問題をとおして,現在の経済状況の激しい変化にゆれる中高年の働き方が浮き彫りになってきます.企業の人事担当者などのそのままの言葉が収録されているのも興味深いところです.


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

認知科学に“生態的転回”を告げる最重要論文集
〈主要目次〉
0 アフォーダンスの構想の源(佐々木正人)
1 定位の生態学的理論と前庭システム(トーマス・A・ストッフレーゲン&ゲーリー・E・リキオ)
2 視覚情報による行為のタイミング制御(デヴィット・リー&デヴィット・ヤング)
3 いったい何が聞こえているんだろう? (W・W・ガーヴァ—)
4 ダイナミック・タッチ(マイケル・T・ターヴェイ)
5 ダーウィン進化論の哲学(エドワード・リード)
6 知覚-行為サイクルの熱力学的根拠(スヴェンソン&ターヴェイ)
【担当編集者から】
 すっかり現代思想のキーワードになった「アフォーダンス」.ギブソンが提唱し,人間の視覚・触覚についてばかりか,進化論の考え方まで変えてしまうというこの革命的なアイディア,日本では佐々木正人先生が精力的に紹介されてきました.では,アフォーダンスという発想で,なにか研究を構想するというのは,どういうことなのか? この本は,ポスト・ギブソンの花形役者らによる,研究とユニークな解説とで構成されています.“アフォーダンス研究入門”として,長く読みつがれてもらえればと思っています.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
序 章 資本主義はどこに行くのか?(三和良一)
第一部 二十世紀資本主義の歴史的位置
第一章 資本主義の発展段階——経済史学からの接近(三和良一)
第二章 二十世紀福祉国家の形成と解体(加藤榮一)
第三章 資本主義の来し方行く末——過剰富裕化の進展と極限(馬場宏二)
第二部 二十世紀資本主義への視座
第四章 アメリカ型資本主義の創出と経済政策思想(平出尚道)
第五章 ドイツ資本主義とナチズム(田野慶子)
第六章 バブル崩壊とグローバル資本主義(上田章)
第七章 欲望の「見えざる手」(杉浦勢之)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本安藤昌益からみえる日本近世

2004/04/11 03:16

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉

第一章 昌益の学問否定の本質
第二章 昌益の学問否定と秋田藩の農民政策
第三章 天変地異の思想
第四章 昌益の本草学
第五章 延享期昌益の思想
第六章 昌益の思想形成と「太平記読み」
終章 昌益からみえる近世社会
【担当編集者から】
 著者は卒業論文執筆以来,安藤昌益と向き合い,独自の思想を獲得するに至ったか,追究してきました.ただ,昌益という思想家の生涯はあまりに謎が多く,ある著名な研究者は,それを明らかにしていく作業は「とうてい個人の力をこえたもの」と言い切っていました.しかし著者は,昌益が読んだ本を一冊一冊確定するという,気の遠くなるような作業をはじめることから研究に取り組み,昌益の思想の基盤を掘り起こしていきました.そのなかで,『太平記評判秘伝理尽抄』という本と出会います.独創的な思想家・昌益,当時流行っていた「太平記」講釈のネタ本.一見,不思議な取り合わせですが一人の思想家と一冊の書物との交差点に立つと,「常識」という同じ時代に生きた人びとが共通してもっていた意識がみえてきたのです.思想史研究,近世史研究に新たな視角と方法を提起していく一冊です.


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本概説フランス法 下

2004/04/11 03:16

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

〈主要目次〉
第3部(続) フランス私法の基本原理(II)——債権法における意思自治と被害者救済の現代的基調
 1編 契約法と意思自治の原理
 2編 不法行為法と被害者救済の現代的基調
第4部 フランス公法の基本原理——公的自由の確保と基本的人権の保障
 1編 自由と人権の基本原理
 2編 フランス実定法における主要な自由と人権
第5部 フランス社会法の基本原理——社会的制度としての企業概念と労使関係の透明化
 1編 社会的制度としての企業概念の探究
 2編 労使関係透明化のための企業委員会制度


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本社会基盤メインテナンス工学

2004/04/11 03:16

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鉄道,道路,橋など,日本の産業と生活を支える社会基盤施設をいかに維持管理していくか.いま求められるメインテナンス工学を,初めて包括的に体系化した教科書.メインテナンスのマネジメントから,劣化の要因と機構,点検・モニタリング・診断、補修・補強,新設構造物の設計・施工へのフィードバックまで,バランスよくまとめられている.
〈主要目次〉
はじめに
1 社会基盤メインテナンス工学 序論
2 メインテナンスマネジメントシステム
3 構造物の劣化の要因と機構
4 構造物の点検・モニタリング・診断
5 構造物の補修・補強
6 メインテナンスから新設構造物の設計・施工へのフィードバック
7 次世代の社会基盤メインテナンス工学
索引
【担当編集者から】
 本書は,社会基盤メインテナンス工学の確立と体系化を目的とし て土木学会に設立された「メインテナンス工学連合小委員会」の2年間の研究成果をも とに,基本的教科書としてまとめられたものです.近年,特に大学の土木系学科にお いて必須の講義科目となりつつあるメインテナンス工学の標準的な教科書として活用いただきたいと願っています.



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

276 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。