サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善 名古屋本店
  5. 【アーカイヴ】 第9回丸善ゼミナール 『森卓也のコラム・クロニクル1979-2009』

トークイベント 開催終了 丸善  名古屋本店

開催日時:2016年06月18日(土) 18:00~19:00

【アーカイヴ】 第9回丸善ゼミナール 『森卓也のコラム・クロニクル1979-2009』

2016年6月18日(土) 18時~ 6Fイベントスペースにて 定員20名  参加無料
(終了しました)

量が質に転化し、壮観。
― 川本三郎氏(「キネマ旬報」)
権威も時流も恐れない
― 清水良典氏(「朝日新聞」

昭和の終電車から平成の始発をまたいだ30年間の時代を切り取り、
映画やテレビをはじめ芸術文化と伴走された森さんの肉声を、
ご地元でもある愛知・名古屋のお客様とともに伺える貴重な機会です!

本書に出てくる映画館のいくつかは廃業し、監督、俳優、落語家をはじめ故人も少なくありません。
しかし、作品や芸は今も連綿と引き継がれています。

なんといっても、取り上げられた作品の膨大な数に圧倒されます。
森さんの批評から伝わる当時の興奮や、作家への先見性のある見識など、驚きとともに楽しめます。
このクロニクルは、芸能の棚に限らず、名古屋の郷土本にも置くべき一冊であり、長く拡販していきたい本です。

本書を編むに当たり、膨大な資料と格闘した編集者の和田尚久さんを聴き手にお招きして、
本書の成り立ちと森さんが辿ってこられた足跡と、これからの歩みをお聞き逃しなく!

2016/06/04 掲載