サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂書店
  4. 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具)

店舗詳細

ジュンク堂書店 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具)

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具) 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具)

フロアマップ[637KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具) 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具)

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒400-0031
山梨県甲府市丸の内1-21-15 岡島百貨店6階
電話番号

055-231-0606

営業時間

10:00~19:00 ※8/18 18時閉店

定休日

8月無休
※8/18 18:00閉店

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • 万年筆友の会
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

JR甲府駅

店舗地図

ジュンク堂 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具) 岡島甲府店/MARUZEN 岡島甲府店(文具)

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
◆岡島直営駐車場◆
(1)本館第1駐車場(9:30~20:00)
(2)第2駐車場(24時間営業)
(3)第3駐車場(24時間営業)
(4)第7駐車場(24時間営業)
(5)紅梅口駐車場(24時間営業)
1,000円(税込)以上お買上の場合 2時間無料
10,000円(税込)以上お買上の場合 3時間無料
※オカジマカード提示で上記にプラス1時間、最大で4時間無料!
※お買い上げがなく、オカジマカード提示のみ(1時間無料サービス)は1階案内所もしくは3階カードカウンターにて受付けています。

◆岡島契約駐車場◆
(6)カワセミ201駐車場(7:00~24:00)
(7)ココリ駐車場(24時間営業)
2,000円(税込)以上お買上の場合 1時間無料
4,000円(税込)以上お買上の場合 2時間無料
※1階案内所のみの手続きです。必ず駐車券とレシートを1階案内所へお持ち下さい。
※契約駐車場は最大で2時間まで無料
※注)オカジマカード提示で1時間無料サービスはありません。

代引きサービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

店舗紹介
岡島甲府店は創業170年の歴史を誇る老舗百貨店、岡島百貨店の6階にございます。
同フロア内には丸善文具コーナーも併設しております。
医学書・看護書など多彩な専門書を始め岡島甲府店では特に実用書、コミック、児童書の品揃えに力を入れております。
また児童書コーナーでは毎月第4日曜日におはなしの会を開催しております。
絵本の読み聞かせ以外に紙芝居やむかしながらのおはなしかたりを行っております。
ぜひご家族揃ってのご来店をお待ちしています。

2019年5月1日より 10:00~19:00の営業時間に変更いたします。

ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 岡島甲府店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @okajun_koufu
・LINE@: 「ジュンク堂書店 岡島甲府店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 岡島甲府店


店舗画像2

ジュンク堂書店 岡島甲府店


お知らせ・イベント

    • ニュースはありません

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

水平線 滝口 悠生 (著)

水平線

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)
語ることによってそこにある

過去、硫黄島に生きていた人々の時間。その時間が、2020年を生きるその子孫たちに流れ込み、枝分かれしていく様子が描かれた物語です。子孫の兄妹は、不思議なメールや電話を通して、先祖が自分たちにコンタクトを取ろうとしていることに気づきます。その描写は全く突飛ではなく、コロナ渦ということもあって兄弟は自然に、むかしの人間たちと言葉を交わすようになります。
お盆が来て、日本ではご先祖を家に迎えます。ご先祖様たちはむかし、何を見て、何を思っていたのか、小さいころから不思議に思っていました。私が見ていたような雲の形を見たのか。暑さは、雨の匂いは、果たして今と同じだったのか。
滝口さんの小説では、硫黄島と2020年、双方から見た空気感や風景も丹念に描かれています。そこでは一度壊れたものも、人々が語ることによって蘇り、壊れた前の姿を読者に提示してきます。
小説の中だけでなく、現実の世界もきっとそうなのでしょう。ただ私たちは人の声を聞くよりも多くのことに夢中になってしまいます。本当はご先祖様の話した言葉も、そのへんを飛び交っているのかもしれません。気づいていないだけで、海を泳ぐ魚のように。顔を見たこともない誰かの、自分だけに向けた言葉。そのことを考えることは、海上において陸地を思うことと、どこか似ています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。