1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善ジュンク堂のPR誌 書標(ほんのしるべ) 2017年2月号

コラム

丸善ジュンク堂のPR誌 書標(ほんのしるべ) 2017年2月号

丸善ジュンク堂のPR誌 書標(ほんのしるべ) 2017年2月号


今月の特集は
『セキュリティと自由 私たちは何に脅えているのか』
『おいしい活字』

丸善ジュンク堂のPR誌 書標(ほんのしるべ)。今月の特集ページで紹介された書籍を一部ご紹介致します。
気になった書籍はネットストアでご注文も可能です。
(※品切れ・絶版の書籍が掲載されている場合もございます。)

すべての内容を、WEB上でお読み頂けます。





今月の特集(一部抜粋)


 私たちが生きていくために、「食べる」という行為は必要不可欠である。エネルギーを得るため、健康を維持するため、私たちは日々「食べる」という行為を繰り返している。
 しかし、人は生きるという目的以外に「おいしさ」を得るためにも食事をする。おいしい食事とは「味が良い」ということはもちろんであるが、それ以外にも「見た目」、「香り」、「音」、「温度」といった五感を揺さぶる要素、また「どのような場所で食べるか」「誰と食べるか」といった雰囲気や感情の与える影響など、様々なものが絡み合って形成されている。
 こうした「おいしさ」への欲求は強く、テレビや雑誌では多くのグルメの情報が発信され、最近ではグルメを主題に置いた小説や漫画などが多く出版されている。またそれらのメディア化も後を絶たない。
 そんな人々の興味が尽きない「おいしいもの」を、より書店らしく紹介するために今回開催するのが「おいしい活字」フェアである。グルメ情報雑誌にはおいしい料理がもっともおいしく見えるように撮影された写真が掲載されている。またグルメ漫画や絵本などにも香りや食感までもが伝わってきそうな絵が描かれている。しかし、今回はそういった視覚的な情報を一切含まない、文章のみで「おいしさ」を伝える本を用意した。与えられるのは「ことば」の情報だけ。味も、香りも、温度も、大きさも、全てが自分の想像で理想的な状態を思い描いてください。
 また今回紹介する本は、スタッフが一人一冊、自分にとっての「おいしい」が書かれたものを選んでいる。「おいしい」のかたちは人それぞれ。他の人がどのような時に、どのようなものに「おいしい」を感じるのか。共有・共感してみるのも楽しいのではないだろうか。
 寒い季節、暖かい部屋で「おいしい」体験をどうぞ。




大きな森の小さな家(福音館文庫 インガルス一家の物語)


ローラ・インガルス・ワイルダー(作),恩地 三保子(訳),
ガース・ウィリアムズ(画)
福音館書店
648円(税込)





【内容紹介】

ウィスコンシン州の「大きな森」の丸太小屋に、ローラと、とうさん、かあさん、姉のメアリイ、妹のキャリーが住んでいます。物語は冬がくる前の食料作りから始まり、1年間の森での生活がローラの目を通して描かれます。





BAR追分(ハルキ文庫)


伊吹 有喜(著)
角川春樹事務所
562円(税込)






【内容紹介】

路地の奥にたたずむBAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーや定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテルや魅惑的なおつまみを。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所「BAR追分」、いよいよオープン。





ヴァン・ショーをあなたに(創元推理文庫)


近藤 史恵(著)
東京創元社
756円(税込)






【内容紹介】

下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。フランスの田舎で修業した変人シェフの三舟さんは、実は客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。田上家のスキレットはなぜすぐ錆びる?ブイヤベース・ファンの女性客の正体は?ミリアムおばあちゃんが夢のように美味しいヴァン・ショーを作らなくなったわけは?シェフの修業時代も知ることができる魅惑の一冊。





ステーキを下町で(文春文庫)


平松 洋子(著),谷口 ジロー(著)
文藝春秋
626円(税込)






【内容紹介】

豚丼のルーツ探しに帯広へ飛び、震災から復活した三陸鉄道うに弁当に泣き、東京下町では特大ステーキに挑戦、そして沖縄そばに舌鼓を打つ。『サンドウィッチは銀座で』に続く食探訪記第二弾は、その土地が生んだ「かけがえのない味」を求め、北から南まで食べ歩き。デザートに谷口ジローの絶品漫画もどうぞ。





侠飯 1(文春文庫)


福澤 徹三(著)
文藝春秋
637円(税込)






【内容紹介】

就職活動に悩む大学生・若水良太は、ヤクザどうしの銃撃戦に巻きこまれ、組長の柳刃竜一が部屋に居座ってしまう。居候の柳刃はお取寄せが趣味でキッチンを占領しては料理を作り、恐怖と美味に混乱する良太。そこに同級生たちも加わって事態は予想外の方向へ!まったく新しい任侠×グルメの異色料理小説。文庫書き下ろし作品。


2017/02/03 掲載