サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鐸木 能光さんのレビュー一覧

鐸木 能光さんのレビュー一覧

投稿者:鐸木 能光

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

鬼族

紙の本鬼族

2003/01/14 14:56

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本は「鬼が作った国」だという人がいます。多くの日本人は、自分たちのルーツもよく分からないまま、時代に合わせて器用に、従順に生きてきましたが、その裏には、正史としては語られない闇の歴史や物語があったのも確かです。「鬼」とは、その「裏の歴史」「闇の世界」を作ってきた精神の象徴と言えるでしょう。 21世紀を迎え、日本は今、自信喪失と不安の中で揺れています。気を抜いていると「鬼」がやってきて魂を抜かれますよ……というお伽噺的な警告を、現代人に向けて娯楽作品の形で提示したらどうなるか? クローン人間誕生の噂や、戦争に巻き込まれるかもしれないという不安感の中で幕開けした2003年。「面白いだけではない」作品という、ささやかな自負を込めて『鬼族』を送り出したいと思います。 もちろん、難しい話抜きで、誰もがふんだんに楽しめ、最後まで一気に読めることは保証いたします。書いた私自身、今までの中で出来に最も満足している自信作です。
 また、読み終わった後も、いくつかのオマケ的な楽しみ方ができるような仕掛けも隠しておきました。
 例えば、作中に登場するメールアドレスやURL(ホームページアドレス)は、実は「架空」のものではなく、全部「実在」します。ヒントはhttp://kizoku.org などに隠されています。登場人物にメールを出せば、応えてくれるかもしれません。
 刺激、息抜き、興奮、新たな興味……その気になれば何倍も楽しめる『鬼族』ワールドを、どうぞご堪能ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。