1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 作家書店 二十二代 加藤陽子書店【作家とジュンク堂書店とのコラボレーション企画】

イベント

開催日時:2015年10月17日(土) ~

作家書店 二十二代 加藤陽子書店【作家とジュンク堂書店とのコラボレーション企画】

作家書店 二十二代 加藤陽子書店【作家とジュンク堂書店とのコラボレーション企画】



店長プロフィール


加藤陽子(かとう・ようこ)
1960年、埼玉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。
1989年、東京大学大学院博士課程修了。山梨大学助教授、スタンフォード大学フーバー研究所訪問研究員などを経て現職。専攻は日本近現代史。
2010年に『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』で小林秀雄賞受賞。
著書に『模索する1930年代』『徴兵制と近代日本』『戦争の日本近現代史』『戦争の論理』『戦争を読む』『満州事変から日中戦争へ』『NHK さかのぼり日本史② 昭和 とめられなかった戦争』『昭和天皇と戦争の世紀』などがある。


加藤陽子書店の棚

選書リストに掲載されている書籍には、現在入手不可のものが含まれている場合がございます。
予めご了承くださいますようお願い致します。







オープニングイベント、店内のようす


  

  

店舗イベントのご案内


イベントは終了いたしました。



10/19更新◆「加藤陽子書店」開催記念トークイベント

「戦争を「知らない」オトナが、子どもたちに、どう戦争を伝えるか。」

開催日時:2015年10月17日(土)19:00 ~(要予約)
こちらのイベントは終了しました。

加藤 陽子 (加藤陽子書店店長・歴史家)
重松 清 (作家)

2011年、東日本大震災が起きた時、加藤陽子さんと重松清さんの脳裏には、大岡昇平の「ある言葉」が浮かんだといいます。
その言葉が何であったのかを話の皮切りとして、大人たちの<現在>と子どもたちの<未来>を<歴史>でつなぐ方途について、ご一緒に考えてみませんか。
かつての戦争から何を学び、考えてゆくか。
ふたりのお子さんを持つ重松清さんが、「歴史家の役割は、死者と生者とをつなぐ仲介者」という加藤陽子さんから、じっくりとお話を聞き出します。

重松清(しげまつ・きよし)
1963年、岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て執筆活動に入る。
ライターとして幅広いジャンルで活躍し、1991年に『ビフォア・ラン』で作家デビュー。
1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。
著書に『流星ワゴン』『疾走』『みんなのなやみ』『その日のまえに』『きみの友だち』
『青い鳥』『とんび』『希望の地図』『きみの町で』『赤ヘル1975』『この人たちについての14万字ちょっと』など多数。



他店 開催店舗一覧 11/13up

対象書籍のお取扱い点数は店舗によって異なります、詳しくは各店舗へお問い合わせください。

・MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
 開催日時:2015年12月26日~2016年2月末
店舗詳細はこちらから>>

・丸善 京都本店
 開催日時:2016年1月2日~2月末
店舗詳細はこちらから>>

・ジュンク堂書店 千日前店
 開催日時:2016年1月初旬~1月末
店舗詳細はこちらから>>

・ジュンク堂書店 広島駅前店
 開催日時:2016年開催予定
店舗詳細はこちらから>>

2015/09/10 掲載