サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. ジュンク堂書店 池袋本店
  5. 【7F理工】サカサのさかさはサカサ~コウモリの不思議をひも解く企画展~

フェア ジュンク堂書店  池袋本店

開催日時:2018年01月28日(日) 10:00~2018年02月28日(水) 16:00

【7F理工】サカサのさかさはサカサ~コウモリの不思議をひも解く企画展~

カウンター前
※最終日は16時まで

皆さん知ってましたか?東京都で確認されているコウモリは14種もいるんですよ!
コウモリは人知れず僕たち人間のそばにいるんです。
コウモリには不思議な魅力がいっぱい!どうして逆さまに止まるのか?どうやって真っ暗闇を飛んでいるのか?体の大きさに比して破格に長寿なのはなぜなのか?そもそもコウモリの祖先って何?
ちなみに、、、
最近の学説では、コウモリとウマは親戚だとされています!!驚きですよね!
コウモリの謎を紐解けば今までのコウモリに対するイメージがまるで逆さまになることうけあい!
コウモリを追求すれば、おのずと生物学の枠を飛び出し、物理学(超音波や航空力学)や工学、医学、免疫学、ウイルス学、世界経済、農業、エネルギー問題などなどあらゆる分野に広がります。
今回の企画展でコウモリの魅力を少しでも皆さんに紹介できたらと思っています。

【展示内容】
★東京に生息するコウモリの紹介 コウモリ写真家 大沢夕志プレゼンツ写真パネル展示。
                      (共催 あなたの街のコウモリの森 in TOKYO)
★コウモリの驚くべき能力の数々 ~中島宏章著 ボクが逆さに生きる理由より抜~
                      コウモリはなぜ飛べる?高度な飛翔メカニズムの謎。なぜ長寿? 進化 などなど
★デザイナー岡田 善敬さんによるコウモリのデザイン作品の紹介。
                      ・チラシ、フライヤー、コウモリアイテムなど
★コウモリに関する書籍フェア。

〈中島 宏章〉
1976年札幌市生まれ。子どもの頃からとにかく動物が好き。野生動物の調査業を9年経験し、北海道の自然の現状を広く知る。2007年、憧れだった動物写真家の道を目指す。2010年、コウモリを主人公にした20枚の組写真作品「BAT TRIP」で第3回田渕行男賞を受賞。2012年、第37回木村伊兵衛写真賞のファイナリスト。
著書に、「BAT TRIP~ぼくはコウモリ」(北海道新聞社、2011年)、「ボクが逆さに生きる理由 誤解だらけのコウモリ」(ナツメ社、2017年)など。

〈大沢夕志  大沢啓子〉
1988年に南大東島でオオコウモリに出会って以来、世界を巡ってコウモリを観察・撮影している。講演会や観察会、企画展示などコウモリの魅力を広く伝える活動をしている。コウモリの会評議員。日本自然科学写真協会理事(夕志)、
主な著書に『コウモリの謎』『身近で観察するコウモリの世界』(誠文堂新光社)、『オオコウモリの飛ぶ島』『ふたりのロタ島動物紀』(山と渓谷社)、『南大東島自然ガイドブック』(ボーダーインク)、『コウモリ観察ブック』(共著、人類文化社)。

2018/01/10 掲載