サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 丸善
  4. 仙台アエル店

店舗詳細

丸善 仙台アエル店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

丸善 仙台アエル店 仙台アエル店

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

丸善 仙台アエル店 仙台アエル店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒980-6101
宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER1階
電話番号

022-264-0151

営業時間

平日…10:00~21:00/日祝…10:00~20:00

定休日

4月無休
5月無休
4/28~5/6まで祝日のため20時までの営業となります

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • ギャラリー
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

JR 仙台駅 ペデストリアンデッキ直結 徒歩2分
仙台市地下鉄 仙台駅 北8番出口 徒歩2分

店舗地図

Map data ©2019 Google, ZENRIN

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
駐車場情報はこちら>>(※アエルに準じます。)
図書カード・QUOカード・hontoギフトカードのお買い上げ、検定の受付のお支払いは
駐車サービス対象外となっております。

代引きサービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

お知らせ
当店でもPontaカード、dポイントカードがご利用いただけるようになりました。
書籍のご購入200円(税抜)ごとに1ポイントがたまります。
また、ポイントでのお支払いもできます。

しかも、お会計時にhontoカードと一緒に提示していただければ、ダブルでポイントがたまります。
ポイントご利用の際は、ポイントカードをお持ちください。

店舗紹介
JR仙台駅からアクセスしやすい、東北最大級の売り場の書店です。50万冊の在庫を持ち、洋書コーナーはもちろんのこと、医学書を中心とした専門書も充実しています。
書籍以外にも、各種イベントや展示会など、様々な企画を行うギャラリースペースも併設しており、来るたびに新しい発見がある書店です。
また、夜21時(日・祝日除く)まで営業しており、会社帰りにも気軽に立ち寄れます。

ソーシャルメディア情報
丸善 仙台アエル店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @maruzen_aer
・LINE@: 「丸善 仙台アエル店」で検索、またはこちらから
友だち追加



お知らせ・イベント

仙台アエル店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

仙台アエル店では働きたい方を募集しています 一覧を見る

書店員レビュー

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

ふたたび蟬の声 内村 光良 (著)

ふたたび蟬の声

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)
なぜわたしたちは名前がついているのか?

数々のコント番組などで活躍されている、内村光良さんの書き下ろし長編小説です。
とにかく登場人物が多い。そして、彼らは血がつながった家族である。読んでいると、ウッちゃんのコントを連想して嬉しくなります。
ある役者の男性の、名前。その名前にこめられた、親がつけた願い。その願いを普段忘れていて演技をする。不倫をしたり、仕事がうまくいったり、家族が亡くなったり、不祥事に巻き込まれたりします。しかし、彼の名前は彼の人生の指針となり、何度か道を踏み外しそうになりながらも、親が彼に込めた願いどおりの生き方を気付かないうちにしながら、彼は人生を全うしていくように見えるのです。それは、コント番組で多くの登場人物に名前をつけ、笑いに観衆をひっぱってゆく内村さんの手法であると思います。
章の名前は、そのとき登場する人物の名前がそのままつけられています。生まれてきたときつけられた私たちの名前は、別のだれかにつけられたもの。自分で自分の名前を付ける人は、改名しない限りいません。
だれかの願いや、象徴を受け止めて生きていくことは苦しいです。自分の名前を重すぎるからと言ったり、名前負けと固辞したりすることも、人によってはあると思います。でも人が映画や、お笑い番組を見るとき、名前の付いたキャラクターに勇気づけられることは星の数ほどある。そのことが常に頭にあって、内村さんはこれだけ多くの登場人物を描いたのかもしれないな、そう思いました。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。