サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂書店
  4. 旭川店/MARUZEN旭川店(文具)

店舗詳細

ジュンク堂書店 旭川店/MARUZEN旭川店(文具)

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 旭川店/MARUZEN旭川店(文具) 旭川店/MARUZEN旭川店(文具)

フロアマップ[279KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 旭川店/MARUZEN旭川店(文具) 旭川店/MARUZEN旭川店(文具)

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒070-0031
北海道旭川市一条通8丁目108番地 フィール旭川4階~5階
電話番号

0166-26-1120

営業時間

10:00~19:30

定休日

10月無休 
11月無休 

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • カフェ
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • 万年筆友の会

アクセス方法

【JR】
JR函館本線/JR宗谷本線/JR富良野線/JR石北本線 旭川駅徒歩3分

【バス】
道北バス様
『1条通8丁目』停留所 徒歩1分

旭川電気軌道様
『1条通8丁目』停留所、『旭川駅前』停留所 等

店舗地図

Map data ©2018 Google, ZENRIN

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
駐車場情報はこちら>> (※フィール旭川に順じます。)
図書カード・QUOカードのお買い上げ、検定の受付のお支払いは駐車サービス対象外となっております。

お知らせ
当店は2018年10月6日(土)リニューアルオープンいたします。全てのジャンルの本、文具が5階に集約されます。
図書カード、QUOカードの販売も5階レジカウンターとなります。
リニューアルまでは改装作業をしながらの営業となります。
大変ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

代引サービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

お知らせ
当店でもPontaカード、dポイントカードがご利用いただけるようになりました。
書籍のご購入200円(税抜)ごとに1ポイントがたまります。
また、ポイントでのお支払いもできます。

しかも、お会計時にhontoカードと一緒に提示していただければ、ダブルでポイントがたまります。
ポイントご利用の際は、ポイントカードをお持ちください。

店舗紹介
当店は人文、社会、理工、医学等、各種専門書道北圏最大の品揃えを誇り、ギャラリージュンクもございますので、本をお選びいただく以外にも様々な時間の過ごし方が可能です。また、1万円以上お買上げのお客様には4F、「ブックマークカフェ」でお使いいただけるカフェチケットを差し上げております。

ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 旭川店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @junkudo_asahi
・LINE@: 「ジュンク堂書店 旭川店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 旭川店


店舗画像2

ジュンク堂書店 旭川店


店舗画像3

ジュンク堂書店 旭川店


店舗画像4

ジュンク堂書店 旭川店



お知らせ・イベント

旭川店/MARUZEN旭川店(文具)のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

旭川店/MARUZEN旭川店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

きりのなかのはりねずみ ノルシュテイン (作)

きりのなかのはりねずみ

ジュンク堂書店 旭川店/MARUZEN旭川店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店旭川店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|旭川店/MARUZEN旭川店(文具)
きりのなかのはりねずみ

はりねずみは、辺りが薄暗くなってきた頃、仲良しのこぐまの家へ野いちごの“はちみつ煮”を持って出かけます。
2人でお茶をのみながら星を数えるために・・・。
深く落ち着いた色調のさし絵が、読者をも霧の中へと誘い込むロシア作家の絵本。