サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

フェア MARUZEN&ジュンク堂書店  梅田店

開催日時:2018年04月01日(日)~2018年04月30日(月)

I have a Dream ~キング暗殺から50年~

”I Have a Dream”
1963年8月28日。20万人を超える大規模な「ワシントン大行進」の集会でキングが行った20世紀アメリカを代表する演説。
その5年後、1968年4月4日にキングは銃弾に倒れました。

あれから50年。
非暴力主義で勝ち取った公民権法により建国以来アメリカで続いてきた法の上で人種差別は終わりを告げました。
しかし人種差別は終わることなく、アメリカで、そして世界中で今も問題になり続けています。
キング暗殺から50年の節目に改めてキングが目指したもの、そして黒人の歴史、人種問題を考えてみたいと思います。
最後に、暗殺前日に行われた演説より。

"私自身、自分の身の上に何が起きるかは分からない。
これから相当困難な日々が私たちを待ち受けている。でも私はそんなことはもう気にならない。
私は山の頂に登ってきたからだ。だからもう気にならない。
たしかに私も人並みに長生きをしたい。長生きにはそれなりの意味がある。
でも今の私には重要なことではない。今はただただ神の意志を体現したいだけの気持で一杯だ。
髪は私を山の頂まで登らせてくれた。頂から約束の地が見えた。
私自身は皆さんと一緒には約束の地に行けないかもしれない。でも知ってほしい。
私たちは一つの民として約束の地に行くのだということを。
だから私は今うれしい。私はどんなことにも心が騒がない。
どんな人も怖くない。主が栄光の姿で私の前に現れるのをこの目で見ているのだから。"

-『私には夢がある M・L・キング説教・講演集』(新教出版社)より

2018/04/01 掲載