サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 寮 美千子さんのレビュー一覧

寮 美千子さんのレビュー一覧

投稿者:寮 美千子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本夢見る水の王国 上

2009/06/12 10:45

著者メッセージ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『夢見る水の王国』が胚胎したのは、今を去ること約二十年前。少年ばかり主人公にしてきたわたしが、はじめて「少女」を主人公に書きたいと思った作品でした。1999年の東雅夫さんとの対談でも、この物語に触れています。
 ここでは『楽園の鳥』の構想も語っていて、『夢見る水の王国』が、『楽園の鳥』の作中作であると位置づけています。
 そして、その言葉通りこの世界に出現したのが『楽園の鳥』(泉鏡花文学賞受賞作)と、今回発売となった『夢見る水の王国』でした。
 物語は、房総の天羽という小さな海辺の町からはじまります。偏屈な祖父と二人きりで暮らしている少女マミコ。台風の翌朝、少女は浜辺で、角の折れた一角獣の木馬を見つけます。知らせに戻った少女を待ちうけていた悲劇。ショックのあまり、少女は、悪魔の子マコと、純真なミコの二人に分裂してしまいます。ミコから「名前と角」と記憶を奪って「世界の果て」へと逃げるマコ。角をなくした馬とともにマコを追うミコ。ミコは夢を見る子ユメミコ、木馬はその夢を読み解くユメヨミ。二人は、月の満ち欠けとともに、夢を手がかりに旅をします。雲母掘りの鉱夫、砂漠の舟人、黄泉帰りの森、月の神殿……。この世界とぴったり重なるもうひとつの世界。夢見であるミコは、夢によって、世界を回復することができるのです。ようやくたどりついた「世界の果て」で見たものは……。
 これは、月と水とをめぐる魂の旅の物語。癒されるために、深く傷ついた自分と向きあう物語です。千百枚という長い物語ですが、きっと飽きずに旅を楽しんでいただけると思います。ヒマラヤ、ガンジス河口、アリゾナの砂漠、トルコの高原など、さまざまな土地で見てきた驚異の風景が、幻想世界に反映しています。ぜひ読んでみてください。

 
【推薦のことば】
▼東 雅夫(アンソロジスト/文芸評論家)
読み進めるにつれて読者の世界観が一変してしまう――そんな力を秘めた物語こそ、本物のファンタジーなのだと私は思う。澄明な驚きと旅への憧れに満ちた『夢見る水の王国』は、その最新にして最深の実例に他ならない。

▼金原瑞人(翻訳家/評論家)
いつの間にか「剣と魔法の物語」になってしまった「ファンタジー」は、もともと幻想小説をさす言葉だった。寮美千子の新作は、そのことを鮮やかに思い出させてくれる。この作品は、最近、妙に薄っぺらくなってしまったファンタジーを、もともとあった場所に力強く引き戻してくれた。ゆるやかに広がり、きりきりと胸に迫ってくる、寮美千子の最新作。ファンタジーが美しい牙をむいてこちらをにらんだような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示