サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善 名古屋本店
  5. 【アーカイヴ】 第139回 丸善ゼミナール 「出張!名古屋シネマテーク通信 vol.22」

トークイベント 開催終了 丸善  名古屋本店

開催日時:2018年03月15日(木) 19:00~20:00

【アーカイヴ】 第139回 丸善ゼミナール 「出張!名古屋シネマテーク通信 vol.22」

2018年3月15日(日)19時より 1F特設会場にて

(終了しました)

多種多様な文化が行き交う場所から生まれる映画は、多様な価値観が混在することが多く、そしてまた、それを観るわたしたちとは寄って立つ場所があまりに違うために、時に目眩がするほどの世界の広がりを感じることがあります。
3月末から開催する「イスラーム映画祭」は、まさに異文化との接点を持つ絶好のチャンスです。
今月は「イスラーム文化祭」をひとりで企画・運営する藤本高之さんをお迎えして、いかにしてこの映画祭が生まれ、わたしたちと出会えるようになったかをタップリとお話ししていただこうと思います。
 それに加えて、4月にかけて上映する、俊英の作品『わたしたちの家』と『かぞくへ』など、新進監督の作品もご紹介したいと思います。
      名古屋シネマテーク 永吉直之

スペシャルゲスト 藤本高之さん

沢木耕太郎の「深夜特急」に憧れ、20 代のころにバックパッカーとして計1 年3 ヵ月ほど旅し、なかでも、アジアや中東のイスラーム圏の文化に強い印象を受ける。
9.11NY同時多発テロ以降、報道されるイスラーム文化圏のイメージとのギャップに違和感を感じ、映画祭開催を決意する。

2018/02/28 掲載