サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. プシュケーさんのレビュー一覧

プシュケーさんのレビュー一覧

投稿者:プシュケー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本進化とはなんだろうか

2006/09/18 17:29

仮説としての進化生物学

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 読後の疑問点だけを取り上げます。
 (A)「生物は生き物からしか生まれませんが、地球の歴史の中で一回だけ、無生物から生物からうまれました。それが生命の起源です。」(pp.25-26)
(1)「生物は生き物からしか生まれません」と「生物は無生物から生まれた」とはつじつまが合いません。
(2)なぜ「一回だけ」なのでしょう。その理由が述べられていません。
(3)「生物は無生物から生まれた」とは進化学者は唯物論者なのでしょうか。そうすると、この教えを学ぶひとはみな唯物論者になることになりますがそれでいいのでしょうか。
 (B)「種というのは、その内部でたがいに交配が可能な個体の集まりであり、それ以外の個体とは交配しないような個体の集まりであるという定義を出しました。これを生物学的種と呼びます。(中略)しかし、これでは困る事態がたくさんあるのです。たとえば、無性生殖の生き物はどうしましょう?」(pp.82-3)
(1)生物の分類のための「種」の定義がいまだに存在しない。そんな学問があるでしょうか。(そこで「種」の代わりに「個体群」(この本でも使用されている)とする人もいますが、個体群なら、石、惑星、紙、サル、机、と集めても個体群といえますが、もちろんそんなことはなく学者たちは「ひそかに」種の概念を忍ばせて「個体群」といっています。なにか論理が欠けているように思われます)
 (C)「進化とは、生物が時間とともに変化することです。そして、およそ33億年前に地球に出現した一つ単純な生物から、何百万以上にも及ぶ種が分化してきました。」(p.87)「種がどのように分化するかについては、まだまだ分からないことがたくさんあります。」(p.98)
(1)一方で断定しておきながら、そのあとで断定に譲歩をつける。どうして譲歩をつけるのでしょうか。真の学問でしたら、それほどの譲歩を必要とするのでしょうか。一つの仮説ではないのではしょうか。もちろん学問には仮説は必要ですが、それにしても仮説が多すぎます。この解決は若い皆さんの今後の課題になるでしょう。
 この本は多くの疑問点を私たちに投げかけていますが、そのことがかえって進化生物学に取り組む原動力にもなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示